アシュケナージ・ユダヤ人は遺伝的に精神病(統合失調症、パラノイア、サイコパス)になりやすいことが分かったそうです。数十年前から同じアシュケナージ・ユダヤ人の医師がそのことを指摘していたようですが。。。記述されています。しかも彼等の特異な遺伝子はウイルスなどの感染病で変形したことで精神病になりやすくなってしまったんだとか。。。
この研究結果が事実なら、世界を支配しているエリートの殆どがアシュケナージ・ユダヤ人ですから、彼等が悪魔を崇拝し、これほどまでの残虐なことができる理由が分かります。
アシュケナージ・ユダヤ人が世界を支配し続ける限り、残虐な暗黒時代が続きます。
それと、彼等の遺伝子は、どこか朝鮮系と似ていませんか。だから彼等は馬が合うのでしょうね。アシュケナージは日本では目立ちすぎますから、表立って日本を支配することはできません。ですから同類の在日朝鮮系を使って日本を背後から支配することにしたのでしょうね。

http://tapnewswire.com/2017/10/ndst3-gene-scientific-proof-that-ashkenazis-are-prone-to-violence-paranoia/
(概要)
10月8日付け

アシュケナージの遺伝子の解明

Haaretz Newsによると:
エルサレムのヘブライ大学生命科学学部、副学部長のAriel Darvasi教授とニューヨークのファインスタイン医学研究所のトッド・レンツ博士による(210万ドルの研究費を使った)3年間の研究の成果( Nature Communications 誌に研究論文を掲載)により、アシュケナージ・ユダヤ人の遺伝子の特徴は暴力行為やパラノイア(偏執症、パラノイア、妄想症、偏執病)を引き起こしやすいことが判明しました。これが事実ならイスラエルによる暴力行為の多くが権力者のアシュケナージ・ユダヤ人の遺伝子に起因していることになります。

Click for Source Article on Scientific Proof of Gene Characteristic

イスラエルのエリート層(アシュケナージ=ハザール=シオニスト=偽ユダヤ人)はナチス型のファシズムを徹底的に叩き込まれていますが、彼等はそれをむしろ喜んで学んでいます。特に彼等はパレスチナ人に対してファシズムを実行し、彼等を人種隔離監獄に投獄しています。

イスラエルでは、民主国家であることを世界に印象付けるために、見せかけの選挙を行っています。イスラエルの国会や政党(もちろんネタニヤフが党首のリクード党も含む)を支配しているのはアシュケナージ=ハザール=シオニスト=偽ユダヤ人なのです。
アシュケナージ=ハザール=シオニスト=偽ユダヤ人はイスラエルの人口の95%を占めています。しかし彼等は誰も元々のユダヤ人の遺伝子を引き継いでいません。
アシュケナージ・ユダヤ人は、NDST3という遺伝子が他の人種に比べて3倍も多く持っています。
この遺伝子は統合失調症、躁うつ病、陰鬱で悲観的に感じさせる精神病、幻聴、幻覚などを引き起こしやすいのです。

アシュケナージ・ユダヤ人は激情的であり他人から攻撃を受けているという妄想傾向があります。

スイスの Kaiseraugstで発見された1214年に作られた9本枝の大燭台が描いてある指輪によって、スイスが建国される前からアシュケナージ・ユダヤ人がそこに住んでいたことが分かりました。1214年の文献に彼等に関する記録が残されています。

1291年に3つの地域を統合しスイス連邦が建国されました。

Click for Source Article on History of Jews in Switzerland

1294年、ベルンで、アシュケナージ・ユダヤ人がキリスト教徒の少年を生贄にしたとして多くのアシュケナージ・ユダヤ人が処刑されました。生き残ったアシュケナージ・ユダヤ人はベルンから追放されました。

1,300年代、旧スイス連邦は、独立した複数の州が緩やかに統合した新スイス連邦に変わりました。

中略

1620年代、アシュケナージ・ユダヤ人がスイスの各町から消えました。

1776年、スイスのアールガウ州の2つの村(LengnauとEndingen)がアシュケナージ・ユダヤ人の居住地として与えられました。
アシュケナージ・ユダヤ人はこれらの村でしか暮らすことができませんでした。Endingenにはユダヤ教の礼拝堂が設けられましたが、キリスト教の教会は設けられませんでした。
そのためこれらの村で暮らしていたキリスト教徒は隣村の教会に礼拝に行きました。これらの村のアシュケナージ・ユダヤ人は商売や金貸しを行って生計を立てていました。Surb Valley に住むアシュケナージ・ユダヤ人はかつては西イディッシュ語(方言)を話していました。今でもこの地域に住むアシュケナージの高齢者たちがその方言で話しています。

1798年、スイス連邦はフランス革命で侵略され、短命のヘルベティ共和国に変わりました。

1897年のスイスのアシュケナージ人口はヨーロッパで10番目に多く、チューリッヒにはスイスのアシュケナージ・ユダヤ人の3分の1が暮し、市内には38もの礼拝堂が設けられました。
また1897年に世界シオニスト会議がスイス、バーゼルで初めて開催されました。以降、バーゼルでは10回の世界シオニスト会議が開催されました。バーゼルには多くのアシュケナージ・ユダヤ人が暮しています。

1798年、ナポレオン配下のフランスがスイスを侵略し、スイス連邦をヘルベティ共和国に変え、アーラウに連邦議会を設け、アシュケナージ・ユダヤ人にさらなる自由を与えようとしましたが失敗しました。

1802年~1803年、スイス国民はアシュケナージ・ユダヤ人に反抗し、プラム戦争を勃発させ、彼等の村を略奪しました。
ナポレオンは平和解決を求めましたが、1803年にAct of Mediationが制定し、アシュケナージの権利を制限しました。

1850年代にEndingen村には約1000人のアシュケナージ・ユダヤ人が暮していましたが、彼等はそこで独自の学校を運営しながら自己管理を行いうまくやって行きました。。

1862年、チューリッヒにアシュケナージ・ユダヤ人コミュニティができました。1884年にユダヤ教礼拝堂が設けられました。

1874年~1876年、1874年に憲法改正が行われ、アシュケナージ・ユダヤ人が自由に定住できるようになり、宗教や移動の自由そして市民権も与えられました。

1898年、アーノルドA 八ツシュネッカー(医師)がユダヤ人一家に生まれました。彼はヒットラーが書いた「我が闘争」を読み、公然とヒットラーを豚と呼びました。
彼の患者の中にはSSメンバーがおり、彼等は八ツシュネッカー医師にスイスは危険だからアメリカに逃げるよう忠告しました。
1936年に彼はアメリカに移住し1950年代に心理療法の内科医として働きました。
1951年、ベストセラーとなった「The Will to Live」を出版。この本を愛読したリチャード・ニクソンは1952年から彼に頻繁に会い、アドバイスをもらいました。彼等は1993年にパット・ニクソンが亡くなるまで友人関係を保ちました。
1970年、八ツシュネッカー医師は、7歳から8歳の子供たちに暴力的特性がないかどうかの検査をすべきであると提案する報告書を書きました。しかし彼はこの報告書が公表された後にメディアによって彼の意図がゆがめられたと訴えました。

Click for Source Article on Arnold Hutschnecker

1911年に、アシュケナージ・ユダヤ人の治療にあたっていたスイスの精神科医(Eugen Bleuler) が統合失調症(精神分裂病)という病気を発見しました。

統合失調症についての詳細は省略

統合失調症には2つのタイプがあります。
陽性の統合失調症(急性の妄想、幻覚。薬がよく効く。)と陰性の統合失調症(引きこもる。精神的身体的反応が退化。サイコパスなど)があります。

1920年、スイスのアシュケナージ人口は12000人まで増加し、それ以降は名前の変更、近親結婚、高齢化により、人口はそれ以上は増えていません。


1999年、スイスで初めてアシュケナージ大統領(Ruth Dreifuss)が誕生しました。

現在、スイスのアシュケナージ人口の3分の1の6252人がチューリッヒに住んでいます。

1972年に、ハッシュネッカー医師は統合失調症になる割合がアシュケナージ・ユダヤ人に最も多いことを発見しました。全てのユダヤ人が精神病になりやすいわけではありませんが、アシュケナージ・ユダヤ人は遺伝的に精神病になる要因を持っています。

ハッシュネッカー医師によれば:
アシュケナージ・ユダヤ人は統合失調症の種を持って生まれています。
アシュケナージ・ユダヤ人にそのような遺伝的特性があることが分かれば、世界は彼等に同情的になるでしょう。そして彼等にそのような特性があることは彼等の責任ではないということを理解するでしょう。
アメリカのアシュケナージ・ユダヤ人は非ユダヤ人が彼等を人差別していると非難しますが、イスラエルは世界最大の人種差別国です。
彼等はパラノイアの精神疾患を持っています。ですから他の人種から迫害されているとか、被害妄想が強いのです。彼等は意図的に迫害を受けるような状況を作り出しているのです。
彼等は他の人々が彼等に報復することを望み、実際に報復されると、今度は、人々を人種差別、反ユダヤとして攻撃します。彼等は他の人々から共感を得たいのです。しかし憎悪の感情を呼び起こさせるような歪んだやり方で共感を得ようとするなどの精神疾患があります。

アメリカでは、1900年代から1970年代にヨーロッパからアシュケナージ移住者の人口が増えたことで精神病患者数が増加しました。現在、アメリカは精神病大国になりました。
ウェイン州立大学の研究成果により、統合失調症はアルファ2(グロブリンタンパク質)の変形が原因であることが分かりました。ウイルスなどの感染病によってタンパク質が変形する可能性があります。
そしてアシュケナージ・ユダヤ人は非ユダヤ人と密接な接触をすることで非ユダヤ人に統合失調症になるウイルスを感染させます。特にヨーロッパ人はこのウイルスの耐性がないため感染しやすいのです。
アメリカ精神病患者が多いのは、アシュケナージ・ユダヤ人がアメリカ人に統合失調症になるウイルスを感染させたからかもしれません。
アシュケナージ・ユダヤ人はこの病気の保菌者です。ですからこの病気のワクチンが開発されなければ、感染が爆発的に拡大します。



以下省略