カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 2018年に中国で自動運転車が量産体制に | トップページ | 【放射能汚染】福島県郡山市・二本松市で高い放射能!今も測定器が鳴り響く!2017年の測定 »

2018年1月16日 (火)

赤道直下の南米エクアドルの町を氷で覆い尽くした「聖書的」な雹嵐

赤道直下の南米エクアドルの町を氷で覆い尽くした「聖書的」な雹嵐         

 

            

             

                2018/01/06             

                                           

         

 

strangesounds.org

 

雹嵐を報じるエクアドルのテレビニュース

 

Teleamazonas Ecuador

 

Sponsored Link


 

南米エクアドルのビブリアンという町が 1月3日、この地では経験したことのない極めて激しい雹(ひょう)の発生に見舞われ、あっという間に町が白く覆われるという事態となったことが報じられています。

 

Francisco Cordova‏

 

PRENSA Virtual‏

 

エクアドルは赤道直下に位置する国で、標高などによりますが、全体的に1年を通して気温の変動が少ない場所ということもあり、こういう激しい雹嵐は珍しい土地柄ではあります。

 

ビブリアンの場所
Google Map

 

雹嵐は、1月3日の午後 4時30分頃から 1時間ほど降り続き、その後、ビブリアンの町は雪国のような光景と変わったと報道では述べられていました。

 

この数年は世界中で異常な雹嵐が多くなっていて、そのたびに報道では「聖書的な」とか「黙示録的な」というような表現が使われることもありますが、雹というものは、「その場所が氷で覆われる」という事象でもあり、その規模がこのように激しいものとなりますと確かに終末的なニュアンスはあります。

 

その日のエクアドル・ビブリアンの様子をご紹介します。

 

 

 

2018年1月3日 雹に覆われた南米エクアドルのビブリアンの光景

 

Diario EL TIEMPO‏

 

eluniverso.com

 

Alvaro Andres Sanmartin‏

 

Teleamazonas Ecuador

 

eltiempo.com.ec

 

-             ミニ氷河期の到来, 異常な現象, 異常気象            , , , ,

以上は「地球の記録」より

赤道直下でこの光景です。如何に異常な気候であるかがわかります。 以上

« 2018年に中国で自動運転車が量産体制に | トップページ | 【放射能汚染】福島県郡山市・二本松市で高い放射能!今も測定器が鳴り響く!2017年の測定 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2018年に中国で自動運転車が量産体制に | トップページ | 【放射能汚染】福島県郡山市・二本松市で高い放射能!今も測定器が鳴り響く!2017年の測定 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ