カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 逮捕のスパコン社長と山口敬之氏の間に浮上した疑わしき政界人脈(3/4) | トップページ | フィンランドの海岸に出現した「均等の大きさの無数の氷のボール」。正確な発生メカニズムは不明 »

2018年2月 3日 (土)

2018年ダボス会議が閉幕

2018年ダボス会議が閉幕

 

朝鮮半島統一旗
悲願の朝鮮半島統一が実現するか

スイスで1月23日から26日まで、世界から約3000名が出席して開催されていたダボス会議が閉幕した。

今回の会議の全体テーマは「分断された世界で共通の未来を創る」というもので、分断国家となってきた朝鮮半島がイメージされる。

実際に参加者が最も関心を寄せていたのは、北朝鮮での戦争勃発の危機と大量破壊兵器使用の恐れであった。

トランプ大統領は北朝鮮に最大限の圧力をかけると宣言し軍事力の強化を訴えたと報道されているが、これは表向きのポーズであろう。

舞台の裏では、平昌オリンピックを前に朝鮮戦争の終結、あるいは朝鮮半島統一に向けたプロセスが話題となったと思われる。

スイスは金正恩が留学していた国でもあり、これまでも北朝鮮と米国の秘密交渉がスイスの仲介で進められてきたからだ。

悲惨な戦火を避けられるかどうかは、半月後に迫った平昌オリンピックで朝鮮民族の団結を世界にアピールできるかどうかにかかっている。

 
以上は「文殊菩薩」より
ここでも日本の安倍政権は国際的孤立化しています。以上

« 逮捕のスパコン社長と山口敬之氏の間に浮上した疑わしき政界人脈(3/4) | トップページ | フィンランドの海岸に出現した「均等の大きさの無数の氷のボール」。正確な発生メカニズムは不明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年ダボス会議が閉幕:

« 逮捕のスパコン社長と山口敬之氏の間に浮上した疑わしき政界人脈(3/4) | トップページ | フィンランドの海岸に出現した「均等の大きさの無数の氷のボール」。正確な発生メカニズムは不明 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ