カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« イルミナティの陰謀と小保方晴子、STAP細胞潰し | トップページ | 東芝も潰された? 日本の「原子力事業」を世界が快く思わないワケ(1/3) »

2017年12月10日 (日)

世界中で相次ぐ火球報告。11月14日には「1日に5個の巨大火球」が目撃される

世界中で相次ぐ火球報告。11月14日には「1日に5個の巨大火球」が目撃される         

               

                2017/11/17             

                                           

2017年11月14日 イタリアで目撃された火球

Italy, 14.11.2017

この1週間は、世界中で火球の報告が大変に多い時期でしたが、11月14日には「 1日に 5個の巨大火球が報告される」という事態が起きていました。

 

アメリカ隕石協会のサイトより

amsmeteors.org

このアメリカ隕石協会のサイトでは、「 10時間の間に 5個の巨大火球」が目撃されたことが正式に報告されていますが、この後に冒頭のイタリアの大きな火球も報告されまして、この 11月14日には 5個の巨大火球が世界中で目撃されたことになります。

11月14日に巨大火球が報告された場所
Google Map

アメリカ隕石協会によれば、この日だけで 1300を超える報告があったそうです。

フランス 11月14日

StrasTV

アリゾナ州フェニックス 11月14日

Meteor Captured Over Phoenix | November 14, 2017

イタリア 11月14日

vk.com

他にも、この1週間は世界各地で巨大な火球の目撃が多い時期で、おおげさにいえば「毎日どこかで火球が報告されている」という感じでもありました。

特にアメリカとヨーロッパが多かったですが、それは観測設備が整っているということからかもしれません。

小惑星の接近などもそうですが、天体の事象は集中する時には集中する傾向がありますので、もう少しの間、空は賑やかな可能性があります。

-             気になるニュース, 隕石と小惑星            , , , ,

以上は「地球の記録」より

まだ地球に被害が生じていないのが幸運です。いずれ被害が出ることになるでしょう。以上

« イルミナティの陰謀と小保方晴子、STAP細胞潰し | トップページ | 東芝も潰された? 日本の「原子力事業」を世界が快く思わないワケ(1/3) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« イルミナティの陰謀と小保方晴子、STAP細胞潰し | トップページ | 東芝も潰された? 日本の「原子力事業」を世界が快く思わないワケ(1/3) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ