カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ビットコインを買い込む日本人投資家の末路 日本人はいちばん遅れてブームに乗ってきた(2/4) | トップページ | 米国がイスラエルやサウジアラビアとイランの体制転覆工作を始める中、朝鮮半島の緊張は一段落 »

2018年2月14日 (水)

ベネズエラ、自国暗号通貨保証に石油50億バレル

東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    ベネズエラのマドゥーロ大統領

    ベネズエラ、自国暗号通貨保証に石油50億バレル

                            ©                     AP Photo/ Seth Wenig
    経済
    短縮 URL
    140

    ベネズエラが、国内で創設される独自の暗号通貨「ペトロ」を保証するため、石油50億バレルを充てると、同国のマドゥロ大統領が27日発表した。

    スプートニク日本

    ビットコイン
                            ©                     REUTERS/ Benoit Tessier/Illustration
    マドゥロ氏は、「今ここにある書類によって、暗号通貨『ペトロ』の価値を保証すると認定された最初の天然資源産地である、オリノコベルト油田地帯の『アヤクチョ』を提供する」と述べた。マドゥロ氏によると、アヤクチョには「50億バレル規模の石油が埋蔵され」ており、このことで外国のコンサルティング会社の一つが発行する「国際的認証」を裏付けることができるという。

    マドゥロ氏は「1ペトロ当たり石油1バレル(を充てる)」と述べ、全国でペトロのマイニング(採掘)を保証すると約束した。

    また将来、ペトロを支えるため、オリノコベルトの金産地「アルコ・ミネロ」を充て、ダイヤモンド鉱床についても同じような措置をとると明言した。

    マドゥロ氏は今月初め、独自の暗号通貨を創設する意向を初めて表明し、この新技術を用いることが、過去数年間にわたりベネズエラが見舞われている社会的・経済的危機を克服する助けとなるとしていた。

    以上は「sputnik」より

    これも一つの方法です。保障があることが大きいのです。 以上

    « ビットコインを買い込む日本人投資家の末路 日本人はいちばん遅れてブームに乗ってきた(2/4) | トップページ | 米国がイスラエルやサウジアラビアとイランの体制転覆工作を始める中、朝鮮半島の緊張は一段落 »

    経済・政治・国際」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: ベネズエラ、自国暗号通貨保証に石油50億バレル:

    « ビットコインを買い込む日本人投資家の末路 日本人はいちばん遅れてブームに乗ってきた(2/4) | トップページ | 米国がイスラエルやサウジアラビアとイランの体制転覆工作を始める中、朝鮮半島の緊張は一段落 »

    2020年8月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          

    -天気予報コム-

    ウェブページ

    無料ブログはココログ