現在、支配構造に何が起きているかについて内部告発者が語っています。

つまり、現在、金融カルテルは一般大衆を完全奴隷化するために一般大衆の貧国化を進め、富裕層と貧困層(支配層)の格差を広げようとしています。
一方、企業カルテルは自分たちが造った製品を一般大衆に買わせなければ利益を得ることはできませんから、何も買えないような貧困層が増えるのは自分たちの首を絞めることになってしまいます。
そのため、現在、金融カルテルと企業カルテルの間で対立が起きており、それを解決させるための協議も(他の分野の権力者を加えて)行われているようです。
どちらにせよ、どの分野の権力者たちも結局は自分たちの利益と権力の拡大しか考えておらず、一般大衆は彼等の都合の良いように利用しているだけということです。彼等は世界の一般大衆に金融詐欺や詐欺商品の販売を行い巨額の富を得る(一般大衆を騙して大金をだまし取る)ために、一般大衆に大嘘のCMを流したりねつ造論文を公開しながら詐欺商法を実践しているということです。

http://www.thedailysheeple.com/the-matrix-revealed-cartels-that-run-the-world_122017
(概要)
12月16日付け

2人の内部告発者(支配層)が伝えた世界の支配マトリックスについての情報(一部):


軍、金融、エネルギー、政府、医療、ビジネス、メディア、教育を支配する世界の主要団体は、国境を越えて水平統合された世界的カルテルに拡大しています。

これは単にトップダウンの指揮過程だけに留まらず組織的に徐々に進化しているということです。そして世界的カルテルの各構成要素はお互いに競争し合いながら、同時に連携もしています。
これらの構成要素は長い目でみれば連携した方が利益を得られるということが分かったため競争よりも連携の方向に傾いています。
ただ、世界的カルテルが本当に組織的に進化しているかどうかは疑問です。なぜなら、何をやっても、結局はたった12人の男たちが世界のあらゆるものを支配しているからです。
それどころか、時間と共に、エネルギーなどの強力な団体を指揮している人々は彼等を上回る主役たちを見つけては競争、勝利、破壊へと駆られています。同時に彼等は同じカルテル内で共通する特徴を構築したいがためにカルテルとしての縄張りを独占したいのです。

心理戦に関しては、20年前までは各構成要素が用心深く単独で行っていました。そして各構成要素は大衆を騙す偽装世界を作り上げるための窓口を確保しました。

しかしそのやり方は徐々に変わってきました。 世界的に益々多くの構成要素が同じホログラムを推し進めるようになり、通信と移動の高速化が進む中で多くの構成要素が同じ立場で取り組むようになりました。
鉢合わせになったり情報を共有することも増えお互いに警戒するようになりました。融和よりも競争的要因が強くなり、競う合うことが多くなりました。
その後、各構成要素を覆っていた霧が晴れ、お互いに協力体制を築くことが有益であると理解したのです。
その結果、お互いに信頼できる存在かどうかを確かめるために部外秘の情報を少しずつ提供していきました。。

例えば、医療関連の構成要素同士が共通性を見つけ、連携して世界規模のプロパガンダ活動を行うようになりました。その結果、世界的な偽装工作(大嘘)が可能となり、互いに大きな利益を得ると同時に広範囲に支配することができるようになったのです。
さらに、他国の構成要素と連携して世界的な心理戦を仕組むことができるようになりました。他国の構成要素と基本資金の調達先を同一にし、複数の国の諜報専門家から共に指示を受けながら、徐々に新たな傘構造が出来上がってきました。

金融カルテルが計画的経済危機を秘密裡に仕掛ける時は、医療カルテルが偽の伝染病を発生させて人々の気を動揺させます。このように各構成要素のリーダーたちが連携して動くことで巨大利益を得るようになってきたのです。立案者たちはこれまで以上に知的で賢くなってきています。彼等はこれまでやったことがない一線を超えています。つまり巨大利益と権力を得るために多国籍、多分野が連携して動いているということです。
人々はお金が全てだと考えがちですが、金融カルテルなどが一般大衆の所持金を制限できるようになれば、最終的に、一般大衆の立場は弱くなり彼等に屈服しやすくなり支配されやすくなります。
その反面、巨大企業は、自社製品を購入する顧客がほしいため、前例のないやり方で協力し合い、これまで以上に権力を勝ち取り、独占範囲や市場を拡大することができるようになります。
巨大企業は一般大衆がみじめなほどに貧しくなることは望んでいません。なぜなら一般大衆に彼等の製品を買わせたいからです。
そのため、現在、金融エリート(金融カルテル)と巨大企業(企業カルテル)との間で激しい対立が起きています。この問題を解決するには長期的な事前計画を立てる必要があります。
現在、両カルテルの権力者らは新たな方法で協議を行っています。もちろん他の分野の大物(例えば政府、メディア、エネルギーカルテルなも)も協議に加わっています。
現在の支配マトリックスはこのようになっています。