カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「2018年はどうなる???」:昨年の年末編。都市伝説予言から苫米地予言まで!? | トップページ | アメリカの医薬品当局も日本の厚生労働省も共に認める「SSRI 系抗うつ剤は自殺を後押しする」という事実は今や誰もが知っている。なのになぜ処方は続いている? »

2018年1月19日 (金)

インドの新幹線事業が難航

インドの新幹線事業が難航

インド新幹線
インドに新幹線はまだ無理か

日本の資金援助で建設が進められているインドの新幹線だが、様々な問題が噴出して難航し建設が危ぶまれているようだ。

当初インド政府は完成時期を五年後としていたが、急に四年以内に工事を完成するよう要求し始め関係者を慌てさせているという。

またインド政府との契約に基づき日本側が建設を進めていた新幹線関連の工場に、地方政府が法律違反として立ち退きを命じたという。

地方政府との土地契約が完了していなかったためで、日本側は地方政府にも多額の費用を払って土地を取得しなければならなかった。

さらにインド政府との間で免税の約束を取り付けていたものの、地方政府が税の支払いも要求したため予想外の出費となっているという。

インド政府による新幹線建設に必要な土地収用も遅々として進まず、日本側は撤退したくてもインド政府側がそれを許可しないとのこと。

どうやら新幹線建設のための投資が利権屋に食い尽くされ、肝心の新幹線建設が進まない泥沼状態に陥る可能性が出てきたようだ。
以上は「文殊菩薩」より
完成すればその効果は絶大ですがしかし仲々困難な事業です。                           以上

« 「2018年はどうなる???」:昨年の年末編。都市伝説予言から苫米地予言まで!? | トップページ | アメリカの医薬品当局も日本の厚生労働省も共に認める「SSRI 系抗うつ剤は自殺を後押しする」という事実は今や誰もが知っている。なのになぜ処方は続いている? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドの新幹線事業が難航:

« 「2018年はどうなる???」:昨年の年末編。都市伝説予言から苫米地予言まで!? | トップページ | アメリカの医薬品当局も日本の厚生労働省も共に認める「SSRI 系抗うつ剤は自殺を後押しする」という事実は今や誰もが知っている。なのになぜ処方は続いている? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ