カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 逮捕のスパコン社長と山口敬之氏の間に浮上した疑わしき政界人脈(3/4) | トップページ | フィンランドの海岸に出現した「均等の大きさの無数の氷のボール」。正確な発生メカニズムは不明 »

2018年2月 3日 (土)

千葉・市原市:チバニアンの土地取得へ 予算案に費用計上

千葉・市原市:チバニアンの土地取得へ 予算案に費用計上

       

毎日新聞 / 2018年1月31日 7時0分

   

 

               
            
                                                                    写真写真を拡大する                                                             
                         

養老川(手前)沿いにあるチバニアンの申請の根拠となった地層「千葉セクション」=千葉県市原市で、海老名富夫撮影

                    
                       
                         

 地質学上の時代名になる見通しの「チバニアン」(千葉時代)の根拠となる千葉県市原市田淵の地層について、国の天然記念物指定を目指している同市は、指定された場合に区域内に混在している民有地を買い取ることを決めた。来年度当初予算案に関連経費など計約3000万円を盛り込む。土地取得費用の8割は国、1割は県から補助を受ける予定。

 同地層は昨年11月、国際学会で77万~12万6000年前(中期更新世)を代表する基準地に内定。正式決定は早くて今年12月ごろとみられている。

 地層周辺は民有地のほか県有地も入り交じっているが、正式決定を受けるには「適切な保護体制が整備されている」ことが求められているうえ、決定後には見物客も多く訪れるとみられている。

 市は貴重な地層の保存と活用の両立を図ることを目指しており、天然記念物指定のための申請手続きを行っている。文部科学相あての意見具申書を県に示しており、県が31日に文化庁に提出する。

 また市は指定後の活用を見据え、地層をはぎ取る予算も計上した。はぎ取った地層は市内の施設で展示する。【信田真由美】

                    
   

 

 

外部リンク

 
以上は「毎日新聞」より
見学者が急増中です。国際的に承認されたら、今度は世界中からの見学者が増えるでしょう。それに備えた準備が必要です。現在、地球はポールシフトが進行中です。チバニアン以前に戻りつつあるのです。したがって余計に注目が集まるのです。                                    以上

« 逮捕のスパコン社長と山口敬之氏の間に浮上した疑わしき政界人脈(3/4) | トップページ | フィンランドの海岸に出現した「均等の大きさの無数の氷のボール」。正確な発生メカニズムは不明 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉・市原市:チバニアンの土地取得へ 予算案に費用計上:

« 逮捕のスパコン社長と山口敬之氏の間に浮上した疑わしき政界人脈(3/4) | トップページ | フィンランドの海岸に出現した「均等の大きさの無数の氷のボール」。正確な発生メカニズムは不明 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ