最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« この世のものとは思えない終末的な噴火を繰り返し始めた桜島。今年の噴火数は70回を超える | トップページ | ピョンヤンに存在するフリーメーソンのピラミッド型ホテル! »

2017年11月 6日 (月)

トランプのアジア歴訪はビジネス重視

トランプのアジア歴訪はビジネス重視

トランプ習近平
習近平に米国製品を売り込むトランプ

近くトランプがアジア諸国を歴訪し、日本・韓国・中国・フィリピンなどでビジネス外交を繰り広げる。

懸案となっていた朝鮮半島問題は、米朝の水面下での秘密会談が伝えられると同時に中韓の外交関係の緊張も緩和されつつある。

さらに米国民主党議員が朝鮮先制攻撃禁止法案を提案するなど、トランプ政権の軍事オプションを封じる動きが米国内から出てきた。

また、韓国のTHAAD問題も韓国がMD構想への不参加と中国を狙うものではないと宣言することで、中韓が手打ちをする準備に入った。

トランプは朝鮮問題を利用してアジア各国に武器を売り込み、韓国THAAD配備も北朝鮮への対応策として中国に黙認させたわけだ。

今回のトランプのアジア訪問の最大の目的は自国製品の売り込みで、商務長官ロスが多数の企業家を引き連れて中国入りする。

結局のところビジネスマン出身のトランプは、「アメリカ・ファースト」を旗印に米国製品をアジア各国で売り歩くことになりそうだ。
以上は「文殊菩薩」より
アメリカファーストのトランプ政権は、北朝鮮危機を作り出してそれを有効に利用することです。      以上

« この世のものとは思えない終末的な噴火を繰り返し始めた桜島。今年の噴火数は70回を超える | トップページ | ピョンヤンに存在するフリーメーソンのピラミッド型ホテル! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプのアジア歴訪はビジネス重視:

« この世のものとは思えない終末的な噴火を繰り返し始めた桜島。今年の噴火数は70回を超える | トップページ | ピョンヤンに存在するフリーメーソンのピラミッド型ホテル! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ