カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 静岡県のキノコから基準値超えの放射性セシウム!御殿場市から210ベクレル、出荷制限を継続へ | トップページ | スプートニク日本:ごく普通のスパイスにがん細胞を殺す物質 発見:これか~~~~いいね! »

2017年11月 2日 (木)

国家非常事態対策委員会2017/10/26、安倍首相の笑顔が消えた理由、「ジャパン・ハンドラーズ」皇居周辺に出没、他

国家非常事態対策委員会2017/10/26、安倍首相の笑顔が消えた理由、「ジャパン・ハンドラーズ」皇居周辺に出没、他

総選挙で小池百合子に脅し!? 八百長で安倍総理の延長
【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2017/10/26


2017年10月28日
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表が「やつらはマフィアだ」と言って極度に嫌っている「ジャパン・ハンドラーズ」が皇居周辺に出没!
◆〔特別情報4〕
 自民党政権に隠然たる影響力を発揮していたいわゆる「ジャパン・ハンドラーズ」(日本操縦者)が、何の力もないのに関係の深いマスメディアや私立大学主催の講演に招かれるなど日本国内で再活動している。戦略国際問題研究所(CSIA)顧問のヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士は2016年1月ごろ、自分のスタッフから「ジャパン・ハンドラーズ」を一旦外し、11月11日、正式にクビにしていた。天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられた「MSA」巨額資金が分配(シェア)されるという情報をキャッチしたところ、小沢一郎代表が、「ジャパン・ハンドラーズ」について「やつらはマフィアだ」と言って極度に嫌っているのを知ったからである。クビを切られたはずの面々が、何事もなかったように東京千代田区の皇居周辺の高級ホテルなどにまたぞろ出没しているのだ。http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/43d88617a02a00abb1c80c1aeb0e0d5a


引用:2017/10/02より再掲載
日本国民よ!今度こそ騙されるな!
安倍晋三と小池百合子と前原誠司と橋下徹は皆裏でつながっている!
―小池氏と維新、竹中平蔵氏が仲介 橋下氏も「密約を」


【画像1】安倍晋三首相とアミテージ、ジョゼフ・ナイ、マイケル・グリーンらCSIS幹部
(2015年7月安保法制=戦争法案成立直後の首相官邸で)

1 2017092911082726f

【画像2】小池百合子とCSIS現副理事長マイケル・グリーン
2 201709291110055ae

【画像3】前原誠司とCSISアミテージ
3 2017092911105776d

【画像4】橋下徹とCSISマイケル・グリーン
4 201709291112086e6

【画像5】CSISジョゼフ・ナイと小泉進次郎(選挙区横須賀基地)、長島昭久(選挙区横田基地)
5 0170929111254f80

【画像6】上山信一慶應大学教授
2017092911134597b.png

全文はこちら→日本国民よ!今度こそ騙されるな!安倍晋三と小池百合子と前原誠司と橋下徹は皆裏でつながっている!―小池氏と維新、竹中平蔵氏が仲介 橋下氏も「密約を」


転載元:シャンティフーラの時事ブログさんより

5eb1bc6c702d8588c1c272522a8f5bc1.jpg
画像の出典: 首相官邸 & Author:WorldEconomicForum & Author:DAJF [CC BY-SA]

安倍首相の笑顔が消えた理由それは…
立憲民主党が野党の第一党に! そして崩れたシナリオ!
そのシナリオを小池百合子代表の背後で操っていた存在とは!

竹下雅敏氏からの情報です。
 ツイートに、“選挙大勝後の党首で笑顔もなく、このような表情をした人はかつていなかった”とあるように、立憲民主党が躍進したのは民意と言えるもので、完全にあべぴょんの想定外の出来事でした。
 冒頭の記事は、大変面白い。少し長い記事ですが、引用元で全文をご覧ください。安倍首相の笑顔が消えた理由が、はっきりとわかります。冒頭の引用部分でも、あべぴょんのシナリオは、“希望の党が第一党になり、阿吽の呼吸で国会運営を進めていく”ということだったようですが、立憲民主党が野党の第一党になり、あべぴょんのシナリオは崩れてしまいました。
 あべぴょんのシナリオに沿って、リベラルを壊滅状態にし、希望の党と自民党で憲法改正に持っていくという古いシナリオを、小池百合子代表の背後で操っていたのが竹中平蔵です。
 今回の結果で、自民党内でもグツグツと不満が煮えたぎった状態になっているようで、引用元の記事では、“モリカケは安倍夫婦とそのお友達の問題…われわれが巻き込まれるのは迷惑”という与党議員の声。
 今後は、“自民党の派閥をも巻き込み、「親安倍vs.反安倍」に移っていく”という見立ては、正しいのではないでしょうか。素直に敗北して引退していればよかったのに、300人委員会を激怒させて、大丈夫なのでしょうか。
(竹下雅敏)


安倍首相、枝野氏台頭に顔面蒼白…自民党内の反安倍、立憲民主党と連携で「安倍下ろし」も
引用元) niftyニュース:ビジネスジャーナル 17/10/24

22日に投開票された衆院選では、自民党・公明党連立与党が全議席の3分の2を獲得したが、安倍晋三首相や山口那津男公明党代表の顔色はまったくさえない。「枝野幸男氏が党首を務める立憲民主党が野党第一党になって、誰よりも脅威に感じているのが、ほかならぬ安倍首相」と解説するのが、政治ジャーナリストの朝霞唯夫氏だ。しかも、これまでの「安倍一強」の時代が終わりを告げ、これからの政局や選挙民の世論は自民党の派閥をも巻き込み、「親安倍vs.反安倍」に移っていくという。

 安倍首相のシナリオは、希望の党が第一党になり、阿吽の呼吸で国会運営を進めていくというものだったが、現実主義者で反安倍の対抗軸を示した枝野代表により、そのシナリオが狂ったのが安倍首相の笑顔が消えた理由だ。自民党の派閥も清和会、大宏池会結成、旧木曜クラブの3派に収斂し、派閥活動も活発化していくという見立てだ。これからの政局は与野党問わず刺激的な政局になっていくだろう。
(以下略)


配信元) Twitter
    
Twitterで画像を見る         Twitterで画像を見る         Twitterで画像を見る    

日刊ゲンダイ
【後ろめたさか 体調不良か】

『ドス黒く むくんできた首相の悪相』

「もう何もかも行き詰まっているのだ、経済も外交も」

「こんな禁じ手の選挙で強化された安倍サマ独裁、野党壊滅という世も末に、国民は絶望し…当の安倍も最後は悶絶死するのではないか」

日刊ゲンダイ
【後ろめたさか 体調不良か】

『ドス黒く むくんできた首相の悪相』

「もう何もかも行き詰まっているのだ、経済も外交も」

「こんな禁じ手の選挙で強化された安倍サマ独裁、野党壊滅という世も末に、国民は絶望し…当の安倍も最後は悶絶死するのではないか」 pic.twitter.com/lo0GYk5W4w

ゲンダイの記事、最後は“悶絶死”にも笑えるけど、確かに“後ろめたさ”のような空気も感じた。

選挙大勝後の党首で、笑顔もなく、このような表情をした人はかつていなかった。ましてや、いつも大ハシャギする安倍だ。

枝野代表の笑顔とは対照的。 pic.twitter.com/uj7tqFbk5w

Twitterで画像を見る         Twitterで画像を見る         Twitterで画像を見る         Twitterで画像を見る    

(転載終了)

アメリカ倒産寸前!倒産後のアメリカを誰が建て直すのか?
【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2017/10/26


関連記事

« 静岡県のキノコから基準値超えの放射性セシウム!御殿場市から210ベクレル、出荷制限を継続へ | トップページ | スプートニク日本:ごく普通のスパイスにがん細胞を殺す物質 発見:これか~~~~いいね! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 静岡県のキノコから基準値超えの放射性セシウム!御殿場市から210ベクレル、出荷制限を継続へ | トップページ | スプートニク日本:ごく普通のスパイスにがん細胞を殺す物質 発見:これか~~~~いいね! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ