カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカ、ウクライナへの殺傷兵器提供を決定 | トップページ | 照明代わりに光る植物 ナノバイオ技術で開発「Xマスツリーにも?」 »

2018年2月10日 (土)

トランプが公表したFISAメモ:混乱とその報復:株価急落とその行方~

トランプが公表したFISAメモ:混乱とその報復:株価急落とその行方~

NEW!2018-02-07 21:05:27

      

 

画像の出典: pixabay[CC0] 1 & 2

トランプ大統領が公表したFISAメモによる混乱とその報復 ~株価急落による金融市場の今後の行方~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーわんこ

 

 

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 下から順にご覧ください。トランプ大統領が公表したFISAメモで、民主党が大混乱に陥っている様子が伺えます。mkoさんのツイートによると、民主党のアダム・シフは、“オクラホマのようなテロ事件をもたらす”という言葉で、メモ公開に協力した者たちへの殺害を示唆しています。
 金融市場では、FISAメモ公開の報復として、ディープステートは株価を急落させました。アメリカを破壊して、“トランプに責任を取らせるつもり”だということです。
 ただ、彼らの思惑通りに行くかどうかは、何とも言えません。冒頭の記事を見ると、明らかに、トランプ政権を支える軍部とロシア、中国との間に合意が出来ていることを示すメッセージです。彼らは、金を裏付けとする新金融システムの構築に尽力をしてきたグループのはずで、米ドルの崩壊は織り込み済みのはずです。ただ、新金融システムへの転換は、出来るだけ混乱が少なく、自分たちが望むタイミングで引き起こしたいはず。なので、この金融市場での戦いは、注視しておく必要があります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカ国防総省、「ロシアが北方領土、中国は台湾、北朝鮮は朝鮮半島をそれぞれ領有」
転載元)

アメリカ国防総省、「ロシアが北方領土、中国は台湾、北朝鮮は朝鮮半島をそれぞれ領有」


アメリカ国防総省がロシア、中国、そして北朝鮮の面積を拡大した地図を発表するという、前代未聞の失言をしました。

CNNによりますと、アメリカ国防総省の中軸的な報告の中で発表された虚偽の世界地図では、ロシアが日本との領有権問題の焦点となっている北方領土を、中国が台湾を、そして北朝鮮が韓国全域を領有した状態が掲載されています。

ジャパンタイムズがこの失言について報じた後、数日前にこの表明を行ったアメリカ国防総省はこの誤りに気づき、最終的に6日火曜、これを訂正しました。

この報告はまだ公表されていなかったものの、その最初の写しには一連の地図が掲載されており、ロシア、中国、北朝鮮が実際とは異なる形で表示されており、さらに、北朝鮮の総面積がこの3カ国の間で最も大きく描かれるとともに、朝鮮半島全体に北朝鮮の国旗が描かれています。

アメリカ国防総省の関係者は、この誤りを認めるとともに、「このような表明は、完全に誤ってなされたもので、このことがアメリカとそのアジア同盟国との関係に支障をきたす事はない」と強調しました。
 
————————————————————————
株価暴落はディープステートの仕業?
(前略)
https://www.naturalnews.com/2018-02-05-stock-market-plunge-is-deep-state-nuclear-attack-on-trump-michael-savage-peter-schiff-alex-jones-health-ranger.html
(一部)
2月5日付け

今回の株価急落は、トランプを倒そうとしているディープ・ステートの仕業です。
(中略)
トランプがFISAメモ(トランプの大統領キャンペーンスタッフらに対してヒラリー、オバマ、民主党が違法行為(スパイ)をしていたことを証明するもの)の公開を承認した報復として、ディープステートは株式市場を崩壊させトランプ政権にダメージを与えトランプを倒そうとしたのです。
ディープステートはトランプを倒すためならアメリカを破壊しても構わないと考えています。
(中略)

ピーター・シフ氏によると、(中略)...
ジャネット・イエレンFRB議長が2月3日付けで退任しました。
(中略)
FRBはトランプに責任を取らせるつもりです。金融市場は20%の修正が行われるかもしれません。
 
————————————————————————
配信元)
mko @trappedsoldier

 

 

ロシア疑惑を言いながら、FISAメモを解説しない日本のメディア。ロシアは関係なく、FBI・司法省・民主党クリントン陣営の権力乱用だったのに。アニメで解説してきた「ロシアチームの国家的ドーピング」も、実は「証拠がない」とスポーツ法廷で覆される。これも一言もない!http://theduran.com/rampant-abuse-contempt-court-analysis-gop-memorandum/

ーー

 

「ロシア疑惑」を先頭で絶叫する民主党アダム・シフ。そろそろシフとウクライナの武器商人との関係を明らかにする時だ。 https://twitter.com/TheDuran_com/status/960638332278657024

ーー

 

 

新たな文書! 元Mi6のクリストファー・スティールは、なんとクリントン陣営から渡された情報を基に文書を作成していた! クリントンから金をもらって? この事実を知りながら開示せず、カーター・ページが「ロシアに協力している」と騙し、盗聴許可を引き出したFBI・司法省https://www.rt.com/usa/417924-referral-steele-clinton-campaign/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Katie Bo Williams

@KatieBoWill

 

 

 

 

Grassley and Graham have released a redacted copy of their criminal referral of Christopher Steele. This paragraph jumped out at me in light of Nunes' statement on Friday that "Phase II" of his investigation includes the State Department.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

mko @trappedsoldier

 

 

リンゼイ・グラハムから司法省ローゼンスタインへの報告。のり弁!
しかしスティールにクリントン陣営が金も情報も渡していた事実は、かろうじて暴露されている。のりの裏には、CIA・DIA?https://www.judiciary.senate.gov/imo/media/doc/2018-02-02%20CEG%20LG%20to%20DOJ%20FBI%20(Unclassified%20Steele%20Referral).pdf

 

 

 

「ロシアは米国憲法の第2修正条項を宣伝して、我々をお互いに殺し合わせようとしているんだ」―大真面目に語るアダム・シフ。FISAメモの公表に必死で反対する民主党議員https://youtu.be/4r9bpTULXsE 

 

 

 

元連邦検事ディジェノヴァ「判明したのは司法長官ロレッタ・リンチ、次官のサリー・イェーツ、ブルース・オーら省幹部が法を破り、犯罪を犯し、それをヒラリー・クリントンが隠蔽。さらに実在しないロシア疑惑を使い、大統領候補を攻撃し、さらに大統領を破滅させようと共謀」http://russia-insider.com/en/partisan-reaction-nunes-memo-suggests-america-headed-crack/ri22446

 

「FISAメモを公表すれば、オクラホマのようなテロ事件をもたらす」―アダム・シフ。自分の尻に火? 錯乱を加速させるシフ https://twitter.com/TheDuran_com/status/960484808345440256

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上は「新・サファイヤー」のブログより

ケネデイ暗殺や「9.11テロ」「3.11テロ」などを引き起こしてきた悪人どもとトランプ政権が現在戦っています。その意味ではトランプ政権を応援したいと思います。以上

« アメリカ、ウクライナへの殺傷兵器提供を決定 | トップページ | 照明代わりに光る植物 ナノバイオ技術で開発「Xマスツリーにも?」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アメリカ、ウクライナへの殺傷兵器提供を決定 | トップページ | 照明代わりに光る植物 ナノバイオ技術で開発「Xマスツリーにも?」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ