カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 今の状況は1930年代と酷似しています。 | トップページ | 中央銀行+カバラ集団 対 トランプ政権 »

2018年2月22日 (木)

異常気象原因とはまた違う、やや不可思議な2018年はじめの世界の光景

異常気象原因とはまた違う、やや不可思議な2018年はじめの世界の光景         

 

            

             

                2018/01/13             

                                            

         

 

それらは偶然かもしれないし偶然ではないかもしれないし

 

2018年1月1日 クロアチア・フヴァル島の何となく示唆的な落雷

 

Facebook

 

Facebook

 

2018年は、年の初めからどちらかというと極端な寒波、あるいは南半球では逆の極端な熱波ですが、そういうやや異常気象的なことがらを取りあげることが多かったですが、そういう気象的な出来事とはまた少し違った意味で印象的な光景が 2018年の最初から頻繁に出現していました。

 

今回は、2018年になってから保存していた世界での光景の中で印象的だったものをいくつかご紹介させていただこうと思います。

 

それぞれに特に説明を入れなければならいなような部分はないと思いますが、中には、「ひとつのごく普通の一般的な現象に、他の一般的な現象が重なって起きた」というようなものも多く、「普通と普通が合わさると異常になる」というような部分がこの世にはあるのだなあと言うようなことを思います。

 

そして、そういう偶然がかさなることでの奇跡的な光景はこの世に実に多いです。もちろん、それらが「本当に偶然なのかどうか」までは何ともいえにいですし、ここではふれないことにしておきたいと思います。

 

では、ここからです。

 

 

 

2018年1月はじめのいくつかの世界の光景

 

 

 

チェルカシに出現した彩雲と漏斗雲の奇跡的な組み合わせ / ウクライナ 1月8日

 

Daniil Ursaky

 

Daniil Ursaky

 

 

 

世界中に配信された富士山の傘雲とレンズ雲 / 日本 1月8日

 

Takashi

 

vk.com

 

 

 

真夏のサンティアゴのやや恐ろしげな積乱雲 / 南米チリ 1月8日

 

twitter.com

 

twitter.com

 

 

 

サンパウロの発生理由不明の「虹色の夕焼け」 / ブラジル 1月10日

 

twitter.com

 

twitter.com

 

 

 

あまりにも低く見えるオクラホマ州の巨大ロール雲 / 米国 1月11日

 

Nicole Gray

 

Nicole Gray

 

 

 

アフリカで目撃された光。推定ではスペースX社ファルコン9の光(確認は取れず) / スーダン 1月8日

 

Dr Marco Langbroek‏

 

Sam Cornwell‏

 

 

 

観光客を驚かせたクレタ島の、かなりUFO的なレンズ雲 / ギリシャ 1月11日

 

Yiannis Gkika

 

Yiannis Gkika

 

 

 

パッと見は何かよくわからないけれど、実は雪で覆われた森林 / ロシア・ムルマンスク 1月9日

 

Artyom Kovalyov

 

Artyom Kovalyov

 

 

 

落雷の域を超えている宇宙戦争のような落雷 / ギリシャ・アテネ 1月12日

 

Christos Doudoulakis

 

 

 

運用目的が一切不明のスペースX社のロケットの打ち上げの光 / カリフォルニア・ヴァンデンバーグ空軍基地 1月8日

 

Independent

 

Independent

以上は「IN DEEP」より

色々な現象があるものです。                             以上

« 今の状況は1930年代と酷似しています。 | トップページ | 中央銀行+カバラ集団 対 トランプ政権 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今の状況は1930年代と酷似しています。 | トップページ | 中央銀行+カバラ集団 対 トランプ政権 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ