カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« エネルギー資源から見たアメリカの世界戦略(その2) カテゴリ:カテゴリ未分類 | トップページ | 天才が持つ「1%の閃き」を科学的に引き起こす方法(4/5) »

2018年3月28日 (水)

安倍昭恵夫人はなぜ、森友学園に深入りしたのか:夫人が関与していないと言い張るのは日本中で安倍氏本人のみとなった、公約通り、総理も議員も辞めるしかない!

安倍昭恵夫人はなぜ、森友学園に深入りしたのか:夫人が関与していないと言い張るのは日本中で安倍氏本人のみとなった、公約通り、総理も議員も辞めるしかない!

 

1.森友事件の黒幕はやはり、日本会議を含む安倍一派

 

 近畿財務局の職員(森友案件担当)の自殺をきっかけに、佐川氏が辞任し、国会のみならず大手マスコミもまた森友事件を大きく取り上げるようになりました。

 

 本ブログでは、森友事件の主役は、安倍昭恵夫人でも、佐川氏でもなく、安倍氏本人と、佐川氏の前任者・迫田氏と観ていますが(注1)、ネットでも同様の指摘があります(注2)

 

 安倍自民が佐川氏を国会招致するのを認めたのは、佐川氏が事件の真相に迫るキーパーソンではない証拠です。

 

 さて、森友決裁文書の改ざんがすでにばれていますが、この改ざんでことごとく削除されたのは、日本会議メンバーである安倍氏や自民議員関連の記述でした。つまり、改ざんの狙いは、日本会議の森友関与の証拠隠滅であったことは明白です(注3)

 

 そして、肝心の日本会議が遂に、森友事件に日本会議は関係ないと表明しました(注4)

 

 このような表明は、日本会議が森友事件の黒幕であることの裏返しです。

 

 彼らが否定すればするほど、国民の関心は日本会議に向けられるのです。

 

2.日本会議を含む安倍一派の正体は、戦前回帰の大日本帝国主義者

 

 日本会議を含む安倍一派が、今の自民党を乗っ取っているわけですが、彼らは自由民主主義を隠れ蓑にする反・自由民主主義者であり、戦前回帰の大日本帝国主義の信奉者集団なのです。

 

 今の日本にて、若者中心に大量生産されているネトウヨは、彼らによって洗脳された人達ですが、安倍氏のレベルも、ネトウヨ頭脳のレベルです。そのことは、安倍氏の大人げない、朝日新聞攻撃の言動から明らかです。

 

 簡単に言えば、今の日本政治はネトウヨ頭脳レベルの連中によって行われています。しかしながら、地方中心に自民党支持固定層は、今の安倍自民の正体に気付いていないということです。

 

 地方の自民支持者は、今の安倍自民はかつての自民とは似て非なる政党に変貌していることに気付くべきです。

 

3.日本会議の国民だましの謀略を国民に気付かせてくれた立役者は安倍昭恵夫人だった?

 

 安倍一派は、森友学園を、戦前の教育勅語型小学校のモデル校にしようと企んだのは間違いないでしょう。ところが、森友学園経営者・籠池夫妻には資金がなかったので、安倍一派が財務省に掛け合って、森友に国有地をタダ同然で譲渡したのです。

 

 このとき、安倍一派と森友の間で活躍したのが安倍昭恵夫人だったのです。

 

 籠池夫妻は、日本会議関係の会合などで、かなり前から安倍夫妻と知り合いになっていたのでしょう。籠池夫妻はまず、天衣無縫にみえる昭恵夫人をマークしたはずです。昭恵夫人はおだてるとすぐに舞い上がる人だったので、籠池夫妻は早速、昭恵夫人を巧みにおだてて、たちまち彼女に気に入られたのです。そして、昭恵夫人は、安倍氏の期待以上に、森友に深入りし、大量の証拠画像を残してしまったのです。これこそが、安倍氏にとって命取りにつながっていきます。

 

 結果的に、昭恵夫人が大量の森友関与証拠を残してくれたおかげで、われら国民は、安倍一派の国民だましの反・自由民主主義的謀略に気付いたとも言えます。

 

 その意味で、われら国民は、昭恵夫人に感謝すべきかもしれません()

 

4.なぜ、昭恵夫人は、森友学園に異常に入れ込んだのか

 

 昭恵夫人の森友学園への入れ込み様は半端ではありませんでした。籠池夫妻は、経営する塚本幼稚園の幼児に安倍晋三ガンバレと連呼させて、昭恵夫人を感涙させていますが、それにしても、右翼には見えない昭恵夫人はなぜ、それほど、森友に入れ込んだのでしょうか。

 

 そこで思い出されるのが、安倍氏のお気に入りだった稲田・前防衛大臣が、なぜか、森友に感謝状を贈呈していた事実です(注5)

 

 さて本ブログでは、昭恵夫人は、安倍氏のお気に入りの稲田氏に強いライバル心を抱いていると観ていますが、昭恵夫人は、稲田氏に負けたくないという気持ちがあったのではないでしょうか。籠池夫妻は、そのような昭恵夫人の心理を読み取って、巧みに、昭恵夫人の心をつかんだのでしょう(注6)

 

 しかしながら、そのような昭恵夫人の森友への過度の深入りが、仇となって、今まさに、安倍氏を窮地に追い込んでいるのです。

 

 今となっては、昭恵夫人が森友事件に関与していないと思う国民は皆無でしょう。

 

 昭恵夫人の森友への深い入り関与の証拠がこれだけ存在している以上、妻が関与していても辞めると公言した安倍氏は公約通り辞任するしかありません。

 

注1:本ブログNo.1958森友事件の主役は安倍昭恵夫人でもなく、佐川・前国税庁長官でもない:安倍氏本人と佐川氏の前任者・迫田氏である、みんなごまかされるな!』2018310

 

注2:リテラ“安倍首相がまたも大嘘答弁!さらに土地取引に首相も関与との情報も・・・安倍首相が頻繁に会っていた「もう一人のキーマン」とは”

2018315

 

注3:本ブログNo.1963森友決裁文書の改ざん内容から、われら国民は、今の安倍自民党が国民だまし政党であることに気付くべき:安倍一派はその正体が国民にばれるのを恐れている』2018315

 

注4:日本会議“財務省の森友学園決裁文書に関する報道について”2018313

 

注5:しんぶん赤旗“稲田防衛相が感謝状 森友学園・籠池理事長に”2017224

 

注6:本ブログNo.1634軍国小学校開設事件にて、籠池夫妻を裏切った安倍氏と稲田氏には道連れ心中辞任が待っている:籠池夫人と昭恵夫人は稲田氏嫌いで通じ合っていた?』2017318

 
以上は「新ベンチャー革命」より
今では、安倍夫妻が森友学園と関係しているとみている国民がほとんどです。いくら安倍氏が否定しても誰も信じません。あとは検察で調査するしかありません。以上

« エネルギー資源から見たアメリカの世界戦略(その2) カテゴリ:カテゴリ未分類 | トップページ | 天才が持つ「1%の閃き」を科学的に引き起こす方法(4/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エネルギー資源から見たアメリカの世界戦略(その2) カテゴリ:カテゴリ未分類 | トップページ | 天才が持つ「1%の閃き」を科学的に引き起こす方法(4/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ