カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本、インドネシア、南米…。顕著になってきた環太平洋火山帯の火山活動の過激化 | トップページ | 神社本庁:内部分裂:安倍政権を支える右翼団体の日本会議母体:神社が胡散臭い不動産売買:内部告発 »

2017年11月14日 (火)

「2018年度政府予算が組めないほど国が金欠」安倍晋三首相は「万策が尽きて苦しむ」、これが「顔色」に表れている

「2018年度政府予算が組めないほど国が金欠」
安倍晋三首相は「万策が尽きて苦しむ」、これが
「顔色」に表れている

◆〔特別情報1〕
 「総選挙で大勝したにも関わらず、安倍晋三首相の表情が冴えないのは、
なぜか?」-答えは、「2018年度政府予算が組めないほど、国が金欠」
だからである。加計贈収賄事件だけではない。その証拠に安倍晋三首相は
10月27日、首相官邸で開かれた「人生100年時代構想会議」の会合で、
「産業界にも3000億円程度の拠出をお願いしたい。いつも申し訳ございません」
と真向かいに座っていた経団連の榊原定征会長に頭を下げた。いつもは
算を要求される立場なのに逆転。企業から集めている拠出金を増やす方法
などによる追加負担に理解を求めたのである。何とも情けない話である。
日本銀行が紙幣を乱発して財政を維持してきたけれど、ハイパーインフレを
招くので、すでに限界に達している。いこのため、安倍晋三首相は、「万策が
尽きて苦しんでいる」のが実情だ。これが「顔色」に表れている。もはや身辺
に安倍晋三首相を助ける者はいない。自業自得というものだ。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
気前よく海外に援助資金をばらまいた結果です。自業自得です。以上

« 日本、インドネシア、南米…。顕著になってきた環太平洋火山帯の火山活動の過激化 | トップページ | 神社本庁:内部分裂:安倍政権を支える右翼団体の日本会議母体:神社が胡散臭い不動産売買:内部告発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本、インドネシア、南米…。顕著になってきた環太平洋火山帯の火山活動の過激化 | トップページ | 神社本庁:内部分裂:安倍政権を支える右翼団体の日本会議母体:神社が胡散臭い不動産売買:内部告発 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ