カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカ国内の国連部隊と内戦について | トップページ | <超悲報>中国が脱原発へ!「再エネ」低コスト化成功で世界をリードする立場に!⇒ネット「日本は未だに原発再稼働」#クロ現+ »

2018年1月30日 (火)

2017年に観測した地震の回数、震度1以上で2000回超!東日本大震災前よりも高止まり・・・

2017年に観測した地震の回数、震度1以上で2000回超!東日本大震災前よりも高止まり・・・

 

 


 

s_ice_screenshot_20171230-194819.jpeg

震度1以上の地震2000回超に 依然多い状態続く
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171230/k10011275361000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

s_ice_screenshot_20171230-194141.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194228.jpeg
ことし、震度1以上の揺れを観測した地震の回数は、29日夜までに2000回を超えました。熊本地震が起きた去年より大幅に減りましたが、東日本大震災の前と比べると依然として多い状態が続いていて、気象庁は備えを進めるよう呼びかけています。



2017年地震情報
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/

s_ice_screenshot_20171230-194306.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194343.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194405.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194419.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194432.jpeg
s_ice_screenshot_20171230-194450.jpeg


*管理人コメント
2017年の1年間は大震災クラスの大地震はありませんでしたが、震度5前後の中規模な地震が長野や鹿児島などで頻発していました。特に本州のど真ん中にある「中央構造線」のエリアで地震が多く見られ、2016年に発生した熊本地震の影響がジワジワと波及している可能性が高いです。

東の海溝で発生した東日本大震災、西の九州で発生した熊本地震。この2つの地震に挟まれている場所は日本の本州中部となるわけで、次の巨大地震はそこで起きることになると私は見ています。
それこそ、東南海大地震や関東大震災が同時に発生する事態も否定できず、今から次に備えておくことが大切です。










ニトムズ 家具転倒防止安定板 ふんばる君 90 M5880


Q-Beau テレビ 転倒防止 TV 固定 地震対策ベルト 耐震ストッパー 2本セット,ボルトとハードウェアが含まれて
関連記事

« アメリカ国内の国連部隊と内戦について | トップページ | <超悲報>中国が脱原発へ!「再エネ」低コスト化成功で世界をリードする立場に!⇒ネット「日本は未だに原発再稼働」#クロ現+ »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ国内の国連部隊と内戦について | トップページ | <超悲報>中国が脱原発へ!「再エネ」低コスト化成功で世界をリードする立場に!⇒ネット「日本は未だに原発再稼働」#クロ現+ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ