カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 第二の太陽が世界中で目撃されるようになりました。 | トップページ | アイデンティティ政治はホロコーストを引き起こすのか? »

2017年12月 2日 (土)

英、経済大国の5指から外れる

東京+ 14°C
モスクワ-5°C
    英国

    英、経済大国の5指から外れる

                            ©                    REUTERS/ Neil Hall
    経済
    短縮 URL

    ハモンド英財務相は、英国が世界第6位の経済国となったと明らかにした。

    スプートニク日本

    英紙インデペンデントによると、2013年から英国が占めていた5位には現在フランスがいる。国際通貨基金(IFM)のデータによると、国内総生産(GDP)1位は米国。それに中国、日本、ドイツが続く。

    中国と米国の旗
                            ©                    REUTERS/ Hyungwon Kang
    ハモンド英財務相は、IFMの予測によると、2018年度の英GDP成長率見通しが1.7%から1.5%に下方修正されたと指摘した。

    英予算責任局(OBR)もまた、英国のEU離脱(ブレグジット)を巡る情勢の不確実性を受けて、GDPの成長率見通しを下方修正した。2017年度は2%から1.5%に、2018年度は1.4%に、2019年度は1.3%に下げた。

    以上は「sputnik」より

    英国のEU離脱により英国の衰退ははっきりするでしょう。やがて日本も後を追うことになります。                                        以上

    « 第二の太陽が世界中で目撃されるようになりました。 | トップページ | アイデンティティ政治はホロコーストを引き起こすのか? »

    経済・政治・国際」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 英、経済大国の5指から外れる:

    « 第二の太陽が世界中で目撃されるようになりました。 | トップページ | アイデンティティ政治はホロコーストを引き起こすのか? »

    2020年7月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    -天気予報コム-

    ウェブページ

    無料ブログはココログ