カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 特別検察官が13名のロシア人をロシアゲート絡みで起訴するが、説得力はない | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(1/5) »

2018年3月30日 (金)

日本を関税適用対象国から除外しなかった米国トランプの本音では、卑屈で不気味なヘラヘラ笑いの安倍氏を生理的に嫌悪しているのみならず、極右日本人として警戒し始めた

日本を関税適用対象国から除外しなかった米国トランプの本音では、卑屈で不気味なヘラヘラ笑いの安倍氏を生理的に嫌悪しているのみならず、極右日本人として警戒し始めた

 

1.鉄鋼関税適用に絡めて、日本は米国の安全保障上、韓国より重要でない国と認定される

 

 米トランプ政権は鉄鋼関税適用に絡めて、日本に対して、中国同様、厳しい評価を下しました。EUや韓国は関税適用対象国から除外したのに、日本を除外しなかったのです。しかも、その理由として、米国の安全保障上、日本は中国同様に脅威国とみなされたのです(注1)。中国は米国にとって、ロシアと並んで、脅威国ですから、関税適用対象外になるのは当然ですが、日本は韓国同様、米国と安保条約を締結しているのに、韓国とは露骨に差をつけられたのです。この決定は、アメリカ様命でやってきた安倍氏や外務省を含む日米安保マフィアにとっては驚天動地の出来事でしょう。

 

2.米国にとって、韓国は同盟国だが、日本は中国同様、潜在的脅威国という本音が露呈した

 

 今回、米国はなぜ、日本と韓国を別格扱いしたのでしょうか。本ブログの見方では、米国政府の本音の対日観が露呈したからと観ています。

 

 トランプは世界に向かって、安倍氏を引き合いに出して本音の対日観を公表しました。彼は安倍氏を代表とする慇懃無礼な日本人の対米卑屈性を秘かに警戒していることがわかりました(注2)

 

 そこで思い出されるのが、トランプが昨年、来日した際、安倍氏とゴルフをさせられたときのことです。安倍氏がバンカーで転倒した際、トランプは無視して松山(プロゴルファー)といっしょに、次のホールに向かっているシーンがことごとく、空撮されていました(注3)。本ブログの見方では、このシーンに、トランプの本音の対・安倍観が凝縮して現れています。

 

 ズバリ言えば、トランプは生理的に、安倍氏が嫌いなのです。今回、それが、表面化したということです。

 

3.日本人の代表・安倍氏はなぜ、典型的アメリカ人であるトランプから生理的に嫌われるのか

 

 ところで、筆者は個人的に、なぜ、トランプが安倍氏を嫌うのかがわかります。なぜなら、SRIインターナショナルという米国シンクタンクの日本支部で16年半、勤務した経験があるからです。

 

 米外資を経験した筆者から見ると、安倍氏のトランプへの接し方は、アメリカ人との接し方に不慣れな日本人の接し方そのものなのです。

 

 今回、トランプは安倍氏の慇懃無礼に見えるヘラヘラ笑いを取り上げていますが、あの笑いは、外人に対する接し方に不慣れな日本人の笑みそのものなのです。アメリカ人にとって、あの笑みは意味のないお世辞のヘラヘラ笑いに見えるのみならず、不気味にすら感じるのです。ズバリ、無意味な笑みを連発した安倍氏は、トランプからまったく信用されていないということです。それどころか、警戒されているということです。

 

4.安倍氏は戦前回帰の大日本帝国主義者であることをトランプは誰かから知らされているのではないか

 

 本ブログでは、トランプの背後に黒幕・キッシンジャーが控えていると観ていますが、キッシンジャーは安倍を極右日本人と観て警戒しているでしょう。

 

 その証拠に、昨年暮れ、安倍氏がゴマスリのため、トランプタワーに馳せ参じた際、相前後して、キッシンジャーがトランプタワーに入るのが目撃されています(注4)

 

 さて、安倍氏が、2006年、一回目の総理になった際、米国から、安倍氏が靖国信奉の極右であることを強く警戒する動きが米国にてありました(注5)

 

 このときと同様の動きが再度、今の米国に起きはじめた可能性があります。

 

 2012年、二回目の総理になったとき、安倍氏は親米似非右翼に転向していますが、森友事件が長引いて、米国にて、再度、安倍氏が極右日本人と警戒され始めた可能性があります。

 

ところで、日本を乗っ取る米国戦争屋は日本の隠れ核武装を極度に警戒しています。安倍氏はオモテムキ、米戦争屋にヘラヘラ笑いを見せていますが、実は、戦前の反米右翼の本性を隠しているのではないかと疑われ始めた可能性があります。

 

 今回のトランプの対・安倍評価の公表(注2)からそれが窺われます。

 

 いずれにしても、安倍氏は、2007年に次いで再び、米国戦争屋からディスクオリファイ(失格扱い)される可能性が大です。

 

注1:朝日新聞“米鉄鋼関税、日本に適用 韓国、EUは除外”2018323

 

注2:時事通信“安倍首相は「出し抜いて笑み」=トランプ氏、対日貿易に不満”2018323

 

注3:ハフィントンポスト“「トランプ氏、安倍首相が転ぶ瞬間を完全に見逃す」海外で報道”20171111

 

注4:本ブログNo.1538今の安倍氏の対米外交は何と異常か!:ペルーでオバマと出会うなら、先にオバマに仁義を切ってから帰途にトランプ詣ですべきだったのに・・・20161120

 

注5:ベンチャー革命No.220汚れた政権?:安倍内閣』200722

以上は「新ベンチャー革命」より
トランプ大統領が安倍を嫌っているのは、すぐに分かります。気が付かないのは安倍本人のみです。要は鈍感なのです。                      以上

« 特別検察官が13名のロシア人をロシアゲート絡みで起訴するが、説得力はない | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(1/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別検察官が13名のロシア人をロシアゲート絡みで起訴するが、説得力はない | トップページ | 年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情 生活保護を受けることすらできない(1/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ