カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカ国内の国連部隊と内戦について | トップページ | <超悲報>中国が脱原発へ!「再エネ」低コスト化成功で世界をリードする立場に!⇒ネット「日本は未だに原発再稼働」#クロ現+ »

2018年1月30日 (火)

フィリピン・マヨン山が大噴火。噴煙は1万メートルに達し、当局は数日内のさらなる大規模な噴火を警告

フィリピン・マヨン山が大噴火。噴煙は1万メートルに達し、当局は数日内のさらなる大規模な噴火を警告         

 

            

             

                2018/01/24             

                                            

         

 

2018年1月23日 噴火するフィリピン・マヨン山

 

meteoweb.eu

 

thestar.com

 

この数日、環太平洋火山帯の火山や地震などの活動が大変活溌で、

 

・インドネシアのアグン山の大噴火
・パプアニューギニアのカドバール火山
・草津白根山の噴火

 

などの火山噴火が続いており、地震も、

 

・アラスカ M7.9
・メキシコ M6.3
・ペルー  M6.3

 

などがこの1、2日の間に起きていますが、特に激しい噴火を見せているのが、フィリピンのマヨン山です。

 

フィリピン・マヨン山の場所

 

Google Map

 

ふだんのマヨン山。かつては「ルソン富士」と呼ばれたことも

 

Wikipedia

 

現在のマヨン山

 

sky news

 

現在すでに噴煙が1万メートルとなっているのですが、フィリピンの火山地震研究所は「数日以内に、大規模な火砕流を伴う噴火が発生する危険性が差し迫っている」として、警戒レベルを上から2番目の「4」に引き上げています。

 

噴煙の高さは1万メートルを超える

 

nationalgeographic.com

 

 

 

ダラガの街から噴火を見る市民たち

 

standard.co.uk

 

マヨン山は、2006年の噴火で死者行方不明 1300名という大惨事を引き起こしている火山でもあり、現在、少なくとも 5万6000人の住民たちに非難命令が出されていまが、さらに避難する人たちの数が増えていく可能性もあります。

 

スクーターで親子一緒に避難する一家

 

standard.co.uk
世界的に急激に集中している間のある火山の噴火ですが、日本も含めて、今後どのようになっていくのか気になるところでもあります。

 

-             火山噴火と地震活動, 自然災害            , , , ,

以上は「地球の記録」より

やがて日本の富士山も噴火するでしょう。今年か来年か?もうすぐです。  以上

« アメリカ国内の国連部隊と内戦について | トップページ | <超悲報>中国が脱原発へ!「再エネ」低コスト化成功で世界をリードする立場に!⇒ネット「日本は未だに原発再稼働」#クロ現+ »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ国内の国連部隊と内戦について | トップページ | <超悲報>中国が脱原発へ!「再エネ」低コスト化成功で世界をリードする立場に!⇒ネット「日本は未だに原発再稼働」#クロ現+ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ