カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 電磁パルス(EMP)攻撃の懸念がかつてないほど高まる中で、アメリカではFEMA主導による「全米ブラックアウト・シミュレーション演習」が進行中。日本では… | トップページ | 視よ、青ざめたる馬あり、之に乘る者の名を死といひ »

2017年10月28日 (土)

ブリックス諸国は仮想通貨で決済するようになる?

速報:
ブリックス諸国は仮想通貨で決済するようになる?

ブリックス諸国は仮想通貨で決済するようになる?

                        ©                    Sputnik/
経済
短縮 URL
1144382

ブリックス諸国は、ドルなどの決済手段の代わりとしてブリックス(BRICS)の仮想通貨をつくる可能性を議論している。ロシア直接投資基金( RDIF)のキリル・ドミトリエフ総裁が、記者団に明らかにした。

Google
                        ©                    East News/ Imago Stock and People
スプートニク日本

総裁は「金融委員会で議論されたもう一つのテーマは、仮想通貨だ。他の決済手段の代わりとしてBRICSの仮想通貨をつくる可能性について議論される可能性さえある。そしてこれはBRICSビジス協議会の枠内で議論されている」と述べた。

ドミトリエフ総裁は、現在BRICS諸国間の相互決済の焦点は各国の通貨に集まっていると指摘した上で、「だが仮想通貨も可能な決済メカニズムの一つとして議論され始めた。一定の決済にとっては十分に需要があるものとなり、ドルやその他の決済セグメントのよい代替手段となる可能性がある」と語った。

以上は「sputnik」より

BRICSのほうが早く仮想通貨へ移行する可能性が出てきました。米ドルや日本円は不要となります。                            以上         

« 電磁パルス(EMP)攻撃の懸念がかつてないほど高まる中で、アメリカではFEMA主導による「全米ブラックアウト・シミュレーション演習」が進行中。日本では… | トップページ | 視よ、青ざめたる馬あり、之に乘る者の名を死といひ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリックス諸国は仮想通貨で決済するようになる?:

« 電磁パルス(EMP)攻撃の懸念がかつてないほど高まる中で、アメリカではFEMA主導による「全米ブラックアウト・シミュレーション演習」が進行中。日本では… | トップページ | 視よ、青ざめたる馬あり、之に乘る者の名を死といひ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ