画像の出典: Author:Koyos [Public Domain] & pixabay [CC0]

巨大なペドフィリア・ネットワークを裁判で暴く予定の男が獄中で殺される ~巨大なペドフィリア・ネットワークの頂点には王室の人間が居る~

 

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 

イギリス王室の誰かが、かかわっている確かな証拠が消された。

 

王室の存続が危ぶまれる方向へ行くのが、、、、・

 

小児性愛 殺人 異常性のあるペドファイル・ネットワークとは。

 

王室に深いかかわりのある人間が裁判での証言を閉ざされる。

 

暗殺が、又行われたようだ。

 

恐ろしい組織だ。

 

 

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 

 

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 裁判で、“巨大なペドフィリア・ネットワークを暴く証言をする予定だった”男が、刑務所の中で殺されたようです。引用元の記事によると、この男はハリウッドのワインスタインと似たような手口で、駆け出しのモデルや女優を食い物にしていたようです。この男が逮捕されたのは、子供の時にレイプされた数人の被害者が告訴に踏み切ったからだということのようです。
 記事によると、この男は英王室と深い関わりがあり、看守に、王室について、“この連中が子供にどんなことをしているか知ったら、もう眠れなくなるだろう”と言っています。
 予想通りですが、“巨大なペドフィリア・ネットワーク”の頂点には、王室の人間が居るということです。ダイアナ妃ですら簡単に暗殺する連中なので、自分たちに都合の悪い者を消すのに何の罪悪感も持っていないでしょう。
 犯罪集団と言える王家を諜報機関が守っているわけです。こうした事を一般の人が知るようになれば、王家の存続は不可能だろうと思います。彼らが一番恐れているのは、このことでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
警察:獄中のマックス・クリフォードが、ペド仲間を売る前
に殺される
転載元)
有名人の宣伝屋で子供虐待有罪犯が、証言する前に、獄中で殺される

(前略)

Jay Greenberg, www.neonnettle.com
December 10, 2017



有罪ペドファイルの Max Clifford は、エリートのペドフィリア・ネットワークを暴露する準備をしていた




有罪とされたエリート・ペドファイルのマックス・クリフォードは、巨大なペドフィリア・ネットワークを暴く証言をする予定だったが、死んで発見された、と警察は発表した。
http://www.neonnettle.com/tags/pedophile http://www.neonnettle.com/tags/police

歴史的な子供への性犯罪で、8 年の禁固刑に服役中だったクリフォードは、意識を失い「口から泡を吹く」状態で、獄中で発見され、病院へ急送されたが、のち “心臓発作” で死んだ。

政治的な、有名人のための宣伝屋だったクリフォードは、2014 年に逮捕される前は、イギリスでも最も強力な、上流へのコネをもつ人物の一人だった。

彼は、“Jimmy Savile スキャンダル” の後を受けて始められた、ロンドン警視庁の調査――Yewtree 作戦――の下で、数多くの告発を受けて有罪とされた。
https://en.wikipedia.org/wiki/Operation_Yewtree

アメリカの Jefferey Epstein の英国版と目されるこの男は、イギリス政界の上層部と深いつながりがあり、王室とはファースト・ネームで呼び合う仲で、恥をさらした有名人を、最も愛された家族の名前のどれかに、変えてやることで有名になった
https://en.wikipedia.org/wiki/Jeffrey_Epstein

(中略)

一人の警察官は、この死を「疑わしい」として、こう述べた:――
自殺と考えられるようなものは何もありません。遺書もなく、死ぬ前に、何か異常な振る舞いがあったということもない。

「口から泡を吹くという症状は、自然に起こったとは考えられない、ということもあります。

「これは典型的な、疑わしい死であって、おそらく殺人でしょう。

しかし上から命令があって、発見者を“証人”とし、彼は “心臓発作で死んだ” と記録するように言われました。

(中略)

看守の一人によれば、彼は、誰かわからぬ「スーツを着た男たち」の訪問を、毎日、受けていたという。

(中略)
彼はよく言っていた――“オレが王室について知っていることが、ここから出るチケットになるだろう” と。

「お前はどんな種類のことを知っているのだと、私が訊ねると、彼は言った――“あんたに子供はあるか? もしあんたが、この連中が子供にどんなことをしているか知ったら、もう眠れなくなるだろうなあ

  (中略)

クリフォードは、報告によると毎日のように、スーツを着た役人たち(訪問者)と、秘密の会合に出席していた。

この看守の話では、この会合は私的な部屋で行われ、刑務所のスタッフでさえ、彼が会っていた訪問者が、どういう人たちか知らない。
  (中略)

「訪問者の許可証をもって、ここへ入ってくる者は誰もいない――警官でさえ。しかしこの連中はそれを超えた者たちだった。」

クリフォードは、こうした会談について、固く口を閉ざして語らなかったが、最後に、彼らは「彼が知っていること」と引き換えに「第 2 の人生の道を開いてやる」と言ってくれた、とだけ言った。

(中略)

クリフォードは、世界で最も豊富な体験をもつ、子供殺しペドファイルの一人、ジミー・サヴィルと親密な交流があった。サヴィルは、イギリスのエリート・ペドフィリア集団のために、子供をあっせんしたと信じられている。
https://en.wikipedia.org/wiki/Jimmy_Savile http://www.neonnettle.com/tags/elite

裁判を通じて、彼は、子供の性的虐待に関して彼が情報をもつ人々の、名を明かすことを拒否した。
http://www.neonnettle.com/tags/sexual-abuse

有罪決定後、彼は、彼に不利な圧倒的な証拠にもかかわらず、無罪の抗議をしつづけた。

控訴裁判所は、翌月から、自分への判決を不服とする彼の裁判を、開く予定だった。
――以上

以上は「新・サファイヤー」のブログより

ダイアナ妃も暗殺する英国王室ですから、ほかにももっと悪いことをやっていることでしょう。                        以上