カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« サウジアラビアの長いナイフの夜事件裏話 | トップページ | ロシア、クリントン、オバマ、ロスチャイルド、イスラエルの関係 »

2017年12月20日 (水)

サウジアラビアの自滅

サウジアラビアの自滅

ーーーーーーーーーーーー

 

この記事は「サウジアラビアの暴走」(田中宇プラス)の続きです。

http://tanakanews.com/171115saudi.php

 

 サウジアラビアの権力者ムハンマド・サルマン皇太子(MbS)に呼びつけら

れて無理矢理に辞任表明させられ、11月4日からサウジに軟禁されていたレバ

ノンのサード・ハリリ首相は11月18日、フランスに救出されてパリに移動し

た。ハリリはこのまま辞任するようだ。フランスはレバノンの旧宗主国だ。ハリ

リはサウジの傀儡だったが、サウジが敵視するイラン系のヒズボラがレバノンを

席巻すると、ハリリも親ヒズボラの傾向を強めたため、MbSはハリリを呼びつ

けて辞任させ虐めていた。

 

http://www.aljazeera.com/news/2017/11/macron-invites-saad-hariri-paris-family-171115195508237.html

Macron invites Saad Hariri to Paris with family

 

 ハリリが虐められているのを見て、フランスのマクロン大統領が11月9日に

サウジを訪問し、イランに弾道ミサイル開発をやめさせてほしいというMbSの

要望を受け入れてマクロンがイランに圧力をかけることを条件に、ハリリを解放

してもらった。その後、マクロンはイランに弾道ミサイル開発をやめるよう求め

たが、ミサイル開発は世界の諸国に認められた自衛権の一部なので、イランは要

求を拒否した。イランの弾道ミサイル開発を最初に問題にしたのはトランプの米

国で、MbSはトランプの言いなりでイランの弾道ミサイルが脅威だと言ってい

る感じだ。

 

http://www.presstv.com/Detail/2017/11/18/542618/Iran-Velayati-Macron-Iranian-domestic-affairs-missile-program-negotiations-Trump

Senior Iranian official warns Macron against meddling in Iran’s internal affairs

 

 マクロンは、サウジとイランを仲裁し和解させ、国際社会の英雄になりたいの

だろう。だが、和解は無理だ。サウジの後ろには米国がいる。米国は、イスラエ

ルの謀略の代理人として、10年以上前からイランに核兵器開発の濡れ衣をかけ

て非難制裁してきた。オバマ前大統領はイランと核協定を結んで濡れ衣を解いた

が、トランプはイラン敵視を復活し、核協定の破棄や、ミサイル開発を口実にし

た制裁を模索している。イランはロシアや中国に支えられて強くなり、米国の脅

しに屈しない。自分で考えた戦略としてイランと対立しているのでなく米国に踊

らされているサウジのMbSは、マクロンが仲裁しても、米国から自立してイラ

ンと和解することはない。

 

http://www.rt.com/news/409418-macron-amend-iran-nuclear-deal/

Macron wants to amend Iran nuclear deal to avoid Tehran’s ‘hegemony’ in Middle East

 

http://tanakanews.com/171018iran.php

トランプのイラン核協定不承認の意味

 

 MbSがハリリを呼びつける前に、米国からトランプの名代として娘婿のジャ

レッド・クシュナーがサウジを訪問してMbSとイラン敵視の戦略を練った。ハ

リリへの辞任強要は米国の案だろう。他国の首相が自国に来たすきに脅して辞任

を強要し、軟禁したMbSのサウジは、明らかな国際法違反だ。ハリリはサウジ

との二重国籍で家族がサウジに住んでおり、家族もろとも軟禁されたため、ハリ

リだけ逃げ出すことができなかった。サウジは犯罪国家である。しかし、国際社

会はまだほとんどサウジを非難していない。これも米国の影響がありそうだ。

EUの独仏のうち、フランスが和解仲裁役なので、ドイツがサウジを批判し始め、

独仏で役割分担し始めた程度だ。サウジは怒って駐独大使を呼び戻した。サウジ

は今後しだいに非難されていくだろう。

 

http://www.fort-russ.com/2017/11/breaking-saudi-arabia-recalls.html

Saudi Arabia recalls ambassador from Germany following Hariri comments

 

http://www.nytimes.com/2017/11/11/world/middleeast/trump-peace-israel-palestinians.html

Trump Team Begins Drafting Middle East Peace Plan

 

▼イスラエルと和解するとサウジの権威が急落する

 

 トランプがサウジのMbSを乗せたイラン敵視の策略には、サウジとイスラエ

ルの和解構想がついている。今まではイスラエル(ユダヤ人)、サウジ(スンニ

派)、イラン(シーア派)が三つどもえで対立していたが、サウジとイスラエル

が組めばイランを倒せるとの構想だ。サウジとイスラエルの和解には、パレスチ

ナ国家を蘇生して中東和平を実現することが必須だ。最低限の中東和平を急いで

達成し、サウジとイスラエルが国交正常化して軍事同盟を組み、イスラエルやヒ

ズボラと対峙(戦争?)する案を、トランプが特使のクシュナー(ユダヤ人)に

持たせ、サウジのMbSはそれに乗った。

 

http://www.timesofisrael.com/pro-hezbollah-paper-alleges-saudis-made-plans-for-ties-with-israel/

Pro-Hezbollah paper alleges Saudis have made plans for ties with Israel

 

 イスラエルが嫌がっていた、東エルサレムのパレスチナへの割譲(国際管理化)

で譲歩する代わりに、サウジ・アラブ諸国はパレスチナ難民の帰還権を放棄し

て自国民として国籍付与する新たな和平案が、リークされ報じられた。だが、中

東和平の最大の難問はそれらでない。イスラエルが、ヨルダン川西岸のパレスチ

ナ人の土地を奪ってユダヤ人入植地を拡大し続けていることが最大の問題だ。そ

れについては何の解決策も出ていない。

 

http://www.middleeasteye.net/news/cruel-plunder-israel-moves-further-annex-palestinian-village-s-lands-824831004

'Cruel plunder': Israel moves to further annex Palestinian village's lands

 

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/israel-settlements-palestinian-land-private-public-use-attorney-general-gaza-west-bank-avichai-a8058466.html

Israeli settlements in West Bank can use private Palestinian land for ‘public use’, says Attorney General Avichai Mendelblit

 

 イスラエルの右派の諸政党は、どれも入植者集団に牛耳られている。右派の連

立政権であるネタニヤフ政権は、入植地建設の凍結を全否定し、むしろ全力で新

規入植地の建設を進めている。サウジとイスラエルの和解が語られたこの2週間

ほどの間に、イスラエル政府は和平の実現から遠ざかる政策を次々に出している。

イスラエル司法省は、西岸のパレスチナ人の土地を没収してイスラエルの公用地

とすることを合法とする新規定を発表した。イスラエルのサルサレム担当相は、

新たな住宅建設により、西岸入植地の総人口を現在の60万人から、100万人

に増やす構想を発表した。イスラエルは、入植地建設を凍結する気が全くない。

中東和平が進む可能性はゼロだ。

 

http://www.arabnews.com/node/1194971/middle-east

Watchdog fears seizure of more land in West Bank

 

http://www.jpost.com/Israel-News/Elkin-Start-preparing-for-one-million-settlers-in-the-West-Bank-514251

Elkin: Start preparing for one million settlers in the West Bank

 

 トランプは、入植地を凍結しないイスラエルに圧力をかける気が全くない。む

しろ米政府はパレスチナ自治政府に対し、イスラエルが入植地拡大をやめなくて

もイスラエルと和解しろ、さもなくば自治政府の米国代表部を閉鎖するぞと脅し

始めた。入植地拡大が止まらないと、イスラエルとパレスチナの国境線が確定で

きず、パレスチナ国家を蘇生できないので和解のしようがない。

 

http://www.rt.com/usa/410253-trump-admin-close-palestinian-office/

Trump admin threatens to shutter Palestinian office in Washington

 

 中東和平が達成されなくても、MbS皇太子のサウジは、イスラエルと和解す

るのか?。サウジ王政は従来、有力王族間の合議で政策を決めており、イスラエ

ルを敵視する王族が圧倒的多数だったので、和解はあり得なかった。だが、今は

あり得る事態になっている。MbSは、レバノンのハリリ首相を辞めさせたのと

同じ11月3日、王政内で比較的強い権力を持っていた約20人の王族たちを、

針小棒大な汚職容疑で一挙に逮捕した。それ以前の9月には、イスラエルを敵視

する強硬派の聖職者たちを逮捕降格した。これらにより、MbSの権力が大幅拡

大し、王政を独裁できるようになった。中東和平なしのイスラエルとの和解も、

誰も賛成しないレバノンへの空爆も、MbSの一存で挙行できる。

 

http://www.haaretz.com/israel-news/.premium-1.823314

Israel May Demand Iran Leave Southern Syria, but Russia Sets the Rules of the Game

 

▼MbSに米軍産とつながった有力王族を一掃させ、テロ戦争の再発を防いだトランプ

 

 MbSが有力王族を根こそぎ逮捕する独裁強化をやれた背景にも、トランプの

米国の後押しがあったと考えられる。かつて慎重に戦略を決めていたサウジ王政

は、いまや32歳の若い暴君MbSが独裁し、無鉄砲にやれるようになった。サ

ウジ王政の体制は劇的に転換した。米国とサウジのつながりは従来、複数の有力

王族がCIAや国防総省、国務省、有力議員、シンクタンクなどの軍産各部門と

勝手に結託し、各種の謀略が複雑に渦巻いていた。911テロ事件も、この構図

のもとで起きた。だが今回のMbSの独裁強化により、米サウジ間のつながりは

トランプとMbSの結託に一本化された。トランプは米国内の仇敵である軍産に

邪魔されず、好きなようにサウジを操れるようになった。これは画期的だ。

 

http://www.unz.com/emargolis/what-craziness-is-going-on-in-saudi-arabia/

What Craziness is Going on in Saudi Arabia?

 

http://sputniknews.com/analysis/201711141059085004-saudi-arabia-oil-petrodollars/

How the Developments in Saudi Arabia May Foretell Collapse of Petrodollar

 

 これによってサウジは、イランと対決して勝てるようになったのかというと、

そうでない。むしろ逆だ。トランプは、MbSを操ってイランを打ち負かそうと

しているように見せかけて、実のところ、サウジが弱体化してイランに負けてい

くように仕向けている。

 

http://www.debka.com/iran-already-13-bases-syria-tens-thousands-troops-removal-realistic/

Iran already has 13 bases in Syria and tens of thousands of troops. Is their removal realistic?

 

 軍産が米国の権力を奪取したクーデターともいえる911のテロ事件以来、米

国は「テロ戦争」の名のもとに、軍産が大統領を動かして好戦的な軍事による世

界支配体制を作ってきた。テロ戦争の「敵」の役回りを担ってきたのがサウジ王

政だった。過激なワッハーブ主義のイスラム教を信奉するサウジは、米諜報界と

組んで、スンニ派諸国の若者に殺戮思想とテロ技術と資金を注入し、アルカイダ

やISを支援してきた。トランプは、こうしたテロ戦争の構図を破壊することを

任務の一つとして大統領になった。ロシアやイランの努力により、シリアとイラ

クの両方でISが退治された。トランプは露イランを敵視しているが、米国に敵

視されるほど露イランは強くなる。

 

http://www.atimes.com/article/russia-emerging-new-player-middle-east-balance-power/

Russia emerging as new player in Middle East balance of power

 

 ISが退治されても、軍産と複雑につながっているサウジ王政のテロ支援体制

が残っている限り、再び米サウジ製のテロリストが復活する。悪の根源であるサ

ウジ王政の軍産との複雑な人脈関係のすべてを断ち切るため、トランプはMbS

をけしかけ、11月4日の前代未聞の王族の一斉検挙が行われた。この検挙は

MbSにとって、自分の権力を強化し、金持ち王族から巨額の保釈金(各人が持つ

財産の7割を保釈金として出させ、総額8000億ドル。サウジGDPの1・2倍)

を没収し、原油安で窮乏しているサウジの財政を立て直すためのものだった。

 

http://www.zerohedge.com/news/2017-11-08/real-motive-behind-saudi-purge-emerges-800-billion-confiscated-assets

Real Motive Behind Saudi Purge Emerges: $800 Billion In Confiscated Assets

 

http://investmentwatchblog.com/report-saudi-king-to-step-down-next-week-crown-demands-70-of-detainee-wealth-for-freedom/

SAUDI KING TO STEP DOWN NEXT WEEK… Crown demands 70% of detainee wealth for freedom

 

 9月にMbSがワッハーブ派の強硬思想の聖職者たちを一掃したのも、テロ戦

争の根源を破壊するトランプの策に沿っていた。トランプに乗せられているMb

Sは、サウジを穏健なイスラム教の国にすると宣言している。これらのトランプ

の策略により、テロ戦争は不可逆的に終わりつつある。(チンピラなトランプが

そんな「良いこと」をするはずないと思う人は、軍産の一部であるマスコミに騙

されている)

 

http://www.cnbc.com/2017/11/17/israel-and-saudi-arabia-forging-ties-could-mean-war-with-iran-commentary.html

Saudi Arabia and Israel forging ties could be sign of war with Iran

 

 MbSがトランプの真意を理解して協力しているかどうか不明だ。たぶん理解

していない。MbSは、自分の権威の維持しか重視していない(少なくとも表向

きはそう見える)。彼は、自分に楯突くレバノンのヒズボラを空爆して潰したい。

だが、大義なき戦争なのでアラブやイスラムの諸国はどこも賛成しない。サウジ

王政は以前から、軍部がクーデターで王政を転覆することを恐れ、軍隊を弱い

ままにしてきた(地上軍がなく、見世物的な空軍のみ)。自国の軍隊だけではイ

エメンのゲリラにも勝てない。エジプトやヨルダン、パキスタンの軍隊にカネを

出して雇うしかないが、どこもレバノンを空爆したくない。

 

http://nationalinterest.org/feature/why-saudi-arabias-regional-power-plays-wont-lead-war-23257?page=show

Why Saudi Arabia's Regional Power Plays Won't Lead to War

 

 そこでサウジがイスラエルと急いで結託し、イスラエルにヒズボラを空爆して

もらう案が出てきた(トランプ側が出した)。だが、ヒズボラはシリア内戦で戦

闘経験を積み、イランなどから武器も大量にもらっている。保有ミサイルは15万

発といわれる。ヒズボラは今や、イスラエルの北隣のレバノンだけでなく、北東

隣のシリアにも駐留し、イランやシリアの軍隊と一緒にイスラエルの北半分を

ぐるりと包囲している。もはやイスラエルもヒズボラを空爆したくない。したら

自国の本土が反撃されて壊滅しかねない。

 

http://www.independent.co.uk/voices/middle-east-saudi-arabia-us-iraq-israel-iran-jared-kushner-bin-salman-greatest-dangers-a8060886.html

The greatest dangers in the Middle East today are Jared Kushner and Mohamed bin Salman

 

http://www.haaretz.com/israel-news/.premium-1.822185

Analysis Israel Is in No Hurry to Do the Saudis' Bidding in Lebanon

 

 イスラエル軍は長く対峙してきた経験から、ヒズボラの武器庫や拠点がレバノ

ンのどこにあるか把握している。サウジから、ヒズボラを空爆してほしいと頼ま

れたイスラエルは、ヒズボラの武器庫や拠点がどこにあるか教えてやるからサウ

ジが自分で攻撃してくれと返答した。イスラエルがヒズボラを空爆してくれず、

西岸入植地の凍結もしてくれないのに、サウジがイスラエルと和解するとしたら、

MbSは大馬鹿者だ。

 

http://www.haaretz.com/israel-news/1.823163

Israeli Military Chief Gives Unprecedented Interview to Saudi Media: 'Ready to Share Intel on Iran'

 

▼米国に騙されたサウジは中国やロシアに接近し、きたるべきドル崩壊の一因をつくる

 

 11月19日にはカイロで、MbSのサウジが招集した、イランの脅威にどう

対抗するかを議題にしたアラブ連盟の緊急会議が開かれる。サウジは、レバノン

への経済制裁を提案すると予測されている。レバノンの農産物の75%がサウジ

などペルシャ湾岸のアラブ諸国に輸出されているが、これを輸入禁止にすること

が検討されている。アラブの中でもサウジからカネ(賄賂)をもらっていない諸

国は、レバノンへの制裁に反対だ。MbSが強硬姿勢をとるほど、アラブ連盟は

分裂し、機能不全に陥る。

 

http://en.trend.az/other/commentary/2821125.html

Arab League is voting for…what?

 

 サウジの国際的な威信はこれまで、ペルシャ湾岸アラブ諸国の盟主としてGCC

(湾岸協力機構)を主導することと、アラブ諸国の盟主としてアラブ連盟を主導

することで具体化されてきた。だがMbSは、トランプにけしかけられて今年

6月にGCCの一員だったカタールを経済制裁し、GCCを分裂・機能不全に陥

らせた。そして今またレバノンを制裁し、今度はアラブ連盟を分裂・機能不全に

陥らせようとしている。これらは、サウジの国際影響力を大きく低下させている。

カタールもレバノンも、イランの陣営に移ってしまった。トランプに騙されてい

るMbSは、イランをやっつけるどころか、自国を自滅させてイランの影響力が

その分増大する事態を招いている。

 

http://www.middleeasteye.net/news/former-uk-foreign-secretary-warns-saudi-threat-lebanons-stability-296833676

Former UK foreign secretary warns of Saudi 'threat' to Lebanon's stability

 

 もしMbSがイスラエルと和解してしまうと、サウジ(と米国)は、パレスチ

ナ自治政府(PA)やヨルダンも見放すことになる。PAやヨルダンは、米サウ

ジから見放された分、イランやロシアとの関係を強めるだろう。パレスチナの大

義を捨てたMbSは、サウジ国内の若者からも尊敬されなくなる。来週、サウジ

のサルマン国王が退位してMbSに王位を譲るという報道が出ている。MbSに

権力がさらに集中し、誰も彼の間違った政策を止められなくなる。サウジは弱体

化していく。イランはますます強くなる。

 

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5089229/Saudi-Arabia-king-set-hand-crown-son.html?ito=social-twitter_mailonline

Saudi Arabia king set to hand over the crown to his son

 

 歴史を見ると、サウジは、トランプ以前から米国に騙され続けている。サルマ

ン現国王が即位してMbSが国防相になった直後の15年3月には、米国(軍産)

がイエメンのフーシ派を強化するようなやり方でイエメンから撤退し、サウジは

慌ててイエメンに侵攻せざるを得ない状況に追い込まれた。オバマはイランと

核協定を結び、サウジにもイランと和解してほしかったが、これを好まない米軍

産はサウジを逆方向のイラン敵視に誘導し、サウジは16年1月にシーア派のニ

ムル師を処刑、世界中のシーア派を激怒させ、イランとの和解を不可能にした。

 

http://tanakanews.com/150331yemen.php

米国に相談せずイエメンを空爆したサウジ

 

http://tanakanews.com/160106saudi.php

イランとサウジの接近を妨害したシーア派処刑

 

 シリア内戦でイラン側の勝利、サウジ側(ISアルカイダ)の敗北が不可避に

なった16年末、サウジはイランとの和解を再び模索し、GCCの中で親イラン

なカタールが仲介に動いた。アラブ連盟は、除名したシリアのアサド大統領の再

招致を検討した。だが米国が反対し、アサド再招致は棚上げされた。ここでアラ

ブ諸国がアサドと和解していたら、アサドはイランとアラブをバランスでき、内

戦が終わるとともにアサドがイラン系の軍勢を帰国させ、サウジに有利な状況が

できたはず。米国がアサド再招致に反対したため、アサドはその後もイラン(と

ロシア)しか頼る先がなく、内戦後にイランやヒズボラがシリアに長期駐留し、

アサドが恒久的に露イランの傘下に入り、サウジとイスラエルが困窮する事態を

招いた。17年6月には、トランプがサウジ訪問時にMbSをけしかけ、サウジ

とイランとの仲介役だったカタールを突然MbSが制裁する挙に出て、イランと

の和解が頓挫しただけでなく、GCC自体が崩壊した。

 

http://tanakanews.com/170312gcc.htm

不透明な表層下で進む中東の安定化<2>

 

http://tanakanews.com/170609qatar.htm

カタールを制裁する馬鹿なサウジ

 

 権力に登って以来、ずっと米国に騙され続けたMbSは、いずれサウジが弱く

なった後に、自分が米国に騙されてきたことに気づき、安保戦略を米国に依存し

ていたことの愚鈍さに気づくだろう。その後のMbSは、おそらく米国と距離を

起き、ロシアや中国に今よりさらに接近し、イランとも和解していく。いずれそ

うなることを予測しているかのように、中国の習近平は最近、サウジとの友好関

係を強めると宣言している。いまMbSのサウジを批判せず、応援してますよと

言うことで、長期的に石油を安く買えるし、サウジの石油収入を(米国債でなく)

中国に再投資してもらえる(後述するペトロユアンの構造)。中国は、サウジと

イランの両方と良好な関係を維持している。

 

http://www.scmp.com/news/china/diplomacy-defence/article/2120272/china-vows-boost-ties-saudi-arabia-amid-growing-turmoil

China vows to boost ties with Saudi Arabia amid growing turmoil in Middle East

 

 習近平は、サウジの国営石油会社アラムコに、ニューヨークやロンドンでなく、

中国領である香港で上場してほしいと言っている。アラムコは来年の上場を予定

しており、世界史上最大の株式上場となる。ニューヨークに上場すると、911

の犠牲者の遺族たちから損害賠償請求され、上場した収入の一部を奪われかね

ない。トランプは先日、ぜひNYに上場してほしいと(ここでもサウジを自滅の

道に進ませようとする)ツイートを発したが、NY上場は困難だ。アラムコは秘

密の部分が多く、ロンドンでさえ、上場基準を満たせる情報公開ができるか怪し

い。香港ならその点、独裁者となった習近平の一存で、情報公開を最小限にした

まま上場できる。アラムコは、香港に上場しない場合でも、中国の政府系の投資

機関に株式を買ってもらうことになりそうだ。米国に騙されるほど、サウジは中

国やロシアに接近する。

 

http://www.cnbc.com/2017/11/09/templetons-mark-mobius-on-saudi-aramco-ipo-new-york-pretty-much-out.html

Mark Mobius on Saudi Aramco IPO: 'New York is pretty much out'

 

http://twitter.com/realdonaldtrump/status/926793510723796993

appreciate Saudi Arabia ... IPO of Aramco ... New York

 

 サウジはこれまでも、ロシアや中国と戦略的な関係を結んできたが、重要な安

保分野だけは対米従属で、米国の言いなりにやって失敗し続けている。MbSが

いずれトランプに騙されまくったことに気づき、遅まきながらの全面的な対米自

立を目指すようになると、中国とさらに強い関係を持つようになる。サウジの原

油輸出をドル建てでなく人民元決済で行うようになると、サウジが石油をドル建

てで世界に売った収入で米国債を買い支えてドルの金利を下げておく「ペトロダ

ラー」の世界体制が崩れて「ペトロユアン(石油・元)」の世界体制が立ち上が

る。ドルの基軸性が低下する。そうなると、トランプがやりたい米国覇権の放棄、

多極化が大きく進展する。トランプは、そこまで視野に入れてMbSを騙し続

けていると考えられる。

 

http://www.zerohedge.com/news/2017-11-15/brandon-smith-warns-saudi-coup-signals-war-and-new-world-order-reset

Brandon Smith Warns: The Saudi Coup Signals War And The New World Order Reset

 

 

この記事はウェブサイトにも載せました。

以上は「田中宇氏」ブログより

サウジの自己破壊のような行動はやがて国を崩壊に導くことになるでしょう。以上

« サウジアラビアの長いナイフの夜事件裏話 | トップページ | ロシア、クリントン、オバマ、ロスチャイルド、イスラエルの関係 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウジアラビアの自滅:

« サウジアラビアの長いナイフの夜事件裏話 | トップページ | ロシア、クリントン、オバマ、ロスチャイルド、イスラエルの関係 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ