以下の画像はアメリカの鹿狩り猟師が撮影したものです。ミズーリ川の上空に浮かぶ雲の隙間から光のビームが射しています。(これは自然現象かもしれませんが不思議な光景です。)
長年、戦闘機に関する仕事に従事したきたボーイング社の品質検査員が、謎の現象が写った以下の画像を友人の漁師から入手しネット上に投稿しました。撮影日時は2017年11月20日の夕方です。

彼の友人と猟師仲間の男性は1日がかりの鹿狩りを終えた後、ミズーリ川をボートで下って行ったときに上空で起きた謎の現象を目撃しカメラにおさめました。夕陽が沈んでから15分後に雲の隙間から光のビームが射したのです。またその近くにアーチ状に並んだ光も出現しました。(これは自然現象とは言えません。)
この謎の現象はほんの数秒間で消えてしまいましたが、漁師は何とか撮影することができました。


太陽の光が雲の底部に反射して光のビームとなり、そのビームが川面に反射しているのが分かります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<太陽が点滅しています??>
https://www.youtube.com/watch?v=V-9Vmy3yr5A

このビデオは11月1日に投稿されたものです。
世界各地で太陽が点滅しているのが目撃されたようです。
これはカメラのレンズの作用かもしれませんが、世界各地で同じような現象が目撃されたのはどうしてでしょう。
カメラのレンズの角度を変えると太陽が点滅したように映るのでしょうか??
撮影日時が分からないため日本上空の太陽も点滅していたかどうかを確認することはできません。
それとも。。。特定国では気分次第でホログラムの太陽を上空に投影するのでしょうか

ビデオの説明:
0:16~、アフリカ上空で目撃された太陽の点滅
0:50~、アメリカ上空
1:10~、ヨーロッパ上空
2:36~、アメリカ上空
2:54~、ロシア上空
3:11~、スペイン上空
3:25~、アメリカ上空