カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« シリアにおける中国の軍事関与の狙いと意味 | トップページ | 「2人っ子時代」到来 国民の過半数「子供が母親の姓を継ぐのもOK」 »

2018年1月15日 (月)

ネトウヨ元祖・三橋氏逮捕劇はやはり、親米似非右翼の安倍氏に不利:国会が始まれば、日本航空学園への国有地不当払い下げ疑惑も噴出して、安倍氏は万事休す

ネトウヨ元祖・三橋氏逮捕劇はやはり、親米似非右翼の安倍氏に不利:国会が始まれば、日本航空学園への国有地不当払い下げ疑惑も噴出して、安倍氏は万事休す

 

1.安倍氏は、この度、逮捕された経済評論家・三橋氏をなぜ、血税で2時間半も接待したのか

 

 本ブログ前号にて、元ネトウヨ扇動者・三橋氏の、未成年妻への暴行(DV)容疑逮捕事件を取り上げました(注1)

 

 この事件が注目されるのは、昨年12月、安倍氏が、この度、逮捕された三橋氏を総理官邸に招待し、われらの血税で、同氏を長時間、接待していたからです。

 

 首相動静を見れば一目瞭然ですが、安倍氏は毎日、分刻みで、さまざまな人物とのアポを大量にこなしていますが、三橋氏の接待にはなんと、二時間半も使っていました(注2)

 

 上記、三橋氏に関する情報をネットで探すと、以前から、三橋氏をマークしていたブロガーの三橋論がみつかりました(注3)

 

 このブロガーは以前から、三橋氏をマークし、その延長線上に、今日の三橋論が展開されています。

 

 筆者個人は、三橋氏の著作・投稿などを細かくフォローした経験はないのですが、どうも同氏の言っていることはなんだか、支離滅裂だなとは感じていました。上記、三橋論を読んで、それがなぜか、よくわかりました。

 

 ズバリ、三橋氏は典型的なサイコパスのようです。それなら、なぜ、三橋氏が安倍氏から長時間、接待されるほど、気に入られているのかもわかってきました。ちなみに、三橋氏同様、安倍氏もサイコパスではないかと本ブログでは観ています(注4)

 

 2010年に三橋氏が自民党公認で参院選に立候補した際、安倍氏がわざわざ、三橋氏の応援に駆け付けたことがあるそうです。このことから、安倍氏は前々から、三橋氏を気に入っていることがわかります。

 

2.三橋氏逮捕劇の黒幕は安倍官邸ではないようだ

 

 本ブログ前号(注1)では、三橋逮捕劇のウラ事情が今一、読めなかったのですが、上記、三橋論(注3)を読んで、かなり見えてきました。

 

 ネットでは、三橋氏が最近、安倍批判をするようになったので、籠池氏同様に、安倍官邸から切られたのではないかという見方が多いようですが、どうも、そうではないのではないでしょうか。それより、むしろ、安倍氏のお気に入りだからこそ、三橋氏が逮捕されたと観る方が正しいかもしれません、まだ確証はありませんが・・・。

 

 三橋氏の逮捕によって、同氏と安倍氏の関係が国民に知れ渡るのは間違いないのですが、それは、同氏を公邸で接待した安倍氏にとっては好ましくないはずです。

 

 上記、三橋論によれば、安倍氏の支持層であるネトウヨを大量発生させた最大の貢献者こそ、三橋氏のようです。

 

 このネトウヨの一部は、自民党のネットサポーターになって、今の安倍氏を支えているのです。

 

 したがって、三橋逮捕は、安倍支持のネトウヨにショックを与える効果があるので、この逮捕劇の黒幕はやはり、アンチ安倍勢力である可能性が出てきます。

 

3.第二の森友事件に発展しそうな日本航空学園への国有地不当払い下げが表面化

 

 上記、三橋逮捕事件に続いて、今度は第二の森友事件に発展するのは間違いない日本航空学園への国有地の不当払い下げ事件が発覚しています(注5)

 

 この事件は、モリカケ・ヤマカケ疑惑、スパコン疑惑、リニア疑惑、安倍夫妻の大麻疑惑、マルチ商法疑惑、三橋逮捕劇に次ぐものです。安倍氏はどんどん追い詰められています(注6)

 

 やはり、安倍辞任追い込みシナリオの黒幕は、霞が関を牛耳る東大法卒官僚ネットワークなのでしょうか(注7)

 

 ところで、この122日から通常国会が始まりますが、野党第一党・立憲民主の枝野氏は先日のNHKの番組で、今年の確定申告時期前までに佐川・国税庁長官は辞任すべきと発言しています。ちなみに、この人物は東大法卒ネットワークからはずれる東大経済卒です。おのれの出世のため、安倍一派の軍門に下ったのでしょうが、国会での偽証がすでに証明されていますから、このままでは長くは持たないでしょう。

 

いずれにしても、今期国会が始まったら、安倍氏も、ピョンチャン五輪開催のために、しばらくは北朝鮮脅威を国民だましに使えなくなります。そして、もう憶えきれないくらい多数の疑惑噴出で、安倍氏は万事休すです。さらに今度は追い打ちをかけるように、身内の自民からも安倍辞任を画策する勢力が出てきて、安倍氏は自民内に潜むアンチ安倍派と野党の挟み撃ちに遭いそうです、面白くなってきました。

 

注1:本ブログNo.1898昨年12月、安倍氏に会食接待された経済評論家・三橋貴明氏が妻への暴行(DV)で逮捕される:同氏の財務省批判論は、2009年、窃盗容疑で逮捕された高橋洋一氏(元財務省官僚)の批判論とよく似ている』201818

 

注2:時事通信“首相動静(1212)20171213

 

注3:WJF“さようなら、三橋貴明(1)(2)”201818日、9

 

注4:本ブログNo.1741臨時予算委員会で嘘しか吐かない安倍氏はやはりサイコパス:“こんな人物”が日本のトップリーダーであってよいのか!』2017725

 

注5:ライブドアニュース“日本航空学園理事長、政治家の口利き「まったくない」 国有地格安売却 毎日新聞報道を受け会見”201818

 

注6:本ブログNo.1890安倍氏、もはや絶体絶命か:モリカケ・ヤマカケ疑惑、スパコン疑惑、リニア疑惑、夫人のインスタ・大麻疑惑に次いで、マルチ商法疑惑が噴出!官邸によるマスコミ規制の壁が決壊するのは時間の問題か!』20171230

 

注7:本ブログNo.1892モリカケ・ヤマカケ疑惑、スパコン疑惑、リニア疑惑、夫人のインスタ・大麻疑惑、マルチ商法疑惑が噴出:安倍氏の外堀は着々と埋められている、その黒幕は、内閣人事局を潰したい東大法卒の官僚ネットワークか』201811

以上は「新ベンチャー革命」より
安倍政権にまた不利な事件が起きました。何時逮捕されても不思議ではない状況です。それにしても良く体が持っているものと感心します。              以上

« シリアにおける中国の軍事関与の狙いと意味 | トップページ | 「2人っ子時代」到来 国民の過半数「子供が母親の姓を継ぐのもOK」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シリアにおける中国の軍事関与の狙いと意味 | トップページ | 「2人っ子時代」到来 国民の過半数「子供が母親の姓を継ぐのもOK」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ