カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« シリア問題で屈したアメリカ - イスラエルに目を向けるレジスタンス | トップページ | 宇宙飛行士に深刻な健康被害?脳が上方にずれる異変… »

2018年1月24日 (水)

トランプ政権:汚泥一掃進んでいる:軍事裁判のため~輸送:ロスチャイルドの資産~

 

             
      

 

画像の出典: Author:DavidGSilvers. [CC BY-SA] & pixabay [CC0]

トランプ政権による汚泥一掃の経過 ~Wikileaksのジュリアン・アサンジ氏がトランプ政権の保護下で連携してディープステートと戦っている~

--------------------------------------------------------------------------

 

 

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 1 月 1 日のフルフォードレポート英語版と、日本や世界や宇宙の動向さんが取り上げた記事は、基本的に一致しており、トランプ政権による汚泥の一掃は上手く行っているようです。
 これまでの情報では、悪人どもがどうやら、グアンタナモに移送されているらしいということと、30 人以上の議員が“新年に戻ってこない”ということでした。今回さらに、Wikileaksのジュリアン・アサンジ(受理案 亜惨事)氏が、トランプ政権の保護下にあり、連携してディープステートと戦っているとのことです。これは、これまでの情報を総合すると、十分に納得できます。
 フルフォードレポートによれば、“軍事裁判のためにグアンタナモに空輸された”と考えられる悪人どもを、“ロスチャイルドの資産”と表現しています。もう一方の記事では、“もうじき、8 カ国にこれから体制変革が起きます”と書かれています。記事では、その 1 つの国としてイランの名が挙がっていますが、これは少々疑問です。むしろ、イランは体制変革によって、より強大な国になるというのならわかります。
 現在、イランは反政府抗議活動で、アメリカ、イギリス、イスラエル、サウジアラビアによって揺さぶられていますが、この反動は、以前から時事ブログで指摘しているように、いずれイスラエルに返って行きます。イスラエル消滅の引き金が引かれていると考えられます。当然、ロスチャイルド家も滅ぼされることになると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート英語版(1/1)
(前略)

上級加害者の大部分は、キューバのグアンタナモ湾にある米海軍キャンプ行きを言い渡されていると、国防総省情報筋は言う。「国防省が刑務所のグレードアップの為に5億ドルを費やし、多くの軍事警察と海兵隊を送ったので、ロスチャイルドの資産であるジョージ・ソロス、ピーター・ムンク、ピーター・サザーランド、ブッシュ一家、ポデスタ一家他多くは軍事裁判の為にグアンタナモへ空輸された可能性がある」とその情報筋は言う。

「新アメリカ革命がいかに歴史的であると言う多くの兆候の一つとして、30人の議員が新年に戻ってきていないことがある」と、国防総省情報筋は言う。CIA情報筋も、元米大統領ビル・クリントンは司法取引を希望して、元CIA長官ジョン・ブレナン、米モサドトップのラーム・エマニュエル、元副大統領ディック・チェイニー他多くの人について口を滑らせていることを確認している。

(中略)

世界中の人身売買センターが襲撃され、閉鎖されている。サウジアラビアでは、3,000人の子供性奴隷が解放されていると、ロシアFSB情報筋は言う。米国では、特殊部隊が襲撃し、人間奴隷売買者と戦ったので、12月27日に小児性愛天国ディズニーランドで大規模な停電があったと、国防総省情報筋は言う。明らかに関連のある事件として、ワシントンポストの相続人ビル・グラハムとジョーダン・フェルドスタイン(俳優の兄弟)が先週死んだと、その情報源は指摘する。

もう一つの動きとして、「ジュリアン・アサンジが徒党逮捕の為にエクアドル大使館から連れ出されて、彼はマイク・フリンと共に赦免される可能性があるとその情報筋は付け加えた。
また、「クリスマスの日に、デルタフォースが銃、爆薬、金塊とトンネルで前大統領バラク・オバマが所有する大邸宅を襲撃した、それは元タイ首相タクシン・シナワッタ、ブッシュ一家と人身売買をつなぐかもしれない」と国防総省筋は言う。

(以下略)
 
————————————————————————
米海軍特殊部隊がカナダで7台の怪しいコンテナを追跡!
(前略)

http://beforeitsnews.com/prophecy/2018/01/navy-seals-tracking-7-mysterious-shipping-containers-being-tracked-by-sert-qanon-julian-assange-video-2496298.html
(概要)
1月2日付け

(中略)

アサンジ氏がアメリカにいることが分かりました。。アサンジ氏はトランプ政権の保護下にあり、トランプと連携してディープステートと戦っています。
アサンジ氏はアメリカ合衆国をNWOから(しばらくの間)救うことになる重大情報をトランプ政権に提供する代わりに彼の刑事責任は免除されます。
QanonやBと呼ばれる人物が投稿した記事でも同じようなことが伝えられています。

(中略)

・・・少なくとも30人の連邦議員がクリスマスホリデー後にワシントンDCに戻ってきません。
ジュリアン・アサンジ氏は安全な場所にいます。彼は正義のためのキープレイヤーです。

(中略)

ジョージ・ソロスはイランの反政府抗議活動の黒幕ではありません。もうじき、8ヶ国に体制変革が起きます。そしてイランはその一つなのです。

(中略)

さて、つい最近、フロリダを離陸した複数の航空便の応答装置がOFFになっています。それでも何の騒ぎも起きていません。多分、これらの航空便はグアンタナモに向かったのだと思います。

(中略)

アサンジの協力の下でトランプ政権は沼の泥水をきれいにしている可能性があります。ディープステートはトランプ政権の沼の掃除から逃げることができないかもしれません。

 

以上は「新・サファイヤー」のブログより

トランプ革命により政治の世界を大掃除してもらえると大変助かります。日本もお願いします。                                         以上

« シリア問題で屈したアメリカ - イスラエルに目を向けるレジスタンス | トップページ | 宇宙飛行士に深刻な健康被害?脳が上方にずれる異変… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« シリア問題で屈したアメリカ - イスラエルに目を向けるレジスタンス | トップページ | 宇宙飛行士に深刻な健康被害?脳が上方にずれる異変… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ