カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球 | トップページ | 【森友問題】国有地のゴミ費用、会計検査院が「過大だった」と指摘!政府の6億円は半分程度に! »

2017年11月 6日 (月)

この世のものとは思えない終末的な噴火を繰り返し始めた桜島。今年の噴火数は70回を超える

この世のものとは思えない終末的な噴火を繰り返し始めた桜島。今年の噴火数は70回を超える         

               

                2017/10/04             

                                           

9月29日の桜島の噴火の様子

asahi.com

今年の8月中旬以来、活溌な火山活動が続いている鹿児島県の桜島の活動が激しくなっています。

最近では 10月1日に非常に激しい噴火を起こしています。上の写真は 9月26日の噴火の時のもので、この時のものは、いわゆる「火山雷」を伴う、見た感じとしても非常にすさまじい噴火でした。

やや終末的な様相を呈してきたその噴火の様子をご紹介します。

10月1日の桜島の噴火

asahi.com

9月26日の噴火の際の火山雷

asahi.com

最近の 10月1日の噴火は1日で二度の噴火となり、それぞれ今年2なってから 72回目、73回目の噴火となりました。これで 2017年に入ってからの噴火数が 70回を超えました。

気象庁や火山噴火予知連絡会は、今後も噴火が継続することを示唆しており、今年の噴火数が今後も継続、あるいは増加していくような場合、桜島の活動が記録的なものとなっていく可能性があります。

監視カメラでの10月1日の噴火

国土交通省

10月1日午前の桜島

weathernews.jp

環太平洋火山帯での大きな火山活動や地震の発生が極めて増加している中、桜島を含めて日本の火山の動向も気になるところとなってきました。

-             気になるニュース, 火山噴火と地震活動            , , , , , ,

以上は「地球の記録」より

火山活動は桜島だけのことでは有りません。今や日本の火山が皆活動的な状況になって来ました。もっともこれは世界的な傾向です。             以上

« 今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球 | トップページ | 【森友問題】国有地のゴミ費用、会計検査院が「過大だった」と指摘!政府の6億円は半分程度に! »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年最大規模の太陽からの磁気嵐の直撃の渦中にある地球 | トップページ | 【森友問題】国有地のゴミ費用、会計検査院が「過大だった」と指摘!政府の6億円は半分程度に! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ