カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 2018年ダボス会議が閉幕 | トップページ | 現在の支配構造の変化について »

2018年2月 4日 (日)

フィンランドの海岸に出現した「均等の大きさの無数の氷のボール」。正確な発生メカニズムは不明

フィンランドの海岸に出現した「均等の大きさの無数の氷のボール」。正確な発生メカニズムは不明         

 

            

             

                2017/12/13             

                                            

         

 

2017年12月11日 フィンランド湾沿岸

 

Daniil Ursaky

 

この現象を報じるロシアのニュース

 

Russia 24

 

 

 

フィンランドとエストニアに囲まれたフィンランド湾のいくつかの沿岸で、12月11日、「無数の氷の球体が沿岸に出現する」という現象が発生しました。

 

Russia24

 

Daniil Ursaky

 

フィンランド湾の場所Google Map

 

このような氷の球体は、極めて低い気温の場合に何度か現れたことがありますが、その明確な理由が説明されたことはありません。

 

湖面に張った氷と風の影響によって作られるのではないかというように一般的に言われていますが、どうしてこのような状態に至るのかは説明されていません。

 

報道の写真を見てみますと、ほとんどの氷の球がほぼ均等の大きさであり、こういうあたりも不思議さを放ちます。

 

ロシアの報道より

 

Russia24

 

 

この球体は、昨年 11月にはロシアに現れていまして、その際には、

 

ロシア極北の海岸に出現した「無数の氷の球体」

 

という記事でご紹介したことがあります。

 

2016年11月にロシアのオビ湾沿岸に出現した氷のボール

 

vk.com

 

その前は 2014年1月にアメリカのミシガン湖に出現したことがありますが、私自身が知っている例はそれだけです。

 

他にも例はあるのでしょうけれど、それにしても、相当にレアな現象と言えそうです。

 

そして、この現象もまた異様な寒波と「今までとは違う何らかの風や波を作り出す天候システム」の中でしか見られないものでもありますので、今年はさらにこの事例が世界で出現するかもしれません。

 

-             ミニ氷河期の到来, 奇跡の光景, 異常な現象            , , , ,

以上は「地球の記録」より

極端な低温と風と波のコラボレーション。              以上

« 2018年ダボス会議が閉幕 | トップページ | 現在の支配構造の変化について »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年ダボス会議が閉幕 | トップページ | 現在の支配構造の変化について »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ