シナリオ崩壊後の「次の一手」

この苛立ちは、リベラルを破壊し、保守の二大政党制を出現させることを目標にした、事前に仕掛けたシナリオが失敗したことを示しているように思う。

何度も書くが、シンクタンクが示唆したこうしたシナリオが実際に存在しているのかどうかは分からない。実証できないからだ。

しかしジャパン・ハンドラーによるこうしたシナリオが実際にあるのだとすれば、彼らはやはり立憲民主党に結集した抵抗勢力としてのリベラル派を破壊するために、新たな工作を仕掛けるはずだ。

おそらくそれは、枝野党首を始めとした立憲民主党幹部のスキャンダルの暴露から始まる可能性がある。そして来年には、再度選挙を仕掛け、保守二大政党制のスキームの実現に向けて動くはずだ。

だとするならば、自民の大勝と安倍政権の続投の決定で政局が安定すると考えるのは早計だ。立憲民主党も含め、新たな政治的混乱が画策されていると見たほうがよいだろう――

続きはご購読ください。初月無料です<残約9,800文字>

いったいアベノミクスはどうなったのか?(前編)

本当に大丈夫なのだろうか?

アベノミクスは設備投資循環


※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2017年10月27日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本稿で割愛した「いったいアベノミクスはどうなったのか?(前編)」や、ビットコインの最新相場予測もすぐ読めます。

<初月無料購読で今すぐ読める! 10月のバックナンバー>

※いま初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。
・軍産のシナリオは外れた?仮想通貨相場予測、アベノミクスは大丈夫か?(10/27)
・衆議院選挙とシンクタンクのトンデモ情報、ウエブボットの最新ICO(10/20)
・ラスベガス乱射事件の恐るべき裏側、ウエブボットの仮想通貨相場予想(10/13)
・クレイグ・ハミルトン・パーカーの2018年予言、ウエブボットの最新レポートと仮想通貨相場予想(10/6)

以上は「money voice」より