カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« The Camp of the Saints | トップページ | 北海道とサハリンを連結、巨大な大橋建設構想がロシアから日本に!副首相「日本も大陸に」 »

2017年10月 9日 (月)

習近平が軍幹部を総入れ替え

習近平が軍幹部を総入れ替え

李作成
参謀長に昇任した李作成

10月18日に開催される中国共産党第十九回大会を前に、陸海空軍司令官など軍幹部が総入れ替えとなる人事が発令された。

今月に入って房峰輝(統合参謀部参謀長)、呉勝利(海軍司令官)、張陽(政治工作部主任)らは規律違反などで拘束された模様だ。

さらに旧瀋陽軍区に影響力を持っていた范長龍(中央軍事委員会副主席)、馬暁天(空軍司令官)は年齢を理由にした退任が決まった。

陸軍司令官だった李作成が房峰輝の後を襲って参謀長に昇任し、范長龍の後任として中央軍事委員会副主席になると予想されている。

新たな陸海空軍の司令官は、韓衛国(陸軍司令官)、丁来杭(空軍司令官)、沈金龍(海軍司令官)といずれも習近平に近い人物が抜擢された。

失脚したり退任が決まった軍幹部は収賄や腐敗の疑いか、習近平の進める軍の改革に抵抗したため首を切られた可能性が高い。

第二期目となる習近平体制を固めるため、自らに忠誠を誓う人物を昇進させ、軍内部での権力基盤を盤石にする狙いがあると思われる。
以上は「文殊菩薩」より
軍の近代化を急いでいます。世界は重要な時期にあり、一刻も早く中国としても安定した軍備を構築する必要性があるのです。米国崩壊に向けた動きでもあります。 以上

« The Camp of the Saints | トップページ | 北海道とサハリンを連結、巨大な大橋建設構想がロシアから日本に!副首相「日本も大陸に」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 習近平が軍幹部を総入れ替え:

« The Camp of the Saints | トップページ | 北海道とサハリンを連結、巨大な大橋建設構想がロシアから日本に!副首相「日本も大陸に」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ