カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その2:シリアのクーデター) | トップページ | 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(1/4) »

2018年3月 6日 (火)

韓国の文在寅大統領は北朝鮮に特使を派遣、早ければ、「3月中に南北和平・米朝和平が実現する」という

韓国の文在寅大統領は北朝鮮に特使を派遣、早ければ、
「3月中に南北和平・米朝和平が実現する」という
 
◆〔特別詳報1〕
 韓国の文在寅大統領は3月5日、北朝鮮へ大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)
国家安保室長(閣僚級)を団長とする特使団を2日間の日程で北朝鮮の首都平壌に
派遣する。特使団は鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長のほか、情報機関・
国家情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長、統一部の千海成(チョン・へソン)
次官、国情院の金相均(キム・サンギュン)第2次長、大統領秘書室の尹建永
(ユン・ゴンヨン)国政状況室長を含めての5人。北朝鮮の金正恩党委員長=
元帥が2月9日からの平昌オリンピックに合わせて、実妹の金与正第1副部長に
特使として韓国に派遣したことへの答礼であり、文在寅大統領の親書を託しており、
金正恩党委員長に親書を直接手渡す。特使は6日午後に韓国に戻って、
文在寅大統領に結果を報告する予定で、韓国政府はその後、鄭義溶国家安保室長と
徐薫国家情報院長2人を米国に派遣して、北朝鮮側との協議の内容を
トランプ大統領に報告させる。早ければ、「3月中に南北和平・米朝和平が
実現する」という。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
南北休戦協定が平和条約に代わる良い時期です。これでアジアも平和が訪れることにつながることを期待したいものです。                  以上    

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その2:シリアのクーデター) | トップページ | 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(1/4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由と民主主義を破壊し続けるアメリカが中東に執着する理由(その2:シリアのクーデター) | トップページ | 1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?(1/4) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ