カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 第七艦隊の悪夢は続く | トップページ | 日本政府が長距離巡航ミサイルを導入するのは米国の戦争マシーンの一部として中露と戦争する準備 »

2018年1月 8日 (月)

◆ 縁故主義の闇の奥で嗤う「ルパン」 ~伊藤詩織の 『Black Box』を読んで(7)~ (その3/3) ◆

 縁故主義の闇の奥で嗤う「ルパン」 ~伊藤詩織の
Black Box』を読んで(7)~ (その3) 
━━━━━━━━━━

国会の場でも再捜査が取り上げられる。


「国会議事堂などという厳粛な場所で、しかも並み居る
閣僚の前で「ルパン」が連呼されているのだ。
そして、ついには総理大臣までが答弁した。
菅直人氏だ。


「足利事件は四歳の女の子が殺害、遺棄されたという大
変痛ましい事件です。
また犯人ではない菅家さんが、長期間にわたって刑に服
すという冤罪事件でもあります。
近隣で同じような事件が5件もあるという指摘もありま
すので、同種類の事件を防ぐという意味からも、しっか
り対応することが警察等においても必要ではないかと、
感じたところであります」」

(引用終わり)


この本を読むと、警察・検察・裁判所は正義の味方であ
るという神話は消えるだろう。
スリラーよりも読ませる(それも知的に)ので、お勧め
する。


いや、こういう言い方はこの本を矮小化した言い方だ。


この本には日本が書かれている。
この本を読めば日本がわかる。
そういっても褒めすぎではない。


「今思えば、この事件が葬られる当然の理由があったの
だ。


18‐24」である「ルパン」を逮捕してしまえば、科警
研(「科学警察研究所 注 : 兵頭)の誤鑑定が確定す
る。
それは、死刑が執行された「飯塚事件」にも重大な影響
を与えることになるだろう。
そんな「爆弾」を抱えこんでまで「ルパン」を逮捕しよ
うと決断する人間が、霞ヶ関にいなかったのだ。


かくして、「北関東連続幼女誘拐殺人事件」は「爆弾」
と共に葬られようとしている」

(引用終わり)


すでに「飯塚事件」で、「足利事件」と同様のDNA鑑定
を実施して、裁判では死刑。
しかも死刑をすでに執行してしまっている。
清水潔は書いている。


「あの事件。
福岡県で起きた「飯塚事件」だ。
ある男性が女児女児2人を殺害したという容疑で逮捕さ
れた。
証拠の柱の1つが科警研のDNA型鑑定結果だった。
男性は逮捕前も逮捕後も犯行を全面否認したが有罪判決
が下り、死刑が確定した。


その裁判で証拠採用されたDNA型鑑定こそ、菅家さんを
冤罪に追い込んだのと同じMCT118法なのである。
鑑定人も同一人物。


そして、考えたくもないことに死刑はすでに執行されて
いる」

(引用終わり)


整理するとこうだ。


足利事件の菅家利和は、MCT118法鑑定でいちど有罪とな
った。
しかし、この鑑定法自体に問題が見つかった。
新しい鑑定法で鑑定すると、被害者の幼児服に付着した
犯人のDNAと菅家のDNAとが違っており、17年半後に無罪
(
実際は無実)となった。


飯塚事件は同じMCT118法鑑定法で、死刑が決まり、すで
に死刑が執行されていた。
(
本人は最後まで犯行を全面否認)


清水が依頼した専門家によって、新しい鑑定法では、殺
害された幼女の衣服に付着したDNAと「ルパン」のDNA
一致した。
しかし、これで足利事件の真犯人「ルパン」を検挙する
と、誤鑑定のMCT118法鑑定で飯塚事件を死刑にした過去
に照明が当たる。
しかも、飯塚事件では、鑑定書が改ざんされている可能
性さえある。


それで足利事件の真犯人は逮捕されずに今日に及んでい
る。


「五人の少女が姿を消したというのに、この国の司法は
無実の男性を17年半も獄中に投じ、真犯人を野放しにし
たのだ。


報道で疑念を呈した。
獄中に投じられた菅家さん自身が、被害者家族が、解決
を訴えた。
何人もの国会議員が問題を糺した。
国家公安委員長が捜査すると言った。
総理大臣が指示した。
犯人のDNA型は何度でも鑑定すればよい。
時効の壁など打ち破れる。
そのことはすでに示した。

にもかかわらず、事件は闇に消えようとしている」

(引用終わり)


今回の山口敬之の「準強姦事件 逮捕状執行停止問題」
も、逮捕を取りやめた警察のメンツがかかっている。
それは検察審査会の不起訴相当の議決にも現れている。


そう簡単に有罪にひっくり返ることはないだろう。
あってはならないことだが、これが日本なのだ。


ただ、すでに死刑を執行してしまった飯塚事件とは違っ
て、山口敬之の「準強姦事件 逮捕状執行停止問題」の
方が、警察の良識が働きやすいことも確かだ。


それには最低限度、政権交代が起きねばならないだろう。


山口敬之の「準強姦」もみ消し疑惑は、かくも政治的に
きな臭い。
安倍晋三の縁故主義の闇の奥で「ルパン」が嗤っている。


しかしわたしたちは、清水のジャーナリストとしての方
法、「一番小さな声を聞け」を共有しよう。
伊藤詩織の声は、強大な縁故主義の権力に比べたらあま
りに小さいが、それを聞くことをやめたら、わたしたち
も向こう側の「ルパン」と一緒になるのである。



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
           岡本かの子


みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc


ブログ「兵頭に訊こう」
http://m-hyodo.com/


E-Mail
novel@muf.biglobe.ne.jp


発行人 :兵頭正俊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上は「兵頭に訊こう」より

« 第七艦隊の悪夢は続く | トップページ | 日本政府が長距離巡航ミサイルを導入するのは米国の戦争マシーンの一部として中露と戦争する準備 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第七艦隊の悪夢は続く | トップページ | 日本政府が長距離巡航ミサイルを導入するのは米国の戦争マシーンの一部として中露と戦争する準備 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ