カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本、インドネシア、南米…。顕著になってきた環太平洋火山帯の火山活動の過激化 | トップページ | 神社本庁:内部分裂:安倍政権を支える右翼団体の日本会議母体:神社が胡散臭い不動産売買:内部告発 »

2017年11月14日 (火)

中国がトランプに2500億ドルのお土産

中国がトランプに2500億ドルのお土産

貿易赤字
米国の対中貿易赤字

歴代の中国皇帝は朝貢貿易により外国使節を遇したが、持ってきた物以上の贈り物を返すので外国使節がこぞってやって来たという。

習近平はトランプに2500億ドルもの契約を土産に持たせ、ボーイング社やアラスカの天然ガス取引などで大口契約となったようだ。

現在の米中貿易では米国の貿易赤字が1年で2500億ドル以上あり、トランプは対中貿易赤字の解消を当選前から公約として訴えていた。

この土産はトランプが中国に対する貿易制裁を発動するのを防ぐとともに、AIIBや一帯一路への参加に向けて米国世論を喚起するだろう。

中国のトランプへの土産は米国内におけるロシアゲート追求の動きを鈍化させ、トランプの権力を強化することにつながるとの予測もある。

トランプは中国の後に訪れるベトナムでプーチンとの会談も予定しており、北朝鮮問題解決の道筋がつけば手土産はさらに豊富になる。
以上は「文殊菩薩」より
中国は流行り大国です。やることが大きい国です。日本の10倍の人口ですから当然と言えば当然ですが、存在感がますます大きくなりそうです。              以上  
 

« 日本、インドネシア、南米…。顕著になってきた環太平洋火山帯の火山活動の過激化 | トップページ | 神社本庁:内部分裂:安倍政権を支える右翼団体の日本会議母体:神社が胡散臭い不動産売買:内部告発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国がトランプに2500億ドルのお土産:

« 日本、インドネシア、南米…。顕著になってきた環太平洋火山帯の火山活動の過激化 | トップページ | 神社本庁:内部分裂:安倍政権を支える右翼団体の日本会議母体:神社が胡散臭い不動産売買:内部告発 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ