カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカ:何百人もの女性や子供たちそしてホームレスが消えています。 | トップページ | 中国は2025年までに六隻の空母を運用予定 »

2017年11月27日 (月)

ケネディ暗殺事件機密ファイル公開にて、米国戦争勢力に乗っ取られる米政府は平気で米国民にウソをつくことがばれた:米政府同様、彼らに乗っ取られる日本政府も同じと知るべき

ケネディ暗殺事件機密ファイル公開にて、米国戦争勢力に乗っ取られる米政府は平気で米国民にウソをつくことがばれた:米政府同様、彼らに乗っ取られる日本政府も同じと知るべき

 

1.四面楚歌の米トランプ大統領は選挙公約通り、ケネディ(JFK)暗殺事件の機密ファイルの一部を公開した

 

 米トランプ政権は20171026日、JFK暗殺事件の機密ファイルの一部を公開しています(注1)。これは、トランプの選挙公約でもありました。

 

 トランプは去年の大統領選の際、自分が大統領になったら、米国民最大の関心事である9.11事件とケネディ(JFK)暗殺事件の秘密を暴露すると言っていました。そのトランプは、当時、露プーチンと交流しており、露プーチンは元NSAの対露亡命者・エド・スノーデン経由で9.11事件やJFK暗殺事件の機密情報を入手しており、選挙中、トランプが暗殺されたら、この情報を露プーチンが暴露する約束になっていたと本ブログでは観ています(注2、注3)。そのため、トランプは選挙中の暗殺を免れて、無事、米大統領になれたのです。

 

 ところで今、トランプの側近が、ロシアゲート疑惑で起訴されて、トランプは苦境に立たされています(注4)。この事実からわかるように、CIAのみならずFBIもアンチ・トランプなのです。さらにCIAFBIにとって、JFK暗殺の真相がすべて公開されることは、極めて、不都合なのです。そこで、彼らはロシアゲート疑惑追及でトランプを脅して、JFKファイルの全公開を阻止したのです。

 

 ところで、本ブログは、日本のみならず、米韓朝をも乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、トランプは米戦争屋の傀儡候補であったジェブ・ブッシュやヒラリーを破って米大統領に当選しており、今日まで、米戦争屋から常時、失脚工作を仕掛けられています。ちなみに、もし、トランプが暗殺されたり、偽装事故死などで死亡したら、自動的に、副大統領・ペンスが大統領に昇格しますが、ペンスは米戦争屋の傀儡です。

 

 このような環境に置かれたトランプは公約通り、JFK暗殺の機密ファイルを公開したのですが、米戦争屋配下のCIAFBIの妨害で、全部は公開できていません。

 

なお、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。

 

2.JFK暗殺事件機密ファイルの一部公開でも、米政府の公式見解・オズワルド単独犯説がウソであったことがばれた

 

 今回のJFK機密ファイルの一部公開により、これまで、米政府が唱えてきたオズワルド単独犯説がウソとわかりました。ほとんどの米国民も、米政府のウソを見破っており、やっぱりそうだったのかという感想でしょう。

 

 一方、CIAFBIは、オズワルドがソ連スパイと関係あるという情報を流して、攪乱しています(注5)

 

 それと同時に、トランプがロシアとつながっている情報も流して、米国民のアンチ・トランプ感情を煽っています。

 

 しかしながら、CIAFBIがいくらごまかしても、オズワルド単独説が崩れた事実は大きく、これまで、彼らが米国民にウソをついてきたことが判明しました。

 

 おそらく、CIAFBIは今後、ソ連スパイをJFK狙撃犯に仕立てようとするでしょう。

 

3.JFK狙撃の真犯人はオズワルドではないという疑惑は米国民の多くが抱いてきた

 

 筆者個人は、JFK暗殺事件に非常に関心があって、過去に、その分析を行っています(注6)。筆者の見方は、JFKはオズワルド以外の狙撃手に撃たれたと観ています。ちなみに、筆者は過去2回、ダラスのJFK暗殺現場を訪問しています。

 

 今回のトランプによるJFKファイル公開で筆者の説は間違っていなかったことが判明しています(注7)

 

 この情報公開に非常に大きなインパクトがあるのは、この一件で、米国政府は米国民を平気で欺いて、だましたり、ウソをつくことが証明されたのです。いずれにしても、米政府の公式発表はもう信用できないのです。

 

 同様に、米政府の9.11事件に関する公式発表もまったく信用できないのです。

 

 最後に一言、今の日本は米国同様に米戦争屋に乗っ取られていると本ブログでは観ていますが、米戦争屋に乗っ取られる米政府は平気で米国民にウソをつきます。同様に、米戦争屋に乗っ取られる日本政府も日本国民に平気でウソをつくと疑われます。

 

注1:ニューズウィーク“冷泉彰彦 ケネディ暗殺機密ファイル公開は、トランプにとって「両刃の剣」”20171031

 

注2:本ブログNo.1320ケネディ兄弟暗殺事件と9.11事件の闇を暴露しそうなトランプ氏は暗殺される危険を察知して、それらの証拠を露プーチンに預けているのか』2016219

 

注3:本ブログNo.1533トランプ次期米大統領はケネディのように暗殺されないはず:9.11偽旗テロをブッシュ・ジュニアのせいにし、IS(イスラム国)のでっち上げをヒラリーのせいにして寸止めする限りは・・・』20161113

 

注4:産経ニュース“トランプ陣営元選対本部長を起訴 マナフォート氏ら2人、資金洗浄20億円超”20171030

 

注5:朝日新聞“ソ連スパイ?との電話記録も JFK暗殺事件資料公開”20171028

 

注6:ベンチャー革命No.06820世紀最大の謎:ケネディ暗殺200446

 

注7:マスコミに載らない海外記事“ケネディ暗殺”20171030

以上は「新ベンチャー革命」より
ケネデイ暗殺も「9.11テロ」もどちらもCIAやFBIの関係した犯罪です。 以上

« アメリカ:何百人もの女性や子供たちそしてホームレスが消えています。 | トップページ | 中国は2025年までに六隻の空母を運用予定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ:何百人もの女性や子供たちそしてホームレスが消えています。 | トップページ | 中国は2025年までに六隻の空母を運用予定 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ