カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その3:イランのクーデター) | トップページ | トップ > マネー > 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか? マネー 2018年01月02日 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(2/4) »

2018年3月 7日 (水)

北朝鮮脅威を煽りまくる安倍氏は、日韓朝を手玉に取って、互いにいがみ合いさせている米国戦争勢力の手駒に過ぎないのか

:北朝鮮脅威を煽りまくる安倍氏は、日韓朝を手玉に取って、互いにいがみ合いさせている米国戦争勢力の手駒に過ぎないのか

 

1.安倍氏はカルト信者?

 

 本ブログでは今、安倍批判を展開していますが、ネットに驚くべき情報が飛び出しています、それは、安倍氏がカルト宗教に嵌っているらしいというものです(注1)。安倍家は祖父・岸信介の代から統一教会と密接につながっていることはよく知られています。昔、安倍氏が統一教会の集団結婚式に祝電を打ったことは有名な話です(注2)。

 

 今回のネット情報によれば、安倍氏は慧光塾(えこうじゅく)というカルトの信者と言われています。

 

 そこで、ネット検索すると、安倍氏のカルトとのつながりを指摘するリテラの記事がみつかりました(注3)。

 

 そう言えば、安倍氏は国会でよく謎の水を飲んでいますが、これは、神立の水(かんだつのみず)というものらしく、慧光塾の関係者が販売しているようで、安倍氏はこの水を政治資金で購入していたようです(注4)。

 

この慧光塾というのは、光永という謎の人物がつくった団体のようです。またこの団体は、安倍氏の後援会・安晋会(注5)とも関係があるようです。

 

 ちなみに、勝手連という政治団体がありますが(注6)、この会長も光永という人物ですが、慧光塾の光永(故人)とは別人のようです。しかしながら、勝手連の光永という人物も安倍氏とつながりがあるようです。

 

 なぜなら、筆者はかつて勝手連のパーティに参加した経験がありますが、なんと、安倍氏がそこに来たのです。

 

2.安倍氏は朝鮮総連ビルの購入を申し出た池口氏ともつながっている

 

 上記、リテラ記事によれば、安倍氏は朝鮮総連ビルを購入しようと企てた池口氏ともつながっているようです(注3)。

 

 本件、本ブログでもすでに取り上げています(注7)。

 

 ところで、小泉政権時代の自民党は、朝鮮総連配下の朝銀信用組合の破綻処理に14000億円もの、公的資金(原資はわれら日本国民の血税)を投入しています(注7)。

 

 朝鮮総連は、朝銀信用組合の利用顧客であった在日のパチンコ店や焼き肉屋の経営者などから吸い上げた収益をせっせと北朝鮮に還流していたのです。

 

 本ブログの見方では、上記、14000億円ものわれらの血税は、朝鮮総連が朝銀信用組合経由で北朝鮮に送金していたウラガネの穴埋めに使われたと観ています。そして、そのウラガネは日本や韓国を脅かす北朝鮮の核・ミサイル購入に使われたと観ています。

 

 本ブログの見方では、北に核・ミサイルを秘かに売っているのは、北を敵役傀儡化している米国戦争屋CIAネオコン配下の米国やイスラエルの軍事企業であると観ていますから、上記、14000億円ものわれらの血税は、回りまわってCIAネオコン配下の軍事企業のフトコロに転がり込んでいると観ています。

 

 もっと言えば、CIAネオコン配下の軍事企業は、CIAネオコンのでっち上げた北朝鮮脅威を利用して、日韓にも対・北朝鮮攻撃用の兵器を高値で売りつけています。

 

 これぞ、まさにCIAネオコンの得意芸である究極のマッチポンプ営業です、彼らはさぞかし、笑いが止まらないでしょう。

 

3.北朝鮮に圧力を掛けろと安倍氏に吼えさせているのもCIAネオコン

 

 さて、本ブログでは、日韓朝はみんな、米国戦争屋CIAネオコンの傀儡国家と観ていますが、日韓朝のいがみ合いを背後から煽っている黒幕こそ、米戦争屋CIAネオコンであると観ています。

 

 このようなCIAネオコンの極東ステルス支配は、米戦争屋CIAネオコンの得意芸である対・傀儡国の分断統治支配手法が適用されているのです。

 

 そして、日韓朝の国民の眼前では完璧にステルス化して、日韓朝政府に兵器を秘かに売りつけてボロ儲けを狙うわけです。

 

 ところで、日本の幕末期に、徳川幕府と薩長連合両方に、武器を売って、両者を戦わして、日本を疲弊させて、乗っ取ろうとした欧州ロスチャイルド勢力の植民地支配手法が、今日の米戦争屋CIAネオコンに踏襲されています。

 

 上記のように観ると、安倍氏もキムジョンウンも、そして、今は幽閉されている韓国・朴氏の三者とも、CIAネオコンの極東担当の手駒に過ぎないのです。

 

注1:「ジャーナリスト同盟」通信“2018年を占う大発見!<本澤二郎の「日本の風景」(2897)”2018226

 

注2:ユーチューブ“統一教会に祝電を送る安倍首相”201671

 

注3:リテラ“「毎晩声を上げて…」安倍首相のオカルト行動を昭恵夫人が証言!慧光塾や池口恵観の「お告げ政治」がいまも?”20161120

 

注4:神立の水

 

注5:安晋会

 

注6:勝手連

 
以上は「新ベンチャー革命」より
安倍政権も間もなく退陣します。                   以上

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その3:イランのクーデター) | トップページ | トップ > マネー > 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか? マネー 2018年01月02日 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(2/4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その3:イランのクーデター) | トップページ | トップ > マネー > 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか? マネー 2018年01月02日 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(2/4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ