カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 放射能~チェルノブイリから30年。同じことがこれから日本で起きる~ | トップページ | 大連民族大学で倭人の研究 »

2017年11月28日 (火)

森友問題で万事休すとなった安倍首相:傷の浅いうちに総理辞任を決断しないと、2007年の悪夢の辞任劇が再来する

森友問題で万事休すとなった安倍首相:傷の浅いうちに総理辞任を決断しないと、2007年の悪夢の辞任劇が再来する

 

1.森友問題で、安倍氏の国会証言が虚偽であったことがばれる:最低でも、総理辞任しか残されたミチはない!

 

 本ブログでは今、モリカケ地獄に嵌った安倍氏の挙動を取り上げています。

 

 このところ、森友問題が再び、注目を浴びています(注1)。森友への国有地払い下げは不当であることが検証された以上、安倍氏に残されるミチは、辞任しかありません。本人は、自分のみならず、夫人の関与が証明されれば、総理のみならず、議員も辞めると国会で啖呵を切っていたわけですから、少なくとも、総理を辞任すべきです。

 

 安倍氏はすでに、辞任の方向で準備を進めているのでしょうか。

 

 もし、このまま、安倍氏の責任も問われず、夫人の責任も問われないとすれば、日本はもうまともな国家とは言えなくなります。

 

2.安倍氏が何が何でも総理を辞任しないためには、森友への国有地払い下げが正当であることを証明する必要がある

 

 森友に関して、安倍氏夫人が名誉校長をやっていたのは事実ですから、安倍夫妻が森友小学校開校にまったく関与していないとは到底、言えません。

 

 しかも、森友学園経営者・籠池夫妻が、国会の証人喚問で、様々な安倍夫妻関与の証言をしているわけですから、安倍氏が森友に一切関与していないと国会で証言すれば、これはウソとなります。

 

 その意味で、安倍氏は加計抜きでも、森友案件だけで、もう万事休すなのです。

 

3.二度あることは三度ある:安倍氏は近未来、2007年の悪夢を再来させそう

 

 安倍氏は、2007年、一度目の総理をやったとき、世にも醜い辞め方をしています(注2)。そのため、安倍氏が総理辞任恐怖症に陥っている可能性は大です。

 

 だからこそ、ありとあらゆる手を使って、二回目の総理辞任の悪夢を回避しようと必死です。

 

 しかしながら、ネット住民を中心に、安倍氏の魂胆を国民はすっかりお見通しです。

 

 この状態で、優柔不断を続けると、国民の視線が怖くなってくるはずです。

 

 この状況から脱するには、まず、何はともあれ、総理を辞めるしかないのです。それが、安倍氏に課せられた運命なのです。

 

 安倍氏はすでに、総理辞任に向けて準備に入っているのではないでしょうか。

 

注1:ビジネスジャーナル“【森友】安倍首相と財務省、国民に虚偽説明か・・・国有地払い下げ「不当」と国が認定”20171125

 

注2:ベンチャー革命No.243ついにさじを投げた安倍首相』2007912

以上は「新ベンチャー革命」より
安倍氏は既に脳幹にまで癌が転移しているので正常な判断は出来ません。最後の最後まで総理の椅子にしがみつくでしょう。見苦しいも何もあったものではありません。以上

 

« 放射能~チェルノブイリから30年。同じことがこれから日本で起きる~ | トップページ | 大連民族大学で倭人の研究 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 放射能~チェルノブイリから30年。同じことがこれから日本で起きる~ | トップページ | 大連民族大学で倭人の研究 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ