カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« マグニチュード9のリスク:ロシア人学者「一番危険なのは北海道ではない」 | トップページ | 2018年にETが地球を侵略する? »

2018年2月17日 (土)

北朝鮮との国境地帯に大水田

北朝鮮との国境地帯に大水田

 

朝鮮
中国吉林省に住む朝鮮族の女性

今日は取引先の社長から忘年会に誘われて、朝鮮料理に舌鼓を打ちながら朝鮮族美女(?)の踊りや歌を楽しんだ。

社長は吉林省や黒竜江省で肥料を販売しているが、北朝鮮との国境地帯を秋田小町などブランド米の名産地にする計画があるという。

この穀倉地帯に乳酸菌農法を取り入れて、寒さに強い米の品種の育成法を開発し品質の改善を進めたいということで招かれたのだ。

自身も朝鮮族の社長は乳酸菌農業の話だけではなく、最近の北朝鮮情勢についても地元ならでは情報を教えてくれた。

社長は、北朝鮮と米国のチキンレースがひとまず落ち着いて平和に年を越せそうなことにほっとしているとのことだった。

北朝鮮問題が解決して南北の鉄道が連結すれば秋田小町を韓国や日本に輸出できると、社長は2018年に向けた夢を語っていた。

 
以上は「文殊菩薩」より
どこの国の国民も平和を望んでいることは同じです。でも戦争が終わらないのは、一部の武器商人がいるからです。それに悪の考えも持つ政治家がグルとなるのです。悪い政治家を選んではだめなのは至極当然なことです。以上

« マグニチュード9のリスク:ロシア人学者「一番危険なのは北海道ではない」 | トップページ | 2018年にETが地球を侵略する? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮との国境地帯に大水田:

« マグニチュード9のリスク:ロシア人学者「一番危険なのは北海道ではない」 | トップページ | 2018年にETが地球を侵略する? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ