カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« マスコミの偏向を浮き彫りにするアヘド・タミミとバナ・アラベド、二人の少女の物語 | トップページ | 大西恒樹の「日本から世界を変える動画vol_001/消費税」 »

2018年2月19日 (月)

HAARPモニター観察:久しぶりの300nTの地震電磁波到来!

HAARPモニター観察:久しぶりの300nTの地震電磁波到来!                      

 

 

                                 みなさん、こんにちは。

羽生五輪連覇66年ぶりで湧いていた昨日だが、今年になって久しぶりに地震電磁波が出てきたので、一応これをメモしておこう。大きさはそれほど強烈ではなく、300nT程度のものである。

どういうわけか、ここ数日以上ずっと成層圏の電子濃度だけが減り続けていた。

そんなわけで、ずっと観察は続けていたのである。

カナダモニター群

a0348309_14113513.png

NOAAのモニター群

地磁気揺らぎ

a0348309_14112772.gif

X線揺らぎ

a0348309_14121175.gif

a0348309_14121578.gif

電子濃度

a0348309_1413013.gif

問題は方向性だが、我が国の方ではなさそうだ。

印象としては、この間台湾に来た地震の時とも似た感じがするが、火山の噴火という可能性もある。


今後を注目していきたい。


ちなみに、関東一帯にもHAARPの電磁波が照射され続けている感じも否めない。


いやはや、世も末ですナ。
以上は「井口和基氏」ブログより
被害が出ないことを祈るだけです。              以上

« マスコミの偏向を浮き彫りにするアヘド・タミミとバナ・アラベド、二人の少女の物語 | トップページ | 大西恒樹の「日本から世界を変える動画vol_001/消費税」 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HAARPモニター観察:久しぶりの300nTの地震電磁波到来!:

« マスコミの偏向を浮き彫りにするアヘド・タミミとバナ・アラベド、二人の少女の物語 | トップページ | 大西恒樹の「日本から世界を変える動画vol_001/消費税」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ