カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 森友問題で万事休すとなった安倍首相:傷の浅いうちに総理辞任を決断しないと、2007年の悪夢の辞任劇が再来する | トップページ | ロシア・ゲートは誰の名案だったのか? »

2017年11月29日 (水)

大連民族大学で倭人の研究

大連民族大学で倭人の研究

大連民族大学
古代倭人の研究拠点となる大連民族大学

本日は遼東半島での倭人の痕跡を探す研究のため、大連民族大学の専門家と打ち合わせを行った。

大連民族大学は少数民族の研究と教育に特化した大学で、我々が古代倭人との関係を推測している卑沙城遺跡のすぐ近くにある大学だ。

そこの専門家によれば、卑沙城は高句麗によって建設されたが唐の李世民の高句麗征伐で滅ぼされたという。

その高句麗征伐から続く流れで、唐は白村江で百済と倭の連合軍と戦っており、当時の倭人との関係も当然に考えられるとのこと。

しかし、我々は倭人と遼東半島はもっと強い繋がりがあったと推測しており、その証拠を探す現地調査を共同で行うことになった。

さっそく来月から、大連の現地に飛んで卑沙山遺跡を中心とした古代倭人の痕跡を求める調査を本格的に始める予定だ。
以上は「文殊菩薩」より
隣国とは基本的に友好関係でなければ、うまく行きません。安倍政権の隣国との敵対関係は長続きしません。以上

« 森友問題で万事休すとなった安倍首相:傷の浅いうちに総理辞任を決断しないと、2007年の悪夢の辞任劇が再来する | トップページ | ロシア・ゲートは誰の名案だったのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大連民族大学で倭人の研究:

« 森友問題で万事休すとなった安倍首相:傷の浅いうちに総理辞任を決断しないと、2007年の悪夢の辞任劇が再来する | トップページ | ロシア・ゲートは誰の名案だったのか? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ