カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 安倍内閣がひた隠す景気後退「いざなぎ詐欺」の忖度と不正を暴く=斎藤満 (1/4) | トップページ | 衆議院解散総選挙で自民公明は大幅減?3分の2議席維持は困難、小池新党は準備不足で伸び悩み »

2017年10月12日 (木)

◆ 民進党は最後の切り札山尾しおりを捨てる (その 3/3) ◆

 民進党は最後の切り札山尾しおりを捨てる (その
3) 
━━━━━━━━━━

3
米国戦争屋の落とし穴にはめられる日本


「金正恩は道化師ではない。
そのような見方をすれば、北朝鮮とその指導者が突きつ
けている脅威を誤解することになる。
特に最近では、平壌とワシントンの緊張が定期的に高ま
りをみせているだけに、深刻な間違いを犯すことになる。


むしろ、金正恩を「北朝鮮株式会社を引き継いだ新しい
最高経営責任者(CEO)と見なすべきだろう。
そうすれば、専門家も、彼のメンタルヘルスを気に懸け
たり、独裁者として彼を議論したりするのではなく、指
導者としての資質に焦点を合わせられるようになる。


(中略)


金正恩は北朝鮮の指導者としてすでに6年にわたって生
き延び、国の方向性をめぐって明確なビジョンを示して
いる。
体制を脅かす内側からの脅威は見当たらないし、今後も
体制基盤が揺らぐことはないだろう。
体制が崩壊する兆候はなく、彼の父親、金正日の時代以
上に安定しているようだ。


(中略)


金正日とそれに先立つ金日成時代の北朝鮮のプロパガン
ダは、逆境のなかの民衆の力、国のために身を捧げる報
国精神が強調されてきた。


(中略)


対照的に金正恩は2015年のスピーチで、北朝鮮民衆は
「もう飢えてはならない」と語っている。
自己を省みない犠牲を求めるのではなく、物資的充足を
重視するのは、これまでのやり方からの明らかな変化だ
ろう。


(中略)


欧米が北朝鮮の核・ミサイル開発にばかり焦点を合わせ
ているために、その経済構想がとかく見過ごされている。


彼は国有企業が何を生産し、どのようにサプライヤーと
消費者を選ぶかについてもより多くの自己裁定権を認め、
農家も、政府による生産割り当てを満たせば、余剰生産
品を市場で販売することを許容している。


欧米の専門家たちは415日の太陽節(故・金日成主席
の誕生日)のパレードにおける軍事的ハードウエアにば
かり注目したが、2時間半にわたるパレードで、軍事パ
レードはわずか20分。
残りの約2時間は、新しい店舗地区や政府が認可した市
場(チャンマダン)の紹介、そして環境問題やキム一族
の祝賀に充てられた」(『Foreign Affairs Report
2017 NO.9


(引用終わり)


このあとデビッド・カンは、ある感動的なエピソードを
紹介している。
それは4月パレードの1週間前のことである。
北朝鮮当局は約200人の外国人ジャーナリストを朝の5
にたたき起こしてある場所に連れていく。
ジャーナリストたちは平壌の中国大使館を過ぎたあたり
で降ろされた。


ジャーナリストたちは核実験や大陸間弾道ミサイルの試
射に立ち会わされるのではないかと考えた。
しかしそこで目にしたのは新しく建築された豪華な住宅
と店舗が立ち並ぶ黎明(リョミョン)通りだった。


「金正恩は自身のビジョンが、ビジネス、経済、(そし
て少なくも平壌における)人々の生活の質をいかに重視
しているかを外国人に示したかったのだ。
朴奉珠首相は、「リョミョン通りの完成は、100発の核
弾頭よりも力がある」とこのイベントでの演説で語って
いる」。

(引用終わり)


こういう論文を掲載するのが、世界の政治指導者に影響
を与え続ける『Foreign Affairs Report』の凄さであろ
う。
北朝鮮は変わりつつある。
しかも豊富な地下資源はほぼ手つかずのままだ。


米国は、現在、太平洋戦争で日本を戦争に追い込んだ同
じ手法で、北朝鮮を戦争に追い込みつつある。
皮肉なことにその先兵に安倍晋三が使われている。


9
7日、ウラジオストクで、プーチンと会談した際にも、
安倍晋三は、6回目の核実験を実施した北朝鮮への圧力
強化に協力を要請している。
プーチンは、北朝鮮問題は「政治的手段においてのみ解
決可能だ」と対話重視の姿勢を貫いた。


米日が、石油の輸出禁止など経済制裁を打ち出すなか、
逆にプーチンは、北朝鮮に対するパイプラインの設置や
港の開発、鉄道網の整備など、北朝鮮への経済協力を提
案した。
役者が一枚も二枚も上なのだ。


プーチンは、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と
の共同記者会見でも、「朝鮮半島事態は制裁と圧力だけ
ではいけない」「感情にとらわれ北朝鮮を袋小路に追い
詰めてはならず、冷静に緊張を高める措置を避けなけれ
ばならない」と述べた。


いまや世界で北朝鮮にもっとも強硬な国は、日本という
イメージが定着しつつある。
米国にうまくはめられていっているのだが、劣化した日
本政治にはそれがわからない。


米朝の喧嘩が、次第に日朝の喧嘩にすり替えられ、米国
が日本を支援するという形にもっていかれつつある。


わたしたちはすでに北朝鮮と金正恩に対して、たっぷり
と悪のイメージで洗脳されている。


そこでデビッド・カンは、金正恩を「北朝鮮株式会社を
引き継いだ新しい最高経営責任者(CEO)と見なすべき
だ」という視点を提案する。
つまり可能な限り政治のイドラを払拭して、国家経営に
限定して見直すのである。
そうすれば、「専門家も、彼のメンタルヘルスを気に懸
けたり、独裁者として彼を議論したりするのではなく、
指導者としての資質に焦点を合わせられるようになる」。


金正恩を「北朝鮮株式会社」の「最高経営責任者
CEO)」として見ると、次の点が明らかになる。


1)金正恩は北朝鮮の指導者としてすでに6年にわたっ
て生き延び、国の方向性をめぐって明確なビジョンを示
している。


2)体制を脅かす内側からの脅威は見当たらないし、
今後も体制基盤が揺らぐことはないだろう。
体制が崩壊する兆候はなく、彼の父親、金正日の時代以
上に安定している。


3)父親の報国精神を乗り越えて、経済合理主義で国
家を経営している。


4)国民に、より多くの自己裁定権を認め、農家も、
政府による生産割り当てを満たせば、余剰生産品を市場
で販売することを許容している。


こうして見てくると、わたしたちはすでに洗脳されまく
り、大きなイドラのもとに金正恩を見ていたことに気付
かされる。


わたしたちはテレビで太陽節の軍事パレードばかり見せ
つけられ、ミサイルの解説ばかり聞かされる。
それで軍事的なデモンストレーションをやっているのだ
と洗脳されてきた。


しかし、2時間半にわたるパレードで、軍事パレードは
たったの20分だったということだ。
「残りの約2時間は、新しい店舗地区や政府が認可した
市場(チャンマダン)の紹介、そして環境問題やキム一
族の祝賀に充てられた」。


チャンマダンのパレードなど、ぜひとも見たかったもの
だが、こういう北朝鮮の景気が上向いており、民衆の生
活が向上している現実は、見せないのだ。


朴奉珠首相が「リョミョン通りの完成は、100発の核弾
頭よりも力がある」と語るほどであるから、もちろんそ
れは金正恩の思想を代弁しているのだろう。


北朝鮮問題の危機は、実は安倍晋三の危機であり、政治
の劣化した日本の危機なのだ。


北朝鮮問題は、安倍を動かしている米国を常に見ておか
ねばならない。米国の戦争屋、それを仕切る「300人委
員会」の構想を考えておかねばならない。


安倍だけ見ていると、嗤ってお終いになる。



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
           岡本かの子


みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc

ブログ「兵頭に訊こう」
URL
http://m-hyodo.com/

E-Mail
novel@muf.biglobe.ne.jp

発行人 :兵頭正俊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上は「兵頭に訊こう」より

« 安倍内閣がひた隠す景気後退「いざなぎ詐欺」の忖度と不正を暴く=斎藤満 (1/4) | トップページ | 衆議院解散総選挙で自民公明は大幅減?3分の2議席維持は困難、小池新党は準備不足で伸び悩み »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 安倍内閣がひた隠す景気後退「いざなぎ詐欺」の忖度と不正を暴く=斎藤満 (1/4) | トップページ | 衆議院解散総選挙で自民公明は大幅減?3分の2議席維持は困難、小池新党は準備不足で伸び悩み »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ