カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 北朝鮮危機のゆくえ | トップページ | オムロンのIoT、草津工場が実現したケタ違いの生産性向上(1/5) »

2017年12月 5日 (火)

金正恩はアジアのイーロン・マスクか

金正恩はアジアのイーロン・マスクか

北朝鮮ミサイル
アメリカ本土も射程距離内に

北朝鮮が75日にわたる沈黙を破って再びミサイルを発射し、アメリカ本土に核弾頭を到達させる技術を備えたと報道されている。

これに応じて釜山大学のロバート・ケリー准教授が発表したのは、「アメリカは核武装した北朝鮮と共存する」との論文だ(記 事)。

ロバート・ケリー准教授と言えばBBC放送の生中継中に子供二人が乱入し、全米で一躍有名となった朝鮮情勢のアメリカ人研究者だ。

日本では一部論者が第二次朝鮮戦争が近く勃発すると予測しているが、ケリーが指摘するよう米軍には戦争を遂行する準備がない。

それよりも気になるのは、北朝鮮ミサイルがイーロン・マスクのSpaceXから技術提供されているとの米国からのインサイダー情報である。

SpaceXは今月に米政府極秘ミッションの「Zumaプロジェクト」ミサイルを発射予定だったが、急きょ発射が延期となった経緯がある。

相継ぐミサイル打ち上げに喜ぶ金正恩の無邪気な顔を見ると、背後で資金と技術を提供しているヒモが付いている可能性は高そうだ。
以上は「文殊菩薩」より
金正恩は横田めぐみさんの息子です。安倍政権は北朝鮮に圧力をといっていますが逆に裏では援助しています。統一教会を通じた関係を維持しています。安倍氏のウソには騙されないようにしよう。                   以上   

« 北朝鮮危機のゆくえ | トップページ | オムロンのIoT、草津工場が実現したケタ違いの生産性向上(1/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金正恩はアジアのイーロン・マスクか:

« 北朝鮮危機のゆくえ | トップページ | オムロンのIoT、草津工場が実現したケタ違いの生産性向上(1/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ