カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« [清涼飲料水の問題] コカコーラから発ガン性物質検出(2012年7月3日) > 日本コカコーラに申し入れ(2012年7月5日) > 日本コカコーラからの回答(2012年7月12日) | トップページ | 一体誰が核のボタンを押すのだろう? »

2018年1月11日 (木)

悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞 森功

悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞 森功

2017-12-17 23:14:05 | 日記


コメント

伊方原発3号機、運転禁じる仮処分・・ 小林圭

2017-12-13 08:43:16 | 日記
伊方原発3号機、運転禁じる仮処分 阿蘇噴火の影響重視 小林圭 2017年12月13日15時56分
http://www.asahi.com/articles/ASKD76K3XKD7PITB00V.html

伊方原発3号機に運転差し止めの仮処分決定が出され、旗を掲げる弁護士たち=13日午後1時32分、広島市中区、上田幸一撮影


 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、広島高裁(野々上友之裁判長)は13日、運転を禁じる仮処分決定を出した。阿蘇山が過去最大規模の噴火をした場合に、同原発が火砕流の影響を受けないとはいえないと判断した。原発の運転を禁じた司法判断は、高裁では初めて。東京電力福島第一原発事故から6年9カ月たち、再稼働へかじを切った国の原発政策に影響を与えそうだ。

 広島地裁ではこの仮処分とは別の運転差し止め訴訟が続いている。野々上裁判長は、そこでの証拠調べの結果、今回の決定とは異なる司法判断が出る可能性を考慮し、運転差し止めは来年9月30日までとした。

 仮処分はただちに法的な拘束力を持つため、今後の司法手続きで覆らない限り、運転できない。四電は広島高裁に保全異議申し立てと仮処分の執行停止の申し立てをする方針。
伊方原発3号機はすでに再稼働しており、今年10月から定期検査のため停止中だった。

 仮処分を申し立てたのは広島市と松山市の住民計4人。
高裁は決定で、事故時に住民らに危険が及ばないかどうかについては、電力会社側に立証責任があるとの立場をとった。

 そのうえで火山の影響を重視。約9万年前に起こった、過去最大の阿蘇山の噴火規模を検討した。四電の火砕流のシミュレーションからは、過去最大規模の噴火の際、火砕流が伊方原発の敷地内に到達する可能性が小さいとはいえないとし、伊方原発の立地は不適切と判断。この点について、伊方原発が新規制基準に適合するとした原子力規制委の判断は不合理とし、運転差し止めを命じた。

 原発に対する仮処分申し立てをめぐっては、福井地裁が2015年4月、大津地裁が16年3月、いずれも関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを決定したが、その後の異議審や抗告審で取り消されている。(小林圭)

     ◇

 
四国電力は、広島高裁(野々上友之裁判長)が13日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を禁じる仮処分決定を出したことに対し、「当社の主張が認められなかったことは、極めて残念であり、到底承服できるものではありません」とのコメントを出した。速やかに異議申し立ての手続きをするという。

++
国賊死国電力というべきであろう




伊方3号機に運転差し止め命令 脱原発ドミノが始まるのか 日刊ゲンダイ 2017年12月14日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219510

脱原発ドミノの始まりか(C)共同通信社

 国の原発政策に一石を投じるか――。13日、広島高裁が四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止める命令を出した。高裁レベルでの運転差し止め判断は初めてだ。

 2015年、伊方原発3号機は原子力規制委員会の新規制基準に基づく安全審査に「合格」し、昨年8月に再稼働した。広島と愛媛両県の住民は「安全対策が疑問」として運転差し止めの仮処分を申請したが、広島地裁は今年3月に申し立てを却下。今回の高裁の決定は、地裁の判断を退けた形である。

「3号機は、今年10月から定期検査に入り、来年1月に運転再開の予定でした。しかし、高裁が運転停止期間を来年9月30日としたので、四電からすると稼働に向けたスケジュールが狂ってしまった。『到底承服できない』として、執行停止を申し立てる方針です」(地元関係者)

 脱原発弁護団全国連絡会の共同代表で、弁護団のひとりである河合弘之弁護士はこう言う。

「政府やメディアの『再稼働やむなし』の雰囲気にあらがって、運転差し止めの判断が下されたことは、非常に意義がある。現在、稼働している原発は、川内(九州電力)の1、2号機と高浜(関西電力)の3、4号機の計4基ですが、脱原発への流れは強まるでしょう。とりわけ今回、火山活動が焦点となり、リスク評価の点で新規制基準に欠点があると判断されました。原発のほとんどは、火山活動地域にあります。川内原発に関する訴訟も争点は火山です。伊方原発の運転差し止めと同じ論理で、止められると期待しています」

 連絡会の調査によると、脱原発について係争中の案件は計37件(訴訟29件、仮処分8件)だ。そのうち、川内原発については、規制委員会の適合性審査処分に対する取り消し訴訟が行われている。

「昨年6月、福岡地裁に提起しました。川内原発は桜島から約50キロの活火山地域にあるので、火山活動によるリスクが高い。伊方原発の運転差し止めが追い風になるでしょう」(原告団代表の青柳行信氏)

 “脱原発ドミノ”が始まるかもしれない。

++
原発村が真性テロリスト



「原発の新設」で日本は世界の敗者になる──安倍政権と原子力ムラの呆れたやり口とは? 12/16(土) 6:00配信 週プレNEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171216-00096494-playboyz-pol

「このままだと日本は近い将来、世界のエネルギー産業市場で敗者になることは確実だ」と語る古賀茂明氏

国民に原発への根強い抵抗感があるなか、安倍政権が原発の新設に動き出したという。

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が落胆する、安倍政権や原子力ムラのやり口とは――?

* * *

慌ただしい年の瀬に、目立たないが気になるニュースがふたつ流れた。

ひとつは国の「エネルギー基本計画」見直しのなかで、「経産省が原発新設の議論に着手した」というニュース。

もうひとつは「東京電力が原子力事業を今後も安定的に続けるため、国に経営環境整備を求めた」というニュースだ。


まず原発新設のニュースについて。安倍政権は2014年に「エネルギー基本計画」を策定し、原発を国の「重要なベースロード電源」と位置づけた。それを前提に、翌15年には30年度の電源構成で、原発の比率20~22%を目指すことを決めた。

この数字の意味することは原発の新・増設である。

なぜか? 原発は運転期間40年で廃炉にするというのが基本原則だ。これを忠実に実行すると、30年の原発シェアは15%までに下がる。20~22%のシェアを死守するには、40年廃炉をやめて、古い原発をどんどん運転延長することが必要だが、安全対策などの費用がかさむので、延長できない原発も多く、どうしても原発の新・増設が必要となるのだ。

ただ、国民に根強い抵抗感があるなかで原発の新設を言いだせば、内閣支持率が急落する恐れがある。そのため、安倍政権はこの議論を封印し、「原発を新設するのか?」と問われても「現時点では考えていない」などと、うやむやにやり過ごしてきた。

そして、ふたつ目の東電のニュース。「経営環境整備を求めた」とは、つまり原発ビジネスで東電に赤字が出ないように様々な支援措置を講じてくれということだ。

具体的には、固定価格買取制度や赤字補填(ほてん)制度のように絶対に損をしない仕組みや、事故を起こしたときの損害賠償を1兆円程度に抑えて、あとは国が責任を取る仕組みなどが考えられる。その財源はもちろん税金。とんでもない話だ。


そもそも、発電コストが安いという理由から、原発は「重要なベースロード電源」に選ばれたはずだった。しかし、安全対策コストの増加などで、その神話は崩れ去っている。廃炉費用なども含めれば、原発の発電コストは火力などのほかの電源に比べると、逆に割高になっているというのが実情だ。

本来なら、エネルギー基本計画見直しのプロセスで、原発を「重要なベースロード電源」から外すのが妥当なのだが、安倍政権も原子力ムラも、どうしても原発を維持したい。そこで「原発はベースロード電源を担う大切な存在だから、たとえコスト高でも国が税金を投入して守るべき」という倒錯した論理をひねり出し、東電に政府支援を要請させたというわけだ。

このふたつのニュースは、安倍政権の支持率を下げる要因となる可能性が高い。

だが、10月の総選挙で大勝し、安倍政権の基盤は再び強化された。しかも、19年の参院選まで2年間、国政選挙がない。今なら不人気政策を決めても選挙までに国民は忘れるーーおそらくそんな判断が働いたのだろう。

原発から再生可能エネルギーへと急速にシフトする世界の潮流のなかで、いまだに原発にこだわる日本。ビジョンなき国家は没落する。このままだと日本は近い将来、世界のエネルギー産業市場で敗者になることは確実だ。安倍政権や原子力ムラのやり口には、本当に呆れ果てるばかりだ。

●古賀茂明(こが・しげあき)
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して11年に退官。新著は『日本中枢の狂謀』(講談社)。ウェブサイト『Synapse』にて動画「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」を配信中




原発MOX燃料5倍に高騰 1体10億円、海外製造依存で 2017/12/16 17:37 ©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/314682658925904993

関西電力高浜原発でのプルサーマル用に陸揚げされるMOX燃料=2010年6月、福井県高浜町

 原発で使うウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料の価格が、1体当たり10億円を超え、国内で導入を始めた1999年に比べ約5倍に高騰していることが16日、財務省の貿易統計などから分かった。MOX燃料は毒性の強いプルトニウムを含み加工が難しいため、製造を海外メーカーに依存した結果、価格が高騰したとみられる。

 国の核燃料サイクル政策では、原発の使用済み燃料は再処理し、取り出したプルトニウムをMOX燃料に加工して再利用する。
プルトニウムの消費手段は現状ではMOX燃料だけで、同政策の維持のためには価格が高騰しても一定量、使用する必要がある。


コメント

「加計ありき」とは「加計からのワイロありき」 内海新聞

2017-12-11 20:39:33 | 日記
https://twitter.com/u23news/status/939699939046604801
内海新聞‏ @u23news 19:34 - 2017年12月9日

今治新都市開発は、加戸守行が愛媛県知事に就任してから始まった利権ビッグプロジェクト。そりゃ、もらえる裏金がハンパじゃない。それゆえ「加計ありき」とは「加計からのワイロありき」ということなのだ。





安倍昭恵夫人が行政に関与していた動かぬ証拠 2017-12-11 新党憲法9条 天木直人のブログ
http://kenpo9.com/archives/2964

 きょう発売の週刊大衆(12月25日号)に、現役女性議員秘書の大放言座談会という記事がある。

 この手の座談会は、本物の議員秘書の座談会というよりも、政治記者がなりすまして書いたものが多いと言われているが、それでもそのネタ元は議員秘書をはじめとした政界内部の事情通だろうから、あながち根拠がないわけではないだろう。

 その秘書発言の中に、安倍昭恵夫人に関する次のような発言が書かれていた。

 すなわち、官僚たちは安倍首相より昭恵夫人のほうに怒っているという。

 
特に財務官僚などは、何かにつけて昭恵夫人に呼び出され、「これを調べておいて」とか、アゴで使われるという。

 陳情とか、なんでも聞いちゃうみたいで、それを官僚に気軽に「やっておいて」と投げるという。


 総理夫人だから、ぞんざいには扱えないと官僚たちは怒っているというのだ。

 もし、これら女性議員秘書たちの証言が事実なら、まさしく総理夫人という公人による行政への関与の動かぬ証拠だ。

 昭恵夫人がここまでひどいとは思わなかった。

 
やはり昭恵夫人の国会招致なくして、疑惑の究明は終わらないということである(了)



https://twitter.com/yoswata/status/940147224331264005
番頭ワタナベ「加計補助金詐欺事件」発売中‏ @yoswata 1:12 - 2017年12月11日

番頭ワタナベ「加計補助金詐欺事件」発売中さんがRyu-ronをリツイートしました

こりゃえらいことだわ。野党の追及なんかより、加計学園が自滅する可能性の方が遥かに高い。三菱東京UFJ銀行岡山支店に本店から融資は慎重に、との通達が入った。加計学園幹部が大慌て。加計孝太郎は市外にお引っ越しで雲隠れ。以上、加計学園秘書室周辺からの情報でした。


以下は参考メモ

https://twitter.com/hiroharu3221/status/940557897200631808
ひろはる‏ @hiroharu3221 4:24 - 2017年12月12日
返信先: @ginmuru_meruさん

銚子ばかりではありません。僕の地元墨田区にある志舎(立志舎?)高校も加計氏の学園付属で動物学科という科目があります。彼らを大学に無条件で受け入れる事を条件に加計氏が寄附金を募っていたのです。今治の加計学園が怪しくなった今年の4月、その事実が表面化し父兄が大騒ぎ。銀行は取引停止。いやハヤです。

++
詳細不明ですが↓の関係でしょうか?

http://www.all-japan.ac.jp/news/nd21_sumida_appreciation

平成26年11月22日(土)すみだリバーサイドホールにて、墨田区環境改善功労者・功労団体 区長感謝状贈呈式が行われました。
立志舎グループの専門学校日本動物21が日頃からの身近な地域の環境改善に努力していることで、錦糸一丁目町会から推薦され、「美化・リサイクル推進部門」で墨田区長より感謝状を贈呈されました。これからも地域の一員として環境の美化に取り組んでいきます。



前川氏が安倍首相に「逃げきれるなら民主主義疑う」 12/16(土) 20:37配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00079045-nksports-soci

文化放送の番組に出演した前川喜平氏(手前左)はロンドンブーツ1号2号の田村淳(手前右)と激論を交わした

 加計学園の獣医学部新設問題を巡って「総理の意向があった」と記された文書の存在を証言した前文部科学事務次官の前川喜平氏(62)が16日、ラジオ文化放送の「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNews CLUB」(土曜午後1時)に生出演し、学園新設の責任者は「安倍総理だと思います」と明言し、「安倍さんはひたすら逃げ続けるしか手がないのでしょう」と厳しく追及した。

【写真】加計学園獣医学部の入試、募集21人に688人出願

 前川氏は番組パーソナリティーを務める田村淳とゲストで憲法学者の木村草太氏の問い掛けに答える形で、学園新設のプロセスについて言及。「一連の問題の責任を取るべき人は誰か」という淳からの直球質問に「私は安倍総理だと思います。ご自身が指示したかどうかはともかく、責任ある組織が動いた。
国家戦略特区の中で加計学園を認めたわけで、ゴーサインを出したのは安倍総理。不公正で不透明なプロセスを経て特例を認めた責任は安倍総理にあると思います」と話した。

 国会では、野党が官邸の働き掛けを追及しているが、安倍首相は問題への関与について否定している。

 前川氏は「加計学園獣医学部を今治に(平成)30年(2018年)4月に開設しなければならないと、総理がお尻を切っている、総理の意向だということが文部科学省に伝わってきている」とあらためて強調。
2015年4月2日に加計学園関係者と愛媛県、同県今治市の職員が首相官邸を訪れている点についても触れ「官邸に1時間半いた。そこで誰に会って何を話したかはブラックボックスになっている」と厳しく追及した。会合では総理秘書官が学園関係者と会ったとされているが「事前に総理の了承がなければ官邸での会合はない。加計ありきの新設が決定的だった」と語った。安倍総理は国会で2017年1月20日に加計学園の新設を知ったとしているが、この説明が矛盾しているとも指摘した。

 前川氏は「
安倍総理は逃げ続けるしか手がない。部下たちに『知りません。記憶がありません』と言わせて、ひたすら逃げ続けるしかないでしょう」とも話し、淳から「(安倍自民は)選挙でも勝った。逃げ切れると思うか」と問われると「これが逃げ切れるなら私は日本の民主主義を疑う」と踏み込んだ。

 来春に新設される同学園獣医学部はこの日、全国7カ所で推薦入試が行われ、募集21人に対して688人が入学を志願した。


前文科次官の前川氏「教育の戦前回帰に憂慮」 京都で講演 京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20171214000180


講演する前川喜平氏(京都市下京区・キャンパスプラザ京都)


 加計学園(岡山県岡山市)獣医学部新設問題で「総理の意向」などと記された文書の存在を証言した前文部科学事務次官前川喜平氏が13日夜、京都市内で講演した。第1次安倍政権による教育基本法改正を経て、日本の教育は戦前回帰の排外的な方向に進んでいるとの憂慮を示し、多文化共生の道を歩むべきだと強調した。

 前川氏は、教育基本法改正に対し「世界平和と人類の福祉を実現するという憲法の理想と一体となった目的が前文に記されていたのに、改正後は曖昧になり、国と郷土を愛する態度が強調された」と主張。「教育行政をやる中で『南京事件はなかったと教科書に書け』といった政治の要求に四苦八苦した。これは歴史学が明らかにする問題なのに、政治が教育を決めていいという考え方が法律に盛り込まれた」と批判した。

 「
改憲を声高に言う人には教育勅語の復活を求める人が多いが、個人の尊厳という憲法の原理と相いれない。戦前回帰に社会をもっていくか、未来志向で考えるかの分岐点にいる」と訴え、道徳の教科化に関しては「ぜひ学校で『国を愛する心は必要か?』と批判的な取り上げ方をしてもらいたい」と呼び掛けた。

 審議官時代に高校無償化の制度設計に携わった経験から、民主党政権でも拉致問題に絡めて朝鮮高校への適用に反対する声があったとし「北朝鮮が何をしているかということと、在日の人の学ぶ権利との間に何の関係があるのか」と語気を強め、多文化共生型社会を目指すよう訴えた。

 加計学園問題については「京都産業大が強力なライバルだったにもかかわらず、後付けの条件で恣意(しい)的に排除された
。初めから加計ありきだったことは明らか」と批判した。

 講演会は京都の市民団体でつくる実行委員会が催し、前川氏は主に教育問題をテーマに語った。

【 2017年12月14日 22時55分 】


コメント

充分怪しい痴顕

2017-12-09 23:53:03 | 日記
<日本の天馬博士(斉藤元章氏)をえん罪で逮捕して スパコン・人工知能技術を外資のものにしようと画策している亡国のイージ○> 小野寺光一 2017年12月09日
http://archives.mag2.com/0000154606/20171209103910000.html

阿修羅
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/802.html

<日本の天馬博士をえん罪で逮捕して スパコン・人工知能技術を外資のものにしようと画策している地検と官邸>
https://dic.pixiv.net/a/%E5%A4%A9%E9%A6%AC%E5%8D%9A%E5%A3%AB

ペジーコンピューテイングという会社の斉藤元章氏が
逮捕されたと報じられている。

鉄腕アトム
https://www.youtube.com/watch?v=SSbaZuTW1Q0

https://www.youtube.com/watch?v=GX8b1TmXfvw

鉄腕アトムを発明した天馬博士のような天才である。

4億円の補助金どころか 彼がやろうとしていることは

数兆円の価値がある。

天馬博士
https://www.youtube.com/watch?v=HGhXkZgb90Y

これは天才を技術を外資がほしいために、この天才をえん罪で

たたくことで技術を外資のものにしようとしているのだと思われる。

しかもうまく攻撃するために「アベ友だ」とマスコミがでっちあげている。

本当のアベ友だったら逮捕されるわけがない。「本物のアベ友ではない」から

逮捕されているのだ。


おそらく元TBS社員にマンションを貸していたのは偶然だろう。

官邸が費用を出して元TBS職員に渡していたといううわさもある。

超技術革命
https://www.youtube.com/watch?v=yNkH2IyirC0

1日本のスパコンの性能 対談
https://www.youtube.com/watch?v=-e19HjEKxAs

2スパコンで達成可能な近未来
https://www.youtube.com/watch?v=0IdsVDvTVN4

3 将来の医療と倫理問題
https://www.youtube.com/watch?v=OssDeNI0AJA

4人工知能
https://www.youtube.com/watch?v=_WoWe-DCnto

5これからの経済とお金
https://www.youtube.com/watch?v=eo3M1KPgy2g

シンギュラリテイの第一人者
https://www.youtube.com/watch?v=hmwol7CUqoo

※シンギュラリテイとは、人工知能が人類を超えて発展して
ものすごい革新がもたらされるとされる技術的な特異点のこと。
特異点というのは、ほかとちがうある、特殊な点という意味で
そこまで技術が到達すると「革命が起きる」ような点のことである。


斉藤元章氏は日本のロボット工学やスーパーコンピューターの第一人者である。

特徴は
1本物の実力者であり天才技術者である。

2日本のスーパーコンピューターの新しい技術の第一人者であり

世界一の省エネ技術を使ったスーパーコンピュータを作っている。

3日本人が世界を超える存在として、スーパーコンピューターで

この人物以上の才能をもつ日本人はいない。

ロボット技術や人工知能という分野では

この斉藤氏が鍵を握るだろうといわれている。

<日本の天馬博士のような人物>


要するに、鉄腕アトムを発明した

天馬博士のような存在なのである。

本物の天才だ。

本当に将来、鉄腕アトムのような存在をつくるとしたら

この男以外にはありえないのではないか?

<外資はどうやってこの天才の技術を横取りするかを

考えて、官邸の亡国のイージ○を通して失脚を図る>

それでは、こういった本物の天才が出現した場合、

国際的多国籍企業と その代理店を勤める官邸の亡国のイージ○は

どう考えるかというと

その人物をえん罪でおとしめて

その特許や技術を自分たちのものにしようとする。

それが行われている。

ちなみに政治家の分野では東京地検特捜部が

目をつけて外資のためにつぶしたのは

田中角栄

小沢一郎である。

<スーパーコンピューターの鍵を握る人物を攻撃して技術を横取りしたい外資と官邸>

小保方さんのときと同じである。

小保方さんの発見したSTAP細胞という技術は本物だった。

<理系の専門用語を理解できない人が多いため、本物と偽者の見分けがつかない>

理系の分野については、日本人の一般大衆は

「理解できない」という特徴をもつ。

要するに自分自身で理系の事柄に対して本を読んだり

して実はテレビの言っていることはうそだと見抜けないのである。

それがSTAP細胞のときに起こったことだった。

小保方さんは一生懸命STAP細胞について説明していたが

その言っている説明は、一般大衆の理解をはるかに超えていた。

専門用語ばかり定義の説明もなしにしゃべるので

理解されないのである。

キメラマウスというだけで 一般大衆は理解できない。

<おとしめたい相手をアベ友であるとでっちあげる手法を官邸がやりはじめている>

そして最近、顕著になってきたのが

この官邸がえん罪で「おとしめるべき対象」を、「アベ友である」と詐称して

報道させることである。

アベ官邸が目をつけたのは、実は、この有能な人物を「アベ友である」として

でっちあげることなのである。

<補助金詐欺容疑はえん罪>

この補助金詐欺容疑というものは、

補助金申請をして開発中だった新型のメモリが

新しいスーパーコンピューターに搭載が間に合わなくて

搭載できなかった。しかし開発中である」

というものである。

<詐欺ではなく開発中だった>

これは、新発明というものは、間に合わないことがあるが

開発中なのであれば、誰もそれを詐欺だとは言わない。

<えん罪で逮捕する東京地検特捜部>

しかし東京地検特捜部は「メモリ分だと申請したのに、

今回発表のスパコンに使っていなかった」といい始めて、詐欺容疑だとして「逮捕」に至っている。

要するに

日本の生んだ天才である

天馬博士が、

鉄腕アトムのような人工知能をもつとんでもないロボットを

生み出す直前に、スーパーコンピューターでベンチャー企業を立ち上げて

世界一の技術を持っているため、

なんとかして外資がこの天馬博士の技術を横取りしたいという状況なのである。

<発明は遅れることがある>

こういった天才技術者という人は、「発明」をする。

それでは「発明」というものは、どこかの決まりきった仕事のように

決められた時間までに発明できる」というものではなく

予定より遅延することはありうるのだ。

東京地検はその遅延したのを「詐欺だ」といってでっちあげて捕まえているのである。

<天馬博士をアベ友だとでっちあげて逮捕を正当化する官邸>

実は本物のアベ友だったら絶対に逮捕されず、新聞にも実名報道されない

そして、この天馬博士を逮捕する際に、なんらかの正当な理由が

必要であるため

「天馬博士はアベ友だ」という

ブラックPRをマスコミを通して流しているのである。

<本物のアベ友は逮捕されない>

昨今の鈴木詩織さんのレイプ問題で元TBS職員の

男が、本来逮捕されるべきなのに、その逮捕を

官邸が中村格氏を使って阻止をした

として問題になっている。

ということは、
本物のアベ友であれば

このレイプ犯にしても、もりかけ問題で

有名なかけ氏にしても

逮捕されないのである。


<本物のアベ友は絶対に逮捕しないのが東京地検>

なぜなら、アベ友だったら東京地検特捜部は

「逮捕しない」からだ。

<東京地検が突然逮捕したということはこの天馬博士は本物のアベ友ではない>

ところが、この天才の天馬博士については

東京地検特捜部は、「突然逮捕」しているのである。

ということは、この天才の天馬博士は

「本物のアベ友」ではないのだ。

なぜなら「本物のアベ友」であれば「逮捕されない」からだ。

<アベ友だとぬれ衣を着せられている天馬博士>

この天馬博士は、

「アベ友だ」とぬれ衣を着せられて

その天才的な技術を外資のものにされようとしている。

<山尾しおりも、横浜市長選の応援演説で知らずにカジノ応援をしたことになり攻撃されていた>

実はこれは、

山尾しおりに起こったことと似ている。

山尾しおりは、


本来、アベ政治に対する、批判としては

非常に鋭く 警戒されていた。

しかし、官邸がうまいことに、

横浜市長選挙で、

横浜市長がカジノ推進だということを

隠していたため知らなかったので

「山尾しおりがカジノ推進に反対の立場だったのに

この横浜市長の応援演説をした。」

それをとらえて

「山尾はカジノに賛成なのか」として

たたかれたのである。

そのため、本来は、れんほうが辞任したあとに

山尾しおりが党首になるかもしれない流れだったのに

山尾しおりは、立候補できなかった。

そしてそのあとの文春を使っての デマ報道である。

<希望の党も 反アベを利用して官邸が結党させている>

「希望の党」もある意味、「アベを排除する」

という偽のキャンペーンを使って結成された政党であった。

<アベ友が嫌われているということを利用して政敵を攻撃するのに使っている官邸>

何がいいたいかというと、

日本人が現在、アベとアベ友の「税金私物化政治」を嫌っている。

しかしこの深奥には官邸の亡国のイージ○と多国籍企業がいるため

絶対に「本物のアベ友」には手を出させないのである。


しかしながら

「アベ友」が嫌われているため

攻撃すべき 有能な政治家や

有能な経営者を無理やりに「アベ友だ」と

デマを流すのである。

TBS元社員のマンションを貸していたとかは

たぶん 偶然の産物だろう。

<TBS元社員のマンション費は機密費からだという話が以前あった>

もともとこのTBS元社員にお金を出していたのは

官邸の機密費からだという話がある。

推定すると

研究費用には、補助金が必要であるため

官邸から TBS元社員にマンションを貸してやってくれといわれれば

いやだとはいえないだろう。それに借りるときは、今のしおりさん問題は公になっていなかった。

通常は、テレビ局の主要な人物で米国にもいたとなれば

貸すのが普通である。

結局、日本は

将来の鉄腕アトムのような

人工知能をもつ善意のロボットを

失おうとしている。

外資にとられることで

スーパーコンピューターの技術で

外資は、人間を殺すロボットやターミネーターのような人工知能の開発に励むだろう。



再掲

スパコン詐欺 ベンチャー社長の華麗人脈と特捜部長の評判 日刊ゲンダイ 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219039

・・・「
村上ファンド事件で村上世彰氏の取り調べを担当し、福島県知事汚職事件では佐藤栄佐久知事(当時)の“裏仕事”を担っていた実弟に〈知事は日本にとってよろしくない、抹殺する〉と凄んだ剛腕です。副部長時代は医療法人の徳洲会グループの公職選挙法違反事件を手がけ、猪瀬直樹都知事(当時)を辞職に追い込んだ。法務官僚として重要ポストを歴任して特捜と法務行政を知る上、・・・」(司法担当記者)

++
「捜査の陣頭指揮を執る森本宏特捜部長の正体」といった方が正確であろう


プルトニウムはどこへ? + 佐藤栄佐久 知事抹殺&MOX投入
http://satehate.exblog.jp/16085379/








https://twitter.com/EisakuExcluded/status/908215499783147520
知事抹殺‏ @EisakuExcluded 23:27 - 2017年9月13日

さて、「知事は日本によろしくない、抹殺する」知事抹殺のタイトルとなった発言元の森本宏氏が、9月、東京地検特捜部長になりました。



【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家 田中龍作 2017年12月12日 17:27
http://tanakaryusaku.jp/2017/12/00017128

財団法人「日本シンギュラリティ」の住所は、山口敬之・元TBS記者の実家だった。=12日、渋谷区恵比寿 撮影:筆者=

 渋谷区恵比寿の高級住宅街にそれはあった ー

 スパコン開発の助成金を騙し取って逮捕された齊藤元章容疑者と伊藤詩織さんレイプ事件の山口敬之が共同で立ち上げた財団法人「日本シンギュラリティ財団」の事務所だ。

 AI(人工知能)の研究開発拠点にしては、まったくの民家である。登記簿をあげて調べると土地家屋の所有者は山口博久とある。元TBS記者・山口敬之の実父とされる。

 木造スレート葺2階建ての小綺麗な建物の塀には「山口」の表札が麗々しく掛っていた。幾度もインターホンを押したが誰も出ない。すべての窓はカーテンが閉まっていた。

 ネットで検索してもHPすら存在しない財団の実態は、実家に住所を置いただけのペーパー財団だった。登記簿を見ると、AIには全くの門外漢である山口敬之が代表理事となっている。

 スパコン販促のツールにでも使おうと思ったのだろうか。

 元経産官僚の古賀茂明は田中龍作の電話取材に「経産省内では、齊藤(容疑者)のペジー社と言えば麻生案件か甘利案件と言われている」と明らかにした。

 忖度があったのか、政界からの何らかの圧力があったのか。官邸とペジー社をつないだのが山口敬之であるといえよう。(敬称略)


財団法人「日本シンギュラリティ」の登記簿。代表理事が山口敬之、理事が齊藤元章となっている。設立は2016年3月。山口がTBSを退社する一ヵ月前だ。

 〜終わり~
以上は「さてはてメモ帳」より
日本もいよいよ狂って来ています。安倍総理が狂っているからそうなるのです。以上

« [清涼飲料水の問題] コカコーラから発ガン性物質検出(2012年7月3日) > 日本コカコーラに申し入れ(2012年7月5日) > 日本コカコーラからの回答(2012年7月12日) | トップページ | 一体誰が核のボタンを押すのだろう? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞 森功:

« [清涼飲料水の問題] コカコーラから発ガン性物質検出(2012年7月3日) > 日本コカコーラに申し入れ(2012年7月5日) > 日本コカコーラからの回答(2012年7月12日) | トップページ | 一体誰が核のボタンを押すのだろう? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ