カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ロシアと中国、新たな経済地理を構築 | トップページ | ポールシフトで起こる崩壊とは…時期はきている?システムの崩壊、人類にどのような影響が起こる?、千葉時代(チバニアン)が爆誕!ポールシフトで起 »

2018年1月 1日 (月)

「一帯一路」日本研究センター、東京に創設

「一帯一路」日本研究センター、東京に創設

人民網日本語版 2017年12月01日15:58
                      

日本人研究者数十人の発起による「一帯一路(the Belt and Road)」日本研究センターが11月30日、東京に創設された。人民日報が伝えた。

「一帯一路」日本研究センターの発起人の一人である進藤栄一氏は、「4年あまり前に提唱された『一帯一路』構想は、国際社会から幅広い反響が得られ、実りある効果を蓄積してきた。一方、日本社会ではこれまで、あまり深い理解が得られてこなかった。今回のセンター創設を契機として、『一帯一路』構想に対する日本学術界の研究が強化され、日本政府と国民の認識・理解が促進されるよう望んでいる」とコメントした。

同日、「『一帯一路』構想の枠組みの下でのアジア環境エネルギー協力の道」をテーマとする国際シンポジウムが東京で開催され、在日本中国大使館の程永華大使、日本の福田康夫元首相らが出席した。中日両国の研究者は、「一帯一路」構想の枠組みの下での中日協力問題をめぐり、掘り下げた交流・議論を進めた。(編集KM)

「人民網日本語版」2017年12月1日

以上は「人民網・日本語版」より

26年前に、北京飯店にて開催された、日中友好特別記念会議上で提案した、小生の「東京ー北京を新幹線で結び行く行くはヨーロッパまでつなぐ構想」がここまで来るとは感慨深いものがあります。今では「一帯一路」構想で世界を動かすまでに発展しつつあります。以上

« ロシアと中国、新たな経済地理を構築 | トップページ | ポールシフトで起こる崩壊とは…時期はきている?システムの崩壊、人類にどのような影響が起こる?、千葉時代(チバニアン)が爆誕!ポールシフトで起 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「一帯一路」日本研究センター、東京に創設:

« ロシアと中国、新たな経済地理を構築 | トップページ | ポールシフトで起こる崩壊とは…時期はきている?システムの崩壊、人類にどのような影響が起こる?、千葉時代(チバニアン)が爆誕!ポールシフトで起 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ