カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 安倍晋三政権は、米国、カナダ両政府が「米朝和平」に向けて、御膳立てしている「国連軍派遣国会合」に反対、拒否! | トップページ | 日本発・びっくり技術で美味しすぎるトマトを栽培!ロシアの野菜不足の救世主に?【写真】 »

2017年12月 8日 (金)

オムロンのIoT、草津工場が実現したケタ違いの生産性向上(3/5)

オムロンのIoT、草津工場が実現したケタ違いの生産性向上

  • 川又 英紀、加藤 慶信、小林 暢子=日経情報ストラテジー
  • 2017/10/03 05:00
  • 3/5ページ
   
  • 保存

オムロンのIoT、草津工場が実現したケタ違いの生産性向上

出典:、日経情報ストラテジー 2016年3月号、pp.24-27(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

この記事は日経エレクトロニクス購読者/日経ものづくり購読者/日経Automotive購読者/日経テクノロジーオンライン有料会員限定ですが、
2017年10月11日までは特別に誰でも閲覧できるようにしています。

 高額な装置が所狭しと並ぶ表面実装ラインは、稼働率の高さが命だ。停止時間が長く、装置が“遊んでいる”と、それだけ投資回収が遅くなる。だからこそ、これまでも現場担当者は勘と経験を頼りに無駄の排除に努めてきたわけだが、製造ビッグデータによって改めて確認された空白の多さは「拾いきれていなかった無駄」を明確に表していた。

表面実装ラインのすぐ脇で分析ツールの画面を見ながら改善点を議論する
[画像のクリックで拡大表示]

 水野課長らは早速、折れ線グラフを分析して生産性の改善に手を付けた。例えば、段取り替えのロスと思われる箇所を見つけると、補充部品を手の届く範囲に置いておく「手元化」を一層推進した。装置のチョコ停(短い停止)の原因を地道に1つずつ突き止めていっては見直し、装置のスループットも高めた。結果、1年足らずで生産性は30%も向上した。「改善はやり尽くした」と思っていた現場で30%の生産改善を実現できた意義は大きい。

 しかも折れ線グラフを見れば、ベテランの担当者ではなくても、改善点を容易に見つけられるようになる効果も生まれた。若手にも改善すべき箇所がすぐに分かるため、改善点の抽出時間は従来の6分の1まで大幅に短縮できた。それだけ改善の動き出しが早まるというわけだ。

クラウドで成果を海外にヨコテン

 オムロンは2015年に入ると、草津工場での生産改善効果を他の拠点にも広げようと、海外への仕組みの横展開を開始した。最初のターゲットにしたのは、中国・上海工場の製品組み立てセルラインである。これは新たな挑戦を意味する。

 同じオムロンの制御機器工場でも、草津と上海ではものづくりのやり方が大きく異なる。上海工場は少ない品種の製品を大量に製造することに特化しているのに対し、草津工場では取引先の多様なニーズに素早く応えるため、制御機器の分野では世界的に見ても極めて異例な「超多品種少量生産」を展開している。草津工場の生産品目は実に4000種以上。しかも月産20台以下の品目が、全体の90%以上を占めるというから、その多品種ぶりをうかがい知れる。そのためラインの段取り替えは、1日に500回にも及ぶ。

« 安倍晋三政権は、米国、カナダ両政府が「米朝和平」に向けて、御膳立てしている「国連軍派遣国会合」に反対、拒否! | トップページ | 日本発・びっくり技術で美味しすぎるトマトを栽培!ロシアの野菜不足の救世主に?【写真】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オムロンのIoT、草津工場が実現したケタ違いの生産性向上(3/5):

« 安倍晋三政権は、米国、カナダ両政府が「米朝和平」に向けて、御膳立てしている「国連軍派遣国会合」に反対、拒否! | トップページ | 日本発・びっくり技術で美味しすぎるトマトを栽培!ロシアの野菜不足の救世主に?【写真】 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ