カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 地球の気流の崩壊がまたしても… : ヨーロッパ上空のジェット気流の速度がカテゴリー5のハリケーン以上の時速300キロにまで加速していたことが判明 | トップページ | 人工甘味料入りドリンクが「脳卒中とアルツハイマー病の発症率を3倍にする」というアメリカの調査結果からふと思う、そういう飲み物が「糖質を極端に嫌う今の日本」には数十億本以上流通して…… »

2017年11月21日 (火)

貯蓄ゼロ世帯は1361万世帯から1788万世帯へと:公的マネーに群がる奴ら

貯蓄ゼロ世帯は1361万世帯から1788万世帯へと:公的マネーに群がる奴ら

NEW!2017-11-01 17:52:58

      

 

 

画像の出典: pixabay [CC0] 1 & 2

日銀の「異次元の金融緩和」とGPIFの「大量の株式購入」は異常事態!〜確実に訪れる世界的な金融崩壊に備えるためには〜

|||\\\\\\\\\\\\\\\||||\\\????\\\\壊れる日本

 

 

 

 

 

アベノミクスの実態は、金融緩和による公的マネーに群がった海外投資家が売りを仕掛けるたびに日銀がそれを吸収して株価を維持する--のくり返しであり、それは日本市場を吸い尽くすまで海外投資家に貢ぎ続ける構図に他ならない。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

説明の前に

 

 

(概要)
10月19日付け
金融・経済崩壊の5日前にしておくべきことは。

(中略)

金融・経済が崩壊する5日前には次の主な兆候が見られるようになります。
 

1、金と銀の価格変動が激しくなる。銀は1日に5ドル、金は1日に100ドル以上の価格変動がある。
2、一般庶民(特に準備をしてこなかった人々)は金と銀の価格変動に注目するようになる。各メディアが金と銀の価格変動についてニュースに取り上げるようになる。
3、ニュース・メディアや政府筋が、バンクホリデー(銀行休日)を設けるかどうかを議論するようになる。なぜなら銀行は不良債権と預金の償還で重度のストレスを抱えるから。

(中略)

金融・経済崩壊の5日前までに準備すべきこと。
 

1、家族やサバイバルグループ?を集める。遠くに行かずに地元に留まる。
2、現金を用意する。株や投資商品は売却し現金化する。
3、口座を解約し預金を全て引き出す。バンクホリデーの前にやってしまう。
4、1ドル、5ドル、20ドルの小額紙幣を持っていること。硬貨も貴重。銀行が閉鎖されるとクレジットカードやATMは使えなくなる。
5、省略
6、食料品店が開いているなら、缶詰、乾燥食品を買っておく。
7、できれば、6ヵ月から2年分の食料=缶詰肉、缶詰野菜、缶詰豆、乾燥豆、乾燥パスタを最優先に購入しておく。

(以下略)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~X~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 長周新聞の非常に優れた記事です。神戸製鋼のデータ改ざんなどのマイナス要因が飛び交う中で、“株価だけが根拠なき熱狂を演じている”として、“いずれリーマン・ショックどころでない金融崩壊”への危惧が記されています。
 株価を支えているのは、日銀の「異次元の金融緩和」と年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の「大量の株式購入」です。日銀の金融緩和は、実体経済とかけ離れた金融バブルを肥大化させ、GPIFの株式購入は名だたる大企業の事実上の国有化という異常事態です。
 自由競争を装いながら、国家に守られた大企業は法人税を減税され、その分を消費税で補うため、消費税増税に積極的です。利潤は経営者や株主のものになり、大企業は内部留保を増やすばかりで、社員には還元されません。それどころか、有り余ったお金は、タックスヘイブン(租税回避地)に隠匿され、何に使われているのか全くわからなくなっています。
 記事では、アベノミクスの実態を、“日本の市場を吸い尽くすまで海外投資家に貢ぎ続ける構図”として、公的マネーに群がる海外ヘッジファンドと、その日本の代理人とあべぴょんの関係が描かれています。
 記事を読むと、あべぴょんとその仲間たちによって、日本が滅びるのは確実だと思えます。“ハイパーインフレや国債暴落の危機は刻一刻と迫っている”わけです。ツケはいつも国民に回されます。
 今回のツケは、“極めて甚大なもの”になると予想され、フルフォードレポートの中で、ミスターK と呼ばれる人物が、“新時代が始まる前に、世界人口が大きく減るだろうと語っている”とありましたが、経済崩壊が起こり、ハイパーインフレになると、日本でも食料備蓄などの準備をしていない人々は、相当数命を落とすのではないかと危惧されます。
 “続きはこちらから”以降をご覧になると、“金融・経済崩壊の5日前にしておくべきこと”として、いくつかの事柄が列挙されています。是非引用元で、全項目をご覧ください。
 世界的な金融崩壊はいつ来るかわかりませんが、確実に来ることだけはわかっています。準備の整いつつあるロシア、中国とは異なり、何の準備もない日本は、大変なことになるかも知れません。まさか、あべぴょんが“この国を守り抜く”などと思っている人は、居ないでしょうね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
株高の裏に潜む恐怖の反作用 「根拠なき熱狂」支える日銀
転載元)

日銀の黒田東彦総裁


 安倍政府が解散総選挙を発表した直後から株価が異常な上昇を見せている。27日には2万2000円をこえる最高値を更新し、1996年以来の高値をつけた。シャープの身売り、東芝の破綻につづいて、日産がCM通りに「やっちゃえ、日産」をやってしまい、神戸製鋼はデータ改ざんが明るみになるなどマイナス要因が飛び交うなかで、株価だけが根拠なき熱狂を演じているのである。消費増税で個人消費も落ち込み、景気回復の見通しはないにもかかわらず、なぜ株価は実態とかけ離れた動きを見せているのか疑問が広がっている。一連の株高のメインプレイヤーは「異次元の金融緩和」を続ける黒田日銀や年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)であり、原資は国民の資産である。この出口戦略なき日銀の量的緩和によって、市場に垂れ流されたマネーに投機集団が群がり、官製相場に守られて束の間のバブルに興じている。しかし、はじけ飛ぶのは時間の問題で、いずれリーマン・ショックどころでない金融崩壊をもたらすことが危惧されている。

(中略)

 今年6月、金融機関からの大量の国債や株式、J―REIT(不動産投資信託)の買い入れによって、日銀の資産総額が500兆8008億円に達して物議を醸した。GDP(国内総生産)に匹敵する規模であり、このうち国債(国の借金の肩代わり)が427兆2495億円(全体の85%)を占めている。

(中略)

 日銀の介入によって0・1%に抑えられている金利も、今後、日銀が購入する国債を減らした場合には、国債価格が暴落し、急上昇へと転じるリスクをはらんでいる。目前の株価維持のために「後は野となれ」の市場介入をやりまくった結果、進むも地獄、引くも地獄の袋小路に追い込まれている。出口戦略は立たず、バブルが弾けるまで膨大な借金を丸抱えし続ける道を猛進している。

(中略)

 実体経済とかけ離れた金融バブルを肥大化させる一方、実体経済では賃金も上がらず、消費も低迷し、企業の設備投資も進まない。目標としていた「2%の物価上昇」が実現するメドはなく、ひたすら株高を演出するためだけに公的マネーが注がれている。

 株式市場を支えるもう一つの主役は、130兆円に及ぶ国民の公的年金を預かるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)で、安倍政府のもとで3年前から年金基金の株式運用比率を大幅に引き上げて大量の株式購入を進めた。その結果、保有する国内上場株式の時価総額は34兆5900億円にもなり、三井住友、みずほ、三菱UFJの3大メガバンクをはじめ、少なくと120社の筆頭株主となった。また、トヨタの発行済み株式数の5・5%(第2位)を保有するなど、上場企業の半数に及ぶ2000社以上で上位10位に入る大株主でもある。自由競争といいながら国家資金によってこれらの大企業が支えられ、なおかつ法人税も減税され、利潤だけは経営者や株主が抱え込むという行為が横行している。GPIFや日銀が買い支えるということは、売り浴びせて利確(利益確定)していった投機集団もいることを示している。日本の金融市場がカモにされている関係にほかならない。

(中略)

 この巨大な公的マネーに群がっているのは海外ヘッジファンドで、日銀、GPIFに次いで、アメリカの投資運用会社ブラック・ロックが大量の株式を買い入れていることが指摘されている。金融緩和による円安は、海外投資家にとっては株安を意味する。ブラック・ロックは、バンク・オブ・アメリカが主要株主の世界最大の投資会社で、日本法人の会長には井澤吉幸(元三井物産代表取締役、元ゆうちょ銀行社長)が就き、日銀、年金、郵政資産に群がる外資の代理人を務めている。6月時点で26兆円(約200社で5%以上)の日本株を保有しており、マイナス金利で運用先がない国内の金融機関から資金を大量に注入させながら、日本株の買い上げを進めているといわれる。解散総選挙の直前に訪米した安倍首相が、この投資会社のCEOと朝食をともにしたことが報じられている。

 アベノミクスの実態は、金融緩和による公的マネーに群がった海外投資家が売りを仕掛けるたびに日銀がそれを吸収して株価を維持する--のくり返しであり、それは日本市場を吸い尽くすまで海外投資家に貢ぎ続ける構図に他ならない。だが官製相場である以上、「出口」に走ったとたん総崩れすることは避けられず、雪だるま式に膨らんだ官製バブル崩壊のツケを日銀が背負わされるというシナリオが待っている。

(中略)
» 続きはこちらから

 金融市場がジャブつくなかで、実体経済で進んだのが深刻な格差の拡大だ。2012年から2017年度までに、貯蓄ゼロ世帯は1361万世帯から1788万世帯へと427万世帯も増加(金融広報中央委員会)する一方、富裕層の上位40人の資産総額は、7兆6605億円から15兆9269億円へと倍加した(フォーブス誌)。市場原理や競争原理などといった資本主義経済の原則は崩れ、国民の資産や税金が一部の大企業や外資に注がれ、そのために日本社会が犠牲になり、国民が困窮するという歪(いびつ)な構造が浮き彫りになっている。

(中略)

 投機が去った後には、すさまじい株価暴落や国債暴落を引き起こすことが懸念されており、踊り場を提供したツケはきわめて甚大なものになることが避けられない。

 
 
————————————————————————
金融・経済崩壊の5日前にしておくべきことは。
引用元)
(前略)

http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2017/10/5-days-before-the-financial-collapse-having-seen-that-you-are-now-in-the-last-5-days-before-the-collapse-what-actions-should-you-take-2522422.html
(概要)
10月19日付け
金融・経済崩壊の5日前にしておくべきことは。

(中略)

金融・経済が崩壊する5日前には次の主な兆候が見られるようになります。
   
1、金と銀の価格変動が激しくなる。銀は1日に5ドル、金は1日に100ドル以上の価格変動がある。
2、一般庶民(特に準備をしてこなかった人々)は金と銀の価格変動に注目するようになる。各メディアが金と銀の価格変動についてニュースに取り上げるようになる。
3、ニュース・メディアや政府筋が、バンクホリデー(銀行休日)を設けるかどうかを議論するようになる。なぜなら銀行は不良債権と預金の償還で重度のストレスを抱えるから。
(中略)

金融・経済崩壊の5日前までに準備すべきこと。
   
1、家族やサバイバルグループ?を集める。遠くに行かずに地元に留まる。
2、現金を用意する。株や投資商品は売却し現金化する。
3、口座を解約し預金を全て引き出す。バンクホリデーの前にやってしまう。
4、1ドル、5ドル、20ドルの小額紙幣を持っていること。硬貨も貴重。銀行が閉鎖されるとクレジットカードやATMは使えなくなる。
5、省略
6、食料品店が開いているなら、缶詰、乾燥食品を買っておく。
7、できれば、6ヵ月から2年分の食料=缶詰肉、缶詰野菜、缶詰豆、乾燥豆、乾燥パスタを最優先に購入しておく。
(以下略)
以上は「新・サファイヤー」のブログより
アベノミクスは官製相場です。自由市場に政府が介入する禁じ手です。最後は誰が責任を取るつもりか?安倍はそのころはこの世にはいません。             以上

« 地球の気流の崩壊がまたしても… : ヨーロッパ上空のジェット気流の速度がカテゴリー5のハリケーン以上の時速300キロにまで加速していたことが判明 | トップページ | 人工甘味料入りドリンクが「脳卒中とアルツハイマー病の発症率を3倍にする」というアメリカの調査結果からふと思う、そういう飲み物が「糖質を極端に嫌う今の日本」には数十億本以上流通して…… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 地球の気流の崩壊がまたしても… : ヨーロッパ上空のジェット気流の速度がカテゴリー5のハリケーン以上の時速300キロにまで加速していたことが判明 | トップページ | 人工甘味料入りドリンクが「脳卒中とアルツハイマー病の発症率を3倍にする」というアメリカの調査結果からふと思う、そういう飲み物が「糖質を極端に嫌う今の日本」には数十億本以上流通して…… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ