カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ミニ氷河期が世界に到来したかのような2017年の12月に | トップページ | アメリカの大都市でもイスラム教シーア派の血みどろ儀式が行われました。 »

2017年12月13日 (水)

東芝も潰された? 日本の「原子力事業」を世界が快く思わないワケ(3/3)

東芝も潰された? 日本の「原子力事業」を世界が快く思わないワケ

  

関連記事/PR記事

また軍事偵察衛星の分野でも日本は世界最高水準にあります。

軍事偵察衛星は、世界中で10数か国しか打ち上げていませんが、日本はその中に入っているのです。日本の軍事偵察衛星は、表向きは「情報収集衛星」とされていますが、事実上、軍事衛星の機能を果たしているとされています。

そして、日本の「情報収集衛星」アメリカに次ぐ情報収集能力を持っているとされているのです。

このような日本の軍事力が、世界の国々(特に中国や韓国、北朝鮮)にとって脅威でないはずはありません。

第二次世界大戦前までの日本は、強力な軍事国家だったのです。

一時は、たった一国で東南アジアから欧米の軍を駆逐するほどの戦争強国でもあったのです。

日本がまた軍事国家となったなら恐るべき核兵器大国になる

世界中はそう見ています。日本人の多くは日本が軍事国家になるはずなどないと信じていますが、世界の人々の見方はそれとはまったく違うのです。

筆者はこれがいいことか悪いことかを論じているわけではありません。「世界は日本をこういうふうに見ている、それを知らなければ、日本は世界情勢を見誤る」ということを述べたいだけです。

image by: Alexander Tolstykh / Shutterstock.com

『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』

著者/大村大次郎記事一覧メルマガ

元国税調査官で著書60冊以上の大村大次郎が、ギリギリまで節税する方法を伝授する有料メルマガ。自営業、経営者にオススメ。

印刷する
      

       

  • « ミニ氷河期が世界に到来したかのような2017年の12月に | トップページ | アメリカの大都市でもイスラム教シーア派の血みどろ儀式が行われました。 »

    経済・政治・国際」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    « ミニ氷河期が世界に到来したかのような2017年の12月に | トップページ | アメリカの大都市でもイスラム教シーア派の血みどろ儀式が行われました。 »

    2020年8月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          

    -天気予報コム-

    ウェブページ

    無料ブログはココログ