カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 安倍晋三首相、中国の「一帯一路」と連携へ!対中包囲網から方向転換!右派からは反発も! | トップページ | 米支配層がトランプ大統領の動きを封じるために使ってきたロシア疑惑の幻影が消えかかっている »

2018年1月13日 (土)

2017年のクリスマスイブに安倍氏夫人はイケメン自民議員の裸にアキエと描いた写真をネットにアップ:自民議員も官僚群も倒せない無敵の安倍氏を倒せるのは昭恵夫人だけか、なんと情けない日本よ!

2017年のクリスマスイブに安倍氏夫人はイケメン自民議員の裸にアキエと描いた写真をネットにアップ:自民議員も官僚群も倒せない無敵の安倍氏を倒せるのは昭恵夫人だけか、なんと情けない日本よ!

 

1.安倍氏夫人が自民のイケメン議員の裸にアキエと描いた写真をネットにアップ???

 

 本ブログでは今、安倍氏もモリカケ・ヤマカケ・スパコン・リニア疑惑を頻繁に取り上げていますが、今日の安倍氏を窮地に追い込んでいるキッカケは言うまでもなく、あの森友学園事件でした。この事件では、昭恵夫人が名誉校長まで務め、森友学園に対する安倍夫人の深い関与を裏付ける証拠画像が大量に残っています。

 

そして次に、安倍氏を苦しめているのは、あの加計学園事件でした。この事件でも、安倍氏と加計氏の親密さを如実に示す証拠画像がネットにアップされていますが、それは周知のように、あの昭恵夫人が2015年のクリスマスイブにネットにアップした“男たちの悪巧み”画像です(注1)

 

 そして、この画像に添えられている、“男たちの悪巧み”の一言が、加計事件のすべてを言い当てていると言って過言ではありません。

 

 この画像を見た国民はみんな、脳裏に、安倍氏は加計氏と親密であるとインプットされています。だから、安倍氏がいくら、加計事件に関与していないと言い張っても、国民の疑惑はまったく払拭できないのです。それに気付けないのは安倍氏本人ただ一人なのです、もう裸の王様そのものです、安倍氏は・・・。

 

 その昭恵夫人は2017年のクリスマスイブに今度は、イケメンの自民議員・岩田和親氏の上半身裸の胸に、アキエと描いた画像をアップしたのです(注2)

 

 この写真は衝撃的であり、知らない人が見たら、昭恵夫人と岩田議員はまさに、ハダカで付き合う仲のように見えます。

 

 ネットでは、このような常識はずれの行動を繰り返す昭恵夫人をバカにして批判する声が多いのですが、筆者個人は違います。

 

 昭恵夫人はすべて、計算ずくでやっていると確信しています。

 

2.大胆な推理:安倍氏夫人は、安倍氏を失脚させようとしているのではないか

 

 ところで、今の安倍氏はまさに裸の王様であり、すでに国民からの信用を失っているにもかかわらず、総理のポストを辞任するつもりはまったくなさそうで、厚かましく居直っています。

 

 そしてだらしないことに、自民党議員の誰も安倍氏のクビに鈴をつける人間が出てきません。また、安倍官邸が内閣人事局をつくって、官僚の首根っこを押さえているので、官僚機構全体が安倍官邸からの左遷人事を恐れていて、官僚の誰一人、安倍氏を辞任に追い込むことができていません、もうどうしようもありません。そして、唯一、健闘しているのが、安倍官邸に逆らって更迭された前川・前文科省次官のみです。その前川氏は前川製作所の御曹司だったので、一般家庭に育った官僚とは一味違っていたのですから、前川氏はほんとうに特別です。

 

 それにしても、今の官僚はみんな、ほんとうにだらしない小心者ばかりです。

 

 そのような行き詰った環境の中で、唯一、安倍氏を失脚に追い込める人間が居たわけです、それこそ、上記、安倍氏夫人だったのです。

 

3.安倍夫人は、安倍氏ではなく、安倍家に強い恨みを抱いているのではないか

 

 筆者個人が、安倍夫人は、ひょっとして、安倍氏の失脚を企んでいるのではないかと疑ったのは、安倍夫人が大麻の合法化運動をやっていると知った2016年の11月でした(注3)

 

 昭恵夫人は東京生まれの東京育ちですが、安倍氏の母(岸信介の長女)、すなわち、昭恵夫人の姑は、山口県の価値観で育った人です。それならば、昭恵夫人が男の子を生めなかったことで、言うに言われぬ侮辱を受けてきたと想像されます。

 

 筆者個人も、男尊女卑の残る山口県出身ですから、それがよくわかるのです(注3)

 

 これまで、安倍夫人は、安倍氏のカオに泥を塗るようなことばかりやって、故意に安倍氏の立場を悪くしていると思われます。

 

 そして、昭恵夫人は非合法の大麻をやっている可能性が高いのです(注3)

 

 もうひとつ、安倍氏は日本会議の要求で、あの稲田氏を露骨にエコヒイキして、防衛大臣に抜擢していますが、昭恵夫人はどうも、稲田氏を毛嫌いしているようです(注4)

 

 ところで、森友の籠池夫人は、昭恵夫人と仲が良かったようですが、両者、稲田氏を毛嫌いしていて、気が合っていたようです(注4)

 

 その昭恵夫人は、森永財閥の令嬢ですから、仮に、安倍氏と離婚しても、生活に困ることはありません。さらに、子供がいないので、離婚もしやすいのです。

 

 いずれにしても、自民議員も官僚も倒せなかった無敵の裸の王様・安倍氏を倒せるのは、まさに、昭恵夫人その人なのかもしれません。

 

注1:本ブログNo.1880週刊朝日が大手マスコミのトップを切って、リニア新幹線談合と安倍利権の追及に踏み切った:安倍氏がもっともよく会食・ゴルフする相手はナベツネと鉄鋼ビル(かつて神戸製鋼東京本社所在地だった)専務と葛西氏(JR東海名誉会長)20171220

 

注2:情報収集&放電中“安倍昭恵夫人、インスタグラムにとんでもない写真をアップし非難殺到・・・”20171225

 

注3:本ブログNo.1544日本を乗っ取る勢力の過激派・核兵器至上主義者のネオコンは、安倍氏の本性が核武装派であることを見破っている:大麻愛好家の昭恵夫人が安倍氏失脚の命取りとなるのか20161129

 

注4:本ブログNo.1634軍国小学校開設事件にて、籠池夫妻を裏切った安倍氏と稲田氏には道連れ心中辞任が待っている:籠池夫人と昭恵夫人は稲田氏嫌いで通じ合っていた?2017318

以上は「新ベンチャー革命」より
安倍氏は頭が狂っているので誰も触ろうとしません。今や誰も安倍氏を相手にしません。逮捕かまたは天罰が下るかを待っている状況です。            以上

« 安倍晋三首相、中国の「一帯一路」と連携へ!対中包囲網から方向転換!右派からは反発も! | トップページ | 米支配層がトランプ大統領の動きを封じるために使ってきたロシア疑惑の幻影が消えかかっている »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍晋三首相、中国の「一帯一路」と連携へ!対中包囲網から方向転換!右派からは反発も! | トップページ | 米支配層がトランプ大統領の動きを封じるために使ってきたロシア疑惑の幻影が消えかかっている »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ