カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« イスラエルの宗教指導者に「救世主」と呼ばれたトランプ大統領政権下の1年目のアメリカの自然災害の被害は「建国史上最悪」であることが NOAA の発表で判明 | トップページ | 諸葛孔明のモデルとなった天才軍師の劉伯温 »

2018年2月20日 (火)

ニトリ会長が日本経済に警鐘!似鳥昭雄氏「消費が減っている。赤字ばかり。株価は下落する」

ニトリ会長が日本経済に警鐘!似鳥昭雄氏「消費が減っている。赤字ばかり。株価は下落する」

 

 


 

s_ice_screenshot_20180125-160511.jpeg

ニトリ会長の似鳥 昭雄(にとり あきお)氏が2018年の日本経済に警鐘を鳴らしました。

似鳥氏は昨年からの経済動向を見て、「景気も晴れ時々曇りで、デフレ景気はまだまだ続いていく。主要30業種で好景気なのは通信、旅行、電子部品など6業種で、あとは6業種が薄日、残り18業種が曇りか雨。中小企業も曇りか雨なので、国内に楽観できる要素はないですよ。この資料を見てください」と述べ、一部の企業以外は非常に苦しい状態だと指摘。

会長が示した資料によると、スーパーや百貨店、ドラッグストア、アパレル、住宅産業などは軒並み売り上げが減少しているとのことです。

日本企業は赤字がズラリと並んでいる状態で、このような日本経済の実態について会長は「たとえばホームセンターが、『真っ赤』でしょう。この5~6年、ホームセンター業界は需要が増えていないんです。それなのに、お互い出店ラッシュで限られたパイを喰い合ってしまっている。最盛期のホームセンターは坪当たり年間340万円くらいの売り上げだったのが、いまは平均70万円くらいまで下がっている。一店あたりの面積拡大とオーバーストアが原因です」と分析しています。

日本人の購買力が減少しているとして、客商売の企業は大半が赤字になると予測。その結果、今年の日本経済は弱体化し、日経平均株価も時間の問題で2万円以下になると似鳥氏はコメントしていました。
このままだとアメリカのように中小企業がドンドン潰れ、最後はアマゾンのような会社だけしか残らないと会長は見ているようで、日本の現状に強い危機感を持っていると明らかにしています。


変化しない者は生き残れない
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54073?page=4

似鳥会長は言う。

「われわれの業界にしても、これまでは家具、小物、家電などとジャンルがわかれていたのを、うちはすべて扱っている。暮らしの向上にはそのすべてが必要だからですが、業種が互いに垣根を越えて、場所取り合戦がどんどん熾烈になっている。

しかも、少子高齢化で全体のパイも減っていくのだから、これはもう大変な生存競争です。

こうなるときついのは中小はもちろんですが、大企業も例外ではありません。大企業であるほど大きな負債を抱えていることが多いので、いったん業績が傾き出すとすぐに耐えきれなくなってしまう。

有名企業であっても倒産、吸収合併される事例はどんどん増えていく。まさに『戦国時代』です。

この戦いが始まるのがまさに'18年で、'19年、'20年にかけてより激しくなっていく。企業はいまから準備をしておかないと、いままで通りのことを続けているだけではパイを奪われるだけです。

ただ、逆境こそチャンス。わが社でもいまから対策を練っていますが、その自分たちの対策が通用するか楽しみです。同じ人生なら、この『戦国時代』をドキドキハラハラしながら楽しんでいきたい」

果たしてこの過酷な闘いを、どれだけの企業が生き残れるのだろうか。

「週刊現代」2018年1月20日号より

   
 
       
             
      

少子高齢化と巨額の財政赤字がボディーブローの様に日本経済を蝕み続けているので何かちょっとでもアクシデントが有れば一気に日本は崩壊に向かう。今年後半にはリーマンショックを超えるインパクトが襲うかもしれん / “ニトリ会長が2018…” http://htn.to/2dEpV3D 

                                      
 
     
   
 
       
             
      

ニトリ会長が2018年の日本経済を大予測!「今年はズバリ…」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54073
頭に留めておこう。 自分の中でも、投資分野では調子こいてしまいそうな気分になって来ている。

                         
 
     
   
 
       
             
      

デフレ下で業績を伸ばした企業だから半分はポジショントークなんだけど、景況感についてはガチ。財務省や日銀の大本営発表とここまで乖離したガチな事実を言う経営者は珍しい。俺が安倍なら暗殺を指令するレベル / “ニトリ会長が2018年の…” http://htn.to/M7NzgD 

                                      
 
     
   
 
       
             
      

アメリカの田舎町に住んでいたのももう10年も前になる。
その時には羽振りをきかせていた企業がどんどん無くなっていく…これが時代か… / ニトリ会長が2018年の日本経済を大予測!「今年はズバリ…」 (現...http://npx.me/JzDg/tI89 

                         
 
     
   
 
       
             
      

「消費傾向」が変わった
似鳥会長がその資料を一枚、一枚とめくると、目に飛び込むのは赤、赤、赤……どの業界も売り上げ減少に歯止めがかからない不況局面に入っていることがわかる。週刊現代http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54073?page=2  
これ大変な事態だ。

                                      
 
     
   
 
       
             
      

パラノイアだけが生き残るっていう格言を思い出すような内容。事業計画の前提となる市場予測は基本的に悲観的なほうが良いと思う。 / ニトリ会長が2018年の日本経済を大予測!「今年はズバリ…」 (現代ビジネス)http://npx.me/JzDg/ert7 

                         
 
     
   
 
       
             
      

今夜、ダイヤモンド経営者倶楽部さんの賀詞交換会で似鳥会長の講演を伺う予定なので予習。大企業の社長なのに…いや、だからこそ様々な業界データしっかりと把握して予測を立てていらっしゃるんですね。

中小...http://npx.me/JzDg/HtXC 

                         
 
     
   
 
       
             
      

良記事。用心しないと。

ニトリ会長が2018年の日本経済を大予測!「今年はズバリ…」 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54073 #

                         
 
     






















関連記事
以上は「情報速報ドットコム」より
アベノミクスが日本経済をダメにした原因です。             以上

« イスラエルの宗教指導者に「救世主」と呼ばれたトランプ大統領政権下の1年目のアメリカの自然災害の被害は「建国史上最悪」であることが NOAA の発表で判明 | トップページ | 諸葛孔明のモデルとなった天才軍師の劉伯温 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イスラエルの宗教指導者に「救世主」と呼ばれたトランプ大統領政権下の1年目のアメリカの自然災害の被害は「建国史上最悪」であることが NOAA の発表で判明 | トップページ | 諸葛孔明のモデルとなった天才軍師の劉伯温 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ