カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ビル・ゲイツ、ディカプリオが株主の “牛を殺さないハンバーガー” | トップページ | 国連部隊がアメリカを占領します! »

2017年12月27日 (水)

290年ぶりの噴火か?…アイスランド最高峰で火口壁拡大 氷河に異変

290年ぶりの噴火か?…アイスランド最高峰で火口壁拡大 氷河に異変

          

 アイスランド最高峰のエーライヴァヨークトル山では、氷河の下で地熱が上昇し、火口壁が拡大しているのが地球観測衛星の画像で確認された。同国の気象庁(IMO)は、約290年ぶりに火山活動が高まっているとして監視体制を強化している。

 

 アイスランドは、厚く覆った氷河の下に32の活火山が隠れていて、最近では2010年4月のエイヤフィヤトラヨークトル山、翌年5月のグリムスヴォトン山が相次いで噴火し、大量に飛散した火山灰で、ヨーロッパ全域の航空路が数週間麻痺した。

 

 標高2109メートルと同国最高峰のエーライヴァヨークトル山では、1727年〜1728年にかけて噴火して以来、火山活動が観測されていないが、今年6月以降、火山性地震が相次いでおり、10月には最大マグニチュード3.5を観測。1カ月間で80回近い地震が発生している。

 

 同山の周辺では2015年以降、地盤の隆起が継続しており、アイスランド大学と同国気象庁は今月初め、新たにふたつの地震計を増設。

 

 今月17日に米国の地球観測衛星ランドサットは、氷河の下のカルデラ内の火口壁が拡大し、火口内にできた空洞に氷が落ちた異変をとらえた。同日、上空を飛んだパイロットによると、カルデラの大きさは直径約1キロに広がっており、気象庁は地下のマグマによる地熱が上昇していると推測している。

 

 この影響で、氷河から溶け出した水が、火山から南東方向に流れ、付近では硫黄(硫化水素)の匂いが確認されているという。同国気象庁は「ただちに噴火する心配はない」としているが、エーライヴァヨークトル山の航空コードを1段階引き上げて黄色にすると発表した。

 

■国内の火山の現状については、ハザードラボ「火山マップ」でご覧いただけます。

« ビル・ゲイツ、ディカプリオが株主の “牛を殺さないハンバーガー” | トップページ | 国連部隊がアメリカを占領します! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ビル・ゲイツ、ディカプリオが株主の “牛を殺さないハンバーガー” | トップページ | 国連部隊がアメリカを占領します! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ