カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 2018年に中国で自動運転車が量産体制に | トップページ | 【放射能汚染】福島県郡山市・二本松市で高い放射能!今も測定器が鳴り響く!2017年の測定 »

2018年1月16日 (火)

【重要兵器】日本政府、電子攻撃機「EA18G」の導入検討へ!電磁波で電子機器を無力化!

2018.01.02 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(16)

【重要兵器】日本政府、電子攻撃機「EA18G」の導入検討へ!電磁波で電子機器を無力化!

 

 


 

s_ice_screenshot_20180102-082201.jpeg


政府が電磁波を使って攻撃ができる「電子攻撃機」の導入を検討していることが分かりました。報道記事によると、候補として米ボーイング社の「EA18G」などが浮上しており、2018年末にも盛り込む方向で調整中とのことです。

この電子攻撃機は大量の電磁波を送り込むことで地上の施設だけではなく、飛んでくる敵の対空ミサイルなども誘導して無力化することが可能だと言われています。
爆弾などで直接破壊する兵器とはニュアンスが異なることから、日本国憲法の面からも色々と賛否両論の意見が相次いでいるところです。


電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25274060R31C17A2MM8000/

 政府は電磁波を使って敵の防空網や指揮通信システムを無力化する電子戦用の攻撃機を導入する検討に入った。米ボーイング社の「EA18G」などを候補とし、2018年末に改定する中期防衛力整備計画(中期防)に盛りこむ方向だ。地上の標的も狙えるため、敵基地攻撃能力の保有を巡る議論にも発展しそうだ。



EA-18G (航空機)
https://ja.wikipedia.org/wiki/EA-18G_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

EA-18Gはスタンドオフ電子妨害、護衛電子妨害、自己防御電子妨害などのミッションをこなす機体となるもので、EA-6B(ICAPIII)を基本にした能力を備えている。

電子戦装備としては、AN/ALQ-99戦術妨害装置(TJS)ポッド、AN/ALQ-218(V)2無線周波受信システム、通信対抗手段セット(CCS)を搭載する。また、火器管制レーダーはAN/APG-79アクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーで、F/A-18E/F Block2と変わらない。本機では固定武装はオミットされており、F/A-18E/FではM61 20mmバルカン砲が搭載されることになる機首内スペースにも電子戦用機器を搭載している。また、F/A-18E/Fと共通する部分が多いため、高い対地攻撃能力と対空脅威に対する自己防御能力も有する。


              
 
            
               Twitterで画像を見る         Twitterで画像を見る    
 
       
 
       
             
      

政府が電子攻撃機、しかも候補となったグラウラーからしてエスコートジャマー導入を検討していると知り、この前の資料は現実味があるそれであったのが改めて実感できた…

                         
 
     
   
 
   
      
              
          
   
             
      

巡航ミサイル導入の話に付いては「ああそう?」くらいで流していた面々が、電子攻撃機EA-18Gグラウラー導入と聞いて急に真顔になるくらい、そういう装備なのだけど、世間一般では巡航ミサイルの方がインパクトあるんだろうね。

                         
 
     
   
 
   
      
              
          
   
             
      

電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25274060R31C17A2MM8000/

何、このマニアへのお年玉報道は!?
複座、要員確保はしやすいのかどうなのか。
ノックダウン、MHIで整備はNIPPI岩国?
って事はAARGMとAIM-120も?
遂にファイター艦載機か。
トランプに買わされたのか?

                                      
 
     
   
 
       
             
      

もし万が一、日本の周辺で有事が起きれば、日本は同盟国と共に、必ず戦いに参加しなくてはならない。
憲法を言い訳にするのも、金だけ出すのも、後方支援だけで済ますのも、既に全部やったが、もうそれでは済まない。

電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化  :日本経済新聞

                         
 
     
   
 
       
             
      

電子攻撃機の導入検討 政府、電磁波で通信網無力化: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25274060R31C17A2MM8000/
あれまぁ...今まで政府は敵基地攻撃能力を体系的に整備することを避けてきたが、これはすごい進化だ。これは某誌に出した記事も法的検討で役に立つかも...

                                      
 
     
   
 
       
             
      

日経が新年そうそうキナ臭いニュース。
巡行ミサイル、空母、艦上戦闘機、それに今度は電子攻撃機まで。どこが「専守防衛」か。
9条改憲で、米国とともに侵略戦争できる国づくりへ。アベ政権は「自衛隊と書くだけ」と言うけど、頭隠して尻隠さずッス。 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25274290R31C17A2PE8000/

                                      
 
     
                      
 
       
             
      

第4次F-Xで、スパホがもしかしたら採用されるかもとたしかツイッターでも書いてて、その理由が「将来的にグラウラーも運用できるかもしれないから」だと思っていた時期がありました。空自に欠けている能力の一つが電子戦でパスファインダーを務める電子攻撃機だったので(2016年リノ・ステッドで撮影)

                         
 
     
   
 
       
             
      

F/A-18Gを念頭に電子攻撃機の導入を検討とはいうものの、今まで自衛隊が扱って来た機体の系統と全く異なるし、整備や部品供給も一から組まないといけないから現場が大変だぞ。

                         
 
     


























関連記事
以上は「情報速報ドットコム」より
軍備の増強は切りが有りません。外交能力のない安倍政権は軍事力に頼ることになります。最後は戦争しかありません。    以上

« 2018年に中国で自動運転車が量産体制に | トップページ | 【放射能汚染】福島県郡山市・二本松市で高い放射能!今も測定器が鳴り響く!2017年の測定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年に中国で自動運転車が量産体制に | トップページ | 【放射能汚染】福島県郡山市・二本松市で高い放射能!今も測定器が鳴り響く!2017年の測定 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ