カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「エイリアンの侵略」(後編) : 米国政府当局はおそらくUFOのことを何も知らない。そして、それらの「正体」はニューヨークの聖母マリアが語ったことにあると確信する今 | トップページ | フルフォード英語版:ハザールを倒すため1万件極秘起訴:米軍が世界的展開:ガン利権にメス »

2018年2月 6日 (火)

軍事的な緊張が高まる中、米海兵隊総司令官もロシアや太平洋で戦争が近づいていると判断している

 

 

      
        カテゴリ:カテゴリ未分類    
            
    ​戦争が近づいている​とする判断をアメリカのロバート・ネラー海兵隊総司令官はノルウェーで明らかにした。その舞台として想定しているのはロシアと太平洋だ。

アメリカの国家安全保障戦略ではジョージアやウクライナに対するロシアの「侵略」が指摘されているが、前者はアメリカとイスラエルを後ろ盾とするジョージアが南オセチアを奇襲攻撃して反撃されたであり、後者はネオコンがネオ・ナチを利用して実行したクーデターに反発したクリミア住民の意思。つまり、南オセチアとウクライナへの侵略計画がアメリカの思惑通りに進まなかったということだ。しかも中東ではシリアの体制転覆に失敗、ロシアの影響力が強まっている。

こうした状況を逆転するため、アメリカはロシアや中国に対する軍事的な圧力を強めてきた。そうした流れに逆らい、ロシアとの関係修復を訴えて大統領に選ばれたのがドナルド・トランプだったが、民主党、CIAやFBIの幹部、有力メディアなどの反ロシア・キャンペーンに押され、関係修復は難しくなっている。

日本に配備される地上配備型イージスシステム「イージス・アショア」や韓国のTHAAD(終末高高度地域防衛)はヨーロッパに配備されたミサイルと同じように、ロシアや中国を威嚇、場合によっては先制攻撃に利用するためのもの。12月8日に小野寺五典防衛相は長距離巡航ミサイル(JASSM-ER、LRASM、JSM)を導入すると表明したようだが、その理由もネラー総司令官の発言が示している。

「朝鮮が相手なら勝てる」と高をくくることは危険。朝鮮だけが相手でも日本は無傷でいられないだろうが、朝鮮は中国やロシアに対する戦争の準備を進める口実として、また戦争を始める時の引き金に利用されるだけだろう。    
       
   
以上は「櫻井ジャーナル」より
一旦戦争が始まれば世界的な全面核戦争はさけられません。人類の滅亡になります。それでも戦争を望む輩は自分だけは生き残れるとでも思っているのでしょうか?               以上

« 「エイリアンの侵略」(後編) : 米国政府当局はおそらくUFOのことを何も知らない。そして、それらの「正体」はニューヨークの聖母マリアが語ったことにあると確信する今 | トップページ | フルフォード英語版:ハザールを倒すため1万件極秘起訴:米軍が世界的展開:ガン利権にメス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「エイリアンの侵略」(後編) : 米国政府当局はおそらくUFOのことを何も知らない。そして、それらの「正体」はニューヨークの聖母マリアが語ったことにあると確信する今 | トップページ | フルフォード英語版:ハザールを倒すため1万件極秘起訴:米軍が世界的展開:ガン利権にメス »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ