最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 北シリアにアメリカ念願の“安全な避難所”を確立しつつあるトルコ | トップページ | 米軍の無人機グローバルホークを中国が撃墜 »

2018年3月20日 (火)

「あの森友学園が借り入れた21億円は、一体どこに消えたのか?」という本質論が分かれば、財務省「決裁文書改ざん」のナゾが解ける

「あの森友学園が借り入れた21億円は、一体どこに消えたのか?」
という本質論が分かれば、財務省「決裁文書改ざん」のナゾが解ける
 
◆〔特別情報1〕
 「あの森友学園が借り入れた21億円は、一体どこに消えたのか?」―監督官庁
である都道府県の私学設置審議会が国有地に私立小学校新設の答申を下す見込みが
立つと、大手有力銀行は、国有地格安払い下げ前に、巨額融資を実行する。森友
学園の場合は、21億円の融資を受け、これに加わった政治家たちが、ピラニアの
如く獲物を狙い、さんざん食い散らかした。財務省近畿財務局が2016年6月、
評価額の9億5600万円から、ごみの撤去費用など約8億2000万円を値引きし、
約1億3400万円で売却したのは、格安で売却しても、この土地が後に転売を繰り
返して、元が取れると算段したからだという。財務省近畿財務局の担当者は、
私立小学校新設計画の背後に控えている大物政治家の政治力(人を動かす
政治的影響力)を感じ取って、それまで許可していなかった格安払い下げを
許可した。かわいそうなのは、佐川宣寿前国税庁長官でござい!
以上は「板垣英憲氏」ブログ
検察がその金の流れを調査すればわかることです。加計学園でも金の流れを
調査すべきです。増収賄事件となります。          以上

 

« 北シリアにアメリカ念願の“安全な避難所”を確立しつつあるトルコ | トップページ | 米軍の無人機グローバルホークを中国が撃墜 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北シリアにアメリカ念願の“安全な避難所”を確立しつつあるトルコ | トップページ | 米軍の無人機グローバルホークを中国が撃墜 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ